編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

米国防イノベーション部門がセキュアクラウド管理プロジェクトにゼットスケーラーの採用を決定

ゼットスケーラー株式会社

2020-06-04 11:00

カリフォルニア州サンノゼ、2020年5月29日

クラウドセキュリティ業界を牽引するZscaler, Incは本日、米国防総省(Department of Defense、以下 DoD)の一部門である国防イノベーション部門(Defense Innovation Unit、以下 DIU)が、ゼットスケーラーを採用してセキュアクラウド管理ソリューションを提供することを決定したと発表しました。この決定により、ゼットスケーラーは、DIUのユーザーやクラウドサービスにゼロトラストアクセスを提供し、アクセスする場所や使用するデバイスに関係なくサイバー脅威から保護する、重大な役割を果たすことになります。DIUのプロトタイプが成功を収めたことで、今後はゼットスケーラーのソリューションが、Other Transaction(OT)契約を通じて、他のDoD組織にも拡張されることが期待されます。

DIUは、米国の国家安全保障を強化するため、商用技術のDoDの全部門での採用を推進しています。DIUセキュアクラウド管理ソリューションをゼットスケーラーのプラットフォームで運用することで、DIUユーザーが、Amazon Webサービス、Google Cloud、Microsoft AzureのSaaSアプリケーションに安全にアクセスできるようになります。Zscaler Internet Access(ZIA)とZscaler Private Access(ZPA)は、SaaS、PaaS、IaaSの環境を含む、広範なアプリケーションとインフラストラクチャで構成されるマルチクラウド環境の保護を可能にします。ゼットスケーラーは、ゼロトラストのリーダーとしての実績に基づき、以下のメリットを提供します。

・スケーラブルなセキュリティ:DIUは、このソリューションを500,000人の同時ユーザー、100万台のエンドポイントまで拡張することを想定しています。ゼットスケーラーのアーキテクチャにおいては、同時に処理できるユーザー接続数に制限はありません。ゼットスケーラーのプラットフォームは1日あたり、1,000億を超えるトランザクションを処理し、約1億の脅威をブロックし、約120,000のセキュリティアップデートを適用することで、お客様を保護しています。

・優れたユーザーエクスペリエンス:ゼットスケーラーは、真のセキュアアクセスサービスエッジ(SASE)であり、世界中の150箇所以上に分散するデータセンターでクラウドを運用しています。これにより、BYODあるいは政府支給のいずれのデバイスであっても、場所に関係なく、クラウド接続がローカルになるため、最小限のレイテンシでインターネットやアプリケーションにアクセスできます。

・連邦政府機関向けの市場をリードするコンプライアンス: ZPAは、FedRAMP High認定を取得した初のゼロトラストリモートアクセスクラウドサービスであり、ゼットスケーラーのプラットフォームについては、Impact 4 および 5 の認定審査が進行中です。ZIAは、FedRAMP ModerateとDOD Impact Level 2の認定を取得しています。ZIAとZPAはいずれも、TIC(Trusted Internet Connection) 3.0 ガイドラインを満たしています。

ゼットスケーラーで連邦政府機関を担当する部門のバイスプレジデントであるDrew Schnabelは、次のように述べています。「ゼットスケーラーには、創業以来のゼロトラストのリーダーとしての実績があり、今回、国家安全保障を脅かす敵からDoDを保護するという重要な任務に参加できることを誇りに思います。ゼットスケーラーは、ユーザーをインターネットとそのアプリケーションにダイレクト接続することで、攻撃対象領域を最小限にします。ゼットスケーラーの革新的アプローチは、世界中に分散するクラウドによって、場所、デバイス、ネットワークに関係なく、優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。」

ゼットスケーラーの政府組織向けの取り組みの詳細については、 (リンク ») を参照してください。

将来予想に関する記述
本プレスリリースには、ゼットスケーラー経営陣の考えや想定、また現時点でゼットスケーラー経営陣に取得可能な情報に基づく、将来予想に関する記述が含まれています。このような将来予想に関する記述には、本プレスリースに引用されている、予想されるユーザーやエンドポイントの数が該当します。これらの将来予想に関する記述は、1995年私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項に支配されます。当該顧客の期待に応えるゼットスケーラーの能力に関わる要素を含め、非常にさまざまな要素が原因で、実際には、本プレスリリースに記載される記述とは著しく異なる結果に至る可能性があります。その他のリスクや不安定要素は、2020年3月4日に証券取引委員会(SEC)に登録された最新の四半期報告書(Form 10-Q)に定められています。本四半期報告書は、ゼットスケーラーのウェブサイト(ir.zscaler.com)またはSECのウェブサイト(www.sec.gov)から取得できます。本プレスリリース内のあらゆる将来予想に関する記述は、本書の日付の時点でゼットスケーラーが取得できる限られた情報に基づいています。当該情報は変更される可能性がありますが、将来的に新たな情報を入手できたとしても、ゼットスケーラーは必ずしも本書内の情報を更新しません。

用語解説

DIUについて
DIUは、国防関連部門と拡大する国家安全保障革新基盤への商業技術の採用を推進するため、DoDの他部門と協力して、国家安全保障の課題の解決を可能にする高度商用ソリューションのプロトタイピング、導入、拡張の迅速な実行を進めています。詳細については、diu.milを参照してください。


ゼットスケーラーについて
ゼットスケーラー(NASDAQ:ZS)は、世界中の有力企業のネットワークおよびアプリケーションのモバイルおよびクラウドファーストな世界へ向けて、セキュアなトランスフォーメーション(転換)を実現します。ゼットスケーラーの代表的サービスである Zscaler Internet AccessTMおよびZscaler Private AccessTMは、デバイス、場所、ネットワークなどに影響されることなく、ユーザーとアプリケーション間の高速でセキュアな接続を構築します。これらのサービスは100%クラウドで提供されるため、従来のアプリケーションとは比較にならない容易さ、高度なセキュリティ、優れた ユーザーエクスペリエンスを提供します。185か国以上で使用されているマルチクラウド分散型セキュリティプラットフォームを運営し、サイバー攻撃とデータ消失から数千社の顧客企業を保護しています。 詳細については、zscaler.comもしくは、Twitter(@zscaler) をフォローしてください。

Zscaler™、Zscaler Internet Access™、Zscaler Private Access™、ZIA™、およびZPA™は、Zscaler, Inc.の米国またはその他の国、あるいはその両方における(i)登録商標またはサービスマーク、または(ii)商標またはサービスマークです。その他の商標は、所有者である各社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ゼットスケーラー株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]