編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

【マイナビHR研究レポート】『アルバイトを通じた大学生のキャリア成長と企業メリットに関する研究』を発表

株式会社マイナビ

From: Digital PR Platform

2020-10-27 11:33


~インターンシップで期待される成長をアルバイト先でも促すポイントは
「仕事重要度理解」「挑戦機会」「サポート」「振り返り機会」~



(リンク »)


株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、4年生大学卒者もしくは大学院卒者のうち、社会人3年以内の正社員を対象に調査・分析した、『アルバイトを通じた大学生のキャリア成長と企業メリットに関する研究』を発表しました。

新型コロナウイルス感染拡大は、就職活動や新卒採用活動にさまざまな影響を及ぼしています。2022年卒のインターンシップについても、中止や延期、内容の変更やWEB対応などにより、インターンシップで期待される「社会人基礎力の向上」や「キャリア観の醸成」といった成長機会の損失が危惧されています。

一方、大学生にとって社会との貴重な接点であるアルバイトにおいて、就業率は8割を超え※1、就職活動時には自己PRとして最も話されるエピソードであることもわかりました※2。大学生はアルバイトをする目的として、収入面以外に「社会経験を積む」ことを望んでいます※3。

本調査では、インターンシップで期待される成長(「社会人基礎力の向上」「キャリア観醸成」)に寄与するアルバイト先の対応要素および、これによりもたらされるアルバイト企業のメリットとの相関性を明らかにします。

※1:参照/独立行政法人日本学生支援機構「平成30年度学生生活調査」集計表4-1・4-2参照
※2:参照/マイナビ「学生就職モニター調査 8月の活動状況」
※3:参照/マイナビ「2020年大学生のアルバイト実態調査」


<調査概要>

1.「社会人基礎力の向上」につながるアルバイト先の対応要素
「社会人基礎力の向上」には「普段より少し背伸びした挑戦をする機会があったこと」「話を聞いてもらったり、相談にのってもらったりしたこと」「自分の長所・短所や適性、能力について振り返る機会があったこと」「仕事の重要度を理解していたこと」が有意に影響。【図1】


2.「キャリア観の醸成」につながるアルバイト先の対応要素
「キャリア観醸成」には「普段より少し背伸びした挑戦をする機会があったこと」「話を聞いてもらったり、相談にのってもらったりしたこと」「仕事の重要度を理解していたこと」が有意に影響。【図2】
→ インターンシップで期待される成長(社会人基礎力の向上・キャリア観の醸成)は、「仕事重要度理解」「挑戦機会」「サポート」「振り返り機会」の4つのポイントを押さえたアルバイト先で養うことが可能といえる。【図3】


3.学生の成長とアルバイト企業のメリットとの相関性
大学生の成長(社会人基礎力の向上・キャリア観の醸成)と、アルバイト企業におけるメリットには正の相関が見られた。大学生にインターンシップで期待される成長をアルバイト先の企業が促すことで、その大学生がアルバイト先で能動的に働く効果(主体性)や、友人・知人にアルバイト先を紹介する(他者推奨意向)といったリファラル効果などが期待できる。【図4】


※以下の図1から図4は、各項目の関連性を重回帰分析・相関分析で確認したものです。
 (1%水準で有意であり、影響があると判断できます。)



【図1】社会人基礎力の向上につながるアルバイト要素


(リンク »)


図1※「社会人基礎力の向上」:最も影響を受けたアルバイト経験を経て、複数の選択肢のうち自身に生じた変化を聴取し、主成分分析ののち第一因子のみを分析対象としています。




【図2】キャリア観の醸成につながるアルバイト要素


(リンク »)


図2※「キャリア観の醸成」:最も影響を受けたアルバイト経験を経て、複数の選択肢のうち自身に生じた変化を聴取し、主成分分析ののち第一因子のみを分析対象としています。



【図3】学生の成長への効果が期待できるアルバイト4要素


(リンク »)


【図4】大学生の成長を促すことによる企業メリットの相関性


(リンク »)



【調査概要】『アルバイトを通じた大学生のキャリア成長と企業メリットに関する研究』
調査期間:2020年3月12日(木)~2020年3月26日(木)
調査方法:インターネット調査
対象者:4年生大学卒もしくは大学院卒者のうち、社会人歴が3年以内の正社員
有効回答数:1,557名


※調査結果の詳細は会社HPのニュースリリース( (リンク ») )からご確認いただけます


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ
社長室 HRリサーチ部 
Tel:03-6267-4571
Fax:03-6267-4145
Email:myrm@mynavi.jp

【当社に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ
社長室 広報部 
Tel:03-6267-4155
Fax:03-6267-4050
Email:koho@mynavi.jp









本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社マイナビの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]