編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング、 IBMと量子コンピュータの利用拡大に向けたパートナーシップを発表

ベンチャー企業として初のIBM Q Networkのハブとなることで、 ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティングのクライアントは IBMの最先端量子システムとリソースにアクセスが可能に

ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング・ジャパン株式会社

2020-07-29 11:00

ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング(Cambridge Quantum Computing、CEO:イリアス・カーン、本社:英国ケンブリッジ市、以下CQC)は2020年7月17日、IBM Q Networkにおいて、ベンチャー企業として初めてハブとなることを発表しました。ハブとなることで、CQCはIBM Quantum Computation Centerへのクラウドベースのアクセスにより、ネットワークのメンバーシップを拡張します。IBM Quantum Computation Centerは、ビジネスや科学分野での実用的な応用を探究するために商用利用が可能な20台の最先端の量子コンピュータを擁しており、産業界のクライアントが利用できる規模としては最大の、32量子ボリュームのシステム8台や、53量子ビットシステムなどが含まれています。CQCとそのハブ・メンバー組織は、IBM Quantumシステムとオープンソース・プログラミング環境であるQiskitフレームワークを使用して、化学、最適化、金融、量子機械学習および自然言語処理分野においてコラボレーションを行い、量子コンピューティングのエコシステムの発展と成長を目指します。

2014年に設立されたCQCは、量子コンピューティングにおける世界有数の企業からの出資を受け、量子ソフトウェアおよび量子アルゴリズムのグローバルリーダーとして、急速に進化する量子ハードウェアをクライアントが最大限に活用できるよう支援しています。

CQCはIBMと提携することにより、クラウド上のIBM量子システムへの新しいアクセスモデルを提供し、より多くの組織が量子コンピューティングを導入して、IBM Q Networkへ参加できるようにします。CQCがクライアントへ提供する、ユニークですぐ利用可能な最初のサービスは、共同応用研究契約と合わせた6ヶ月間のアクセス権です。CQCの最高事業責任者(CBO)であるデニース・ラフナー(Denise Ruffner)は、次のように述べています。「IBM Q Networkで最初のスタートアップベースのハブになることによって、IBM Quantumとのパートナーシップを更に深めることができ、嬉しく思います。IBMの量子システムへの短期アクセスを提供するCQC独自の機能と専門の研究チームによる研究契約は、企業がCQCやIBM Q Networkと連携して量子コンピューティングを開始する好機となるでしょう。」

CQCは、2018年に発表されたIBM Q Networkのスタートアッププログラムに創立メンバーの一員として参加しました。IBMは2020年1月にCQCに出資しており、今回CQCが初のスタートアップハブになることによって、パートナーシップを更に深めています。現在、IBM Q Networkには100を超える企業や組織がメンバーとして参加しています。

IBM Q NetworkのディレクターであるAnthony Annunziata博士は、次のように述べています。「最初の商用アプリケーションへの進展を加速するためには、企業が量子アプリケーションの専門家と協力し、最先端の量子コンピュータでの作業をより簡単に開始できるようにする必要があります。」
「CQCと提携して最初のスタートアップハブを作成することにより、企業の研究者やアプリケーション開発者は、今後数年で量子の機能をビジネスにおいて活用するためのスキルや専門知識、ケース固有のアプローチを開発できるようになります。」

以上

ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティングについて
ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング(CQC)は、世界をリードする量子コンピューティング・ソフトウエア企業です。ケンブリッジ(英国)、サンフランシスコ、ロンドン、東京のオフィスに、38人の博士号保有者を含む70人近い科学者を擁し、世界中に大きな影響を与える量子技術の商業化ツールを構築しています。

CQCは、量子ソフトウエアにおいて、とりわけ量子開発プラットフォーム(t|ket⟩TM)、量子化学分野のエンタープライズ・アプリケーション(EUMEN)、量子機械学習(QML)、量子自然言語処理(QNLP)及び量子サイバー・セキュリティー・デバイス(IronBridge TM)などを提供する専門知識を有しています。
ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング・ジャパン株式会社は、その日本法人です。
ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティングの詳細については、www.cambridgequantum.com を参照ください。
t|ket⟩ TMの詳細については、 (リンク ») をご覧ください。


IBM Quantumについて
IBM Quantumは、ビジネスおよび科学アプリケーション向けの商用ユニバーサル量子コンピューティングシステムを構築する業界初の取り組みを行っています。IBM Q Network™は、International Business Machines Corporationの商標です。IBMの量子コンピューティングの取り組みにおける詳細は、ibm.com/quantumをご覧ください。

本件に関するお問い合わせ
ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング・ジャパン株式会社 広報事務局
(共同PR株式会社)
担当: 小野寺・伊藤・石谷
TEL: 03-3571-5275
E-mail:cqc-pr@kyodo-pr.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]