編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

エフセキュア、AmazonのAlexa搭載デバイス向け認定セキュリティラボに

~ ソフトウェア/ハードウェア両方のセキュリティにおける幅広い経験が高い評価 ~

エフセキュア株式会社

2020-11-05 10:30

エフセキュアは、同社のコンサルティング部門であるF-Secure Consultingが、Amazonが提供するAlexa Voice Services (AVS) のセキュリティ要件に対するAlexa搭載デバイスの評価を行う数少ないAmazon認定セキュリティラボ (ASL) の1つに認定されたことを発表しました。
先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダーであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Juhani Hintikka、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は、同社のコンサルティング部門であるF-Secure Consultingが、Amazonが提供するAlexa Voice Services (AVS) のセキュリティ要件に対するAlexa搭載デバイスの評価を行う数少ないAmazon認定セキュリティラボ (ASL) の1つに認定されたことを発表しました。

世界中の様々なメーカーが、Amazonが提供するAlexa仮想アシスタントであるAlexaと連携して動作するヘッドフォン/スピーカー/ストリーミングデバイスなどのAlexa搭載デバイスを市場に送り出しています。ユーザーがこれらのAlexa搭載デバイスに求めるレベルのセキュリティを提供するために、Amazonは厳選されたセキュリティ企業に、AVSの要件に照らし合わせてこれらのデバイスのセキュリティを評価する権限を与えています。F-Secure Colsultingは、そのユニークな専門知識によりAVSにおける公式ASLに認定され、今後はAVSが起草したセキュリティ要件に基づいて、Alexa搭載デバイスのセキュリティを評価していくこととなります。

F-Secure Consultingのハードウェアセキュリティチームの責任者であるAndrea Barisani (アンドレア・バリサニ) は、ASLに認定されたことについて、次のように述べています。
「当社は、ハードウェア/ソフトウェア/ファームウェア、そしてこれらのコンポーネント間の相互作用の安全性を確保するうえで、顧客企業の製品の製品段階から生産段階までサポートを提供してきました。当社の専門知識をデバイスメーカーと共有し、市場に投入されるAlexa搭載デバイスのセキュリティ確保のサポートをする機会を得られたことを嬉しく思います。」

複数メーカーによって生産されている様々なAlexa搭載デバイスのセキュリティを確保することは、Amazonとデバイスメーカー双方にとって大きな課題となっています。デバイスメーカーは、新製品の市場投入のスケジュール面でのプレッシャーを受けつつ、そのデバイスがAVSのセキュリティ要件を満たしている確認をする必要があります。これに対してAmazonは、増加し続けるAlexa搭載デバイスのセキュリティに対する品質管理という課題を抱え、そのためにはサイバーセキュリティ業界において非常に貴重な、セキュリティへの包括的な理解が必要となります。コンシューマ向けデバイスから、重要なインフラで使用される産業用コンポーネントに至るまで、製品のセキュリティ確保のサポートを行ってきた経験を持つF-Secure Consultingは、こうした課題に対処するための理想的なパートナーであると言えます。

F-Secure Consultingのコンサルタントはまた、Amazon デバイスに関する既存の専門知識をベンダーに提供しています。エフセキュアは、Amazon Echo へのハッキングに成功した最初のセキュリティ関連企業*1であり、また、Amazonプライム・ビデオのセキュリティ要件に適合するデバイスをテストする認定も受けており、両方の基準に適合する必要のあるデバイスを生産するメーカーにとっては、理想的なパートナーとなります。

F-Secure Consultingでリサーチディレクターを務めるJames Loureiro (ジェームズ・ローレイロ) は、 デバイスにおけるセキュリティ確保について、以下のように語っています。
「当社は世界中の数多くの企業をサポートし、低レイヤーのハードウェアやファームウェアの設計から、既存のシステムの上に構築されたアプリケーションに至るまで、セキュリティ上の幅広いコンサルティングを提供しています。ハードウェアとソフトウェア両方のセキュリティにおける当社の知見は、Alexa搭載デバイスのような統合製品には不可欠です。デバイスメーカーが当社コンサルタントの豊富な経験とスキルを活用できるようにすることで、ビジネスニーズに合った実用的なセキュリティソリューションの提供が可能になるのです。」

注1:
(リンク »)

エフセキュア プレスリリースページ:
(リンク »)
F-Secure Consulting詳細ページ (英語)
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

エフセキュアについて

エフセキュアほど現実世界のサイバー脅威についての知見を持つ企業は市場に存在しません。数百名にのぼる業界で最も優れたセキュリティコンサルタント、何百万台ものデバイスに搭載された数多くの受賞歴を誇るソフトウェア、進化し続ける革新的なセキュリティ対策に関するAIテクノロジー、そして「検知と対応」。これらの橋渡しをするのがエフセキュアです。当社は、大手銀行機関、航空会社、そして世界中の多くのエンタープライズから、「世界で最も強力な脅威に打ち勝つ」という私たちのコミットメントに対する信頼を勝ち取っています。グローバルなトップクラスのチャネルパートナー、200社以上のサービスプロバイダーにより構成されるネットワークと共にエンタープライズクラスのサイバーセキュリティを提供すること、それがエフセキュアの使命です。
エフセキュアは本社をフィンランド・ヘルシンキに、日本法人であるエフセキュア株式会社を東京都港区に置いています。また、NASDAQ ヘルシンキに上場しています。詳細は (リンク ») (英語) および (リンク ») (日本語) をご覧ください。また、Twitter @FSECUREBLOG でも情報の配信をおこなっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]