編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第89回 Googleのアプリケーション環境を支えるシャーディングシステム「Slicer」(パート2)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2020-09-14 09:00

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第89回 Googleのアプリケーション環境を支えるシャーディングシステム「Slicer」(パート2)」を公開しました。
###

はじめに
 前回に続いて、2016年に公開された論文「Slicer: Auto-Sharding for Datacenter Applications」を元にして、Googleが提供するアプリケーションのバックエンドで利用されている「シャーディングシステム」について解説します。今回は、もう一歩踏み込んだ、より詳細なアーキテクチャーを紹介します。

Slicerのアーキテクチャー
 前回の記事では、Slicerのアーキテクチャーの概要を(前回の記事にある)図2のように示しました。ただし、実際の環境では、クライアント(Clerk、Slicelet)がSlicer Serviceと直接に通信するわけではありません。前回の図1に示したように、秒間200万〜700万リクエストを処理する大規模なシステムですので、クライアントの数は膨大になります。クライアントとSlicer Serviceの通信がボトルネックにならないように、処理を分散化する必要があります。図1は、この点を示したより詳細なアーキテクチャーになります。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]