編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ファイナンシャルアカデミー、投資教育の進化形「オンライン校」を東京校・大阪校に続き7月1日に新規開校

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社

From: PR TIMES

2020-07-01 15:41

投資初心者に必要不可欠な意志力・知識力・実践力をオンラインで総合的に鍛える

日本最大級の総合マネースクールであるファイナンシャルアカデミー(本社:東京都千代田区、代表:泉正人、以下当校)は、物理的な教室に通うことなくオンライン上で学習を完結できる『ファイナンシャルアカデミー オンライン校』を2020年7月1日に新規開校します。新設するオンライン校では、オンライン学習における課題点を克服する2つの新サービスを軸に、投資初心者が個人投資家として成功するために必要な、意志力・知識力・実践力の3つを強化する教育サービスを提供します。 (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]




新型コロナウイルスで変わる価値観。投資を学ぼうとする意識にも変化が

当校は2002年の創立以来、東京・大阪にある教室で、株式投資や不動産投資等をテーマに、社会人向けの金融経済教育を提供してきました。特定の金融商品を勧めたり販売したりすることのない「中立性」に重きを置いた教育は多くの人に支持され、18年間で延べ56万人が当校で学び、現在9,400名を越える受講生が在籍しています。

過去の学ぶきっかけとしては「働き方改革」や「老後2,000万円不足問題」といった社会的潮流がありましたが、今年に入ってからは、新型コロナウイルスの世界的流行が、投資を学ぼうとする意識に影響を与えています。

受講生へのヒアリングや講師陣による現状分析から、当校ではこの動きの主な背景には、以下の4つがあると考えています。1.休業・廃業・残業代減等による経済的不安により、1つの会社に依存することなく複数の収入源を持ちたいと考えるようになった。2.現在を景気の底だと捉え、今後の経済回復への期待から投資に関心を持った。3.外出自粛で自分自身のお金と向き合う機会が増えた。4.YouTube動画やブログなど手軽に入る投資情報が増えたことで関心は高まったものの、情報が断片的であるため現実的な行動や成果につなげられないケースが増えた。



単なる動画配信ではない、学校だからこそできる、総合的なオンライン投資教育

前述した投資教育に対するニーズの高まりにあわせて、オンライン上での学習ニーズも高まっています。これは言わずもがな、感染症予防に端を発するものですが、以前から授業風景の収録動画のWEB配信を行っていた当校では、物理的な教室に通うことなくオンライン学習のみでもさらなる高い成果をあげられるよう研究を重ね、「オンライン校」開校のタイミングで新たな2つのサービスをローンチし、進化したオンライン投資教育を提供する運びとなりました。 (リンク »)

【1】『生放送LIVE授業』
教室での臨場感はそのままに、インターネット上で行う双方向授業。
これまで教室は東京と大阪のみで、人気のある授業は満席のため受講できないケースもありましたが、日本全国、海外からでもタイムリーな受講が可能に。授業中にはチャットでの質問もでき理解が進みます。
[画像2: (リンク ») ]

【2】人生と学びの羅針盤『S Compass(エス コンパス)』
個々人の目標実現をナビゲートするセミカスタマイズのWEBサービス。
マインドセット、目標設定、学習効率向上、個人の資産状況把握、長期プランニングといった機能を持ち、授業ではカバーしきれない、個人投資家としてひとり立ちするために必要な様々な要素を鍛えていきます。


[画像3: (リンク ») ]




目安は1年、最長2年。「オンライン校」で身につく個人投資家に不可欠な3つの力

オンライン校では、個人投資家として成功するために必要不可欠な3つの力「1.意志力:自らの投資目的を明確に認識し、継続して取り組む意志を持ち続ける」「2.知識力:必要な知識を総合的に身につけ、根拠を持って判断できるようになる」「3.実践力:実際に行動し、その振り返りからより良い実践につなげる」を1年間を目安に、オンライン学習で身につけることを目指しています。(受講可能期間:2年間)

[画像4: (リンク ») ]

<1>意志力の強化:「S Compass」で、自分のお金の教養レベルの現状を把握、また実現したい目標も詳細に設定。成果を最大化するための理想的な思考方法なども学び、意志力を鍛えます。

<2>知識力の強化:全15回※の授業を通して、再現性のある成功を重ねるために必要なノウハウを学びます。独自開発した教科書、時流に則した補足資料も、学びの定着をサポートします。※全8回のスクールもあり

<3>実践力の強化:机上の空論で終わらないよう「S Compass」と授業の課題により投資実践も促進。入学後の早い段階から、学びと実践のサイクルを回すことで、成功体験の再現を目指します。

→これらの力が総合的に積み重なることにより、自立した個人投資家の輩出が実現できると考えています。

[画像5: (リンク ») ]

■ファイナンシャルアカデミーとは
お金の教養を身につけるための「総合マネースクール」です。 2002年の創立以来18年間で延べ56万人が、資産運用や定年後準備・家計管理など、人生と社会を豊かにするお金との付き合い方を学んでいます。日本における金融経済教育の普及のため、保険や株式といった金融商品を一切販売することなく中立的な立場での教育を徹底し、いまや活動の範囲は学校教育現場や官公庁、企業、プロスポーツ団体にまで広がっています。
◇オフィシャルウェブサイト (リンク »)


<会社概要>
●社名:日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
●学校名:ファイナンシャルアカデミー
●設立:2002年6月13日
●資本金:1億円
●代表取締役:泉 正人
●所在地:東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2階
●現役受講生数:約9,400名
●受講生層:男性48%、女性52% /20代20%、30代46%、40代24%、50代10%
●主要スクール:株式投資スクール、不動産投資スクール、定年後設計スクール、お金の教養スクールなど

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]