編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

SASとHandshake、若手のアナリティクス人材と採用に意欲的な企業とを橋渡し

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2020-06-22 11:00


アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下SAS)は本日、米国の大学生向けキャリアコミュニティのリーダーであるHandshakeと連携し、SAS®アナリティクスのスキルに対する需要拡大に応えるための支援を行うことを発表しました。Handshakeは全米900校以上の大学の学生が利用しており、SASの顧客企業が周辺地域や全米各地で若手のアナリティクス人材を容易に見つけることができます。

労働市場の分析を行うEmsiの調査によると、過去3年間でSASのスキルを求める求人は30%増加しており、Handshakeと連携することによってSASの顧客企業からのこうした需要に対応することができます。

SAS Global Academic Programsのディレクター、リン・レチュカス(Lynn Letukas)は次のように述べています。「当社の顧客にとっては、適切なアナリティクススキルを持った人材を見つけることが最も差し迫ったニーズの1つになっていることが分かっています。SASのスキルを身につけた適切な人材を得ることは、企業にとって大きなメリットになります。当社はHandshakeとの協力関係を通じて、このようなニーズを支援して行きます。」

SASのスキルは、様々な業界において大きな需要があります。全米50州において、銀行や保険、医薬品、製造業の有力企業や政府機関は、いずれもSASを活用しAIや機械学習、クラウド、IoTを活用しビジネスを最適化しています。Handshakeは、Fortune 500にランクされるすべての企業で利用されているほか、米国で最も知名度の高い企業もHandshakeを介して優秀な若手人材の採用に利用するケースが増加しています。

HandshakeのHigher Education and Student Success(高等教育および学生支援)担当バイスプレジデント、クリスティン・クルスベルガーラ(Christine Cruzvergara)氏は次のように述べています。
「Handshakeはあらゆるバックグランドの学生が仕事を見つけて有意義なキャリアをスタートできるよう支援することを公約に掲げています。採用する側は、全米各地の多様な候補者の中から人材を採用する必要性があることをわかっていながら、なかなか思うように目的を果たせないでいます。今回、SASと協力し、全米の求人や人材を容易に見つけ出せるようにして、学生と企業の双方を支援できることをうれしく思います。」

SAS Academic Programsチームでは、全米を通じて、学生とともにSASのスキルにハイライトを当てたプロフィールの作成に取り組んでいます。レチュカスは、人材を採用しようとする企業は、まさにSASが行ったように、Handshakeで対象を絞ってアプローチし、若手人材を採用するべきだとして、次のように述べています。
「当然のことながら、我々SAS社においても、高い SASのスキルを持った優秀な若手の人材を採用したいと考えており、Handshakeはそうした貢献度の高い人材を発掘し、会社に惹きつけることに大変貢献しています。当社の顧客には是非、Handshakeを利用して、SASのスキルを持った次世代の素晴らしい人材を採用することをお勧めします。」

米ラトガーズ大学の卒業生であるアレックス・チャン(Alex Chan)氏は就職先を探していた時に、Handshakeを通じてSASに入社し、そこで銀行や政府機関が詐欺や犯罪対策のために用いるソフトウェアの開発を支援しています。
「Handshakeプラットフォームの本当に素晴らしいことの1つが、自分がキャリアのどの時点にいるかに基づいて、ユーザー自身がさまざまなタイプの求人をフィルターにかけられるところです。Handshakeでなければこの仕事のことも、ノースカロライナに自分が応募できる求人があることも決して知ることはなかったでしょう」とチャン氏は振り返ります。

SASの顧客で有望な人材を求めている企業であれば、joinhandshake.comへ行ってインターンシップやフルタイムの求人を掲載し、今日からすぐに人材を探し始めるべきです。SASの若手人材に関する取り組みや大学に関連したプログラムの詳細に関心のあるお客様は、SAS Academic Programsにお問い合わせください。

本日の発表は、世界最大級のアナリティクス・カンファレンスであるSAS Global Forum 2020と併せて行われたものです。今年度のカンファレンスはCOVID-19の世界的な感染拡大の影響を受けてオンラインで開催されています。

*2020年6月16日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
(リンク »)
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

Handshakeについて
Handshakeは米国の大学生向けキャリアコミュニティのリーダーです。現在、120校以上のマイノリティ受入れ大学を含め、全米900校以上の在校生や卒業生1,400万人がHandshakeのコミュニティを利用しており、全米50州の将来有望な若手人材とHandshakeで人材を探す40万以上の雇用主とを橋渡ししています。Fortune 500の全企業のほか、数千の小規模企業や非営利組織、スタートアップ企業など、さまざまな企業がHandshakeを通じて人材を採用しています。Handshakeは、大学の場所や専攻、人脈の有無にかかわらず、すべての学生がチャンスを得て、素晴らしい仕事を見つけて有意義なキャリアをスタートするために必要なサポートを提供しています。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]