「サブスク診断サービス」提供開始

株式会社クニエ

From: PR TIMES

2021-02-15 17:47

~91%が失敗するサブスク事業を成功に導くための100問の問診・診断。ノウハウの一部をセミナー(3月25日)で限定公開~

コンサルティングファームの株式会社クニエ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高木真也、以下 クニエ)は、2021年2月15日より「サブスク診断サービス」を提供開始します。
本サービスは、クニエがこれまで支援してきたサブスクリプション(以下サブスク)事業のコンサルティング実績とそこで得られた知見を基に独自に開発した「サブスク問診ツール」による100問の問診・診断を行うコンサルティングサービスです。
近年、サブスク事業に注目が集まる一方、クニエがサブスク事業経験者に対し実施した調査によると、91%のサブスク事業が失敗という結果がでています。自社の事業にサブスクがフィットするかを事前に見極めたいという企業に対し、サブスク事業化に必要となる項目を網羅的に問診・診断することで、サブスク事業の導入判断や、サブスク事業検討の具体化を支援します。
クニエは、「サブスク診断サービス」や、サブスク事業の構想策定フェーズから導入・展開、サービスイン後の改善まで一気通貫したコンサルティングサービスを提供することで、企業のサブスク事業の成功に向けた取り組みを支援していきます。

【背景】
近年、「所有から利用へ」という消費者意識の変化やIT・インターネットの進歩を背景に、サブスクを事業化する企業が増加しています。日本でも、音楽・動画などのメディアやソフトウエアなどのITサービスにとどまらず、飲食やファッション、家具、家電、車、住居など、さまざまな業界でサブスクサービスが提供されています。特に飲食や衣料業界では、需要の安定化が在庫廃棄の削減につながることから、SDGs観点でのサブスク導入も進んでいます。その一方で、サブスクサービスの増加に伴い、会員数が伸びず悩む事例や、事業撤退に至る事例も増加しています。

クニエはサブスク事業の経験者828名に対し、サブスク事業の実態調査を実施し、91%のサブスク事業が最も重要なKPIの達成率に対し100%に満たない、即ち、9割がサブスク事業に失敗しているという結果を得ました。これは、クニエが2020年7月に発表した新規事業の実態調査において、同様の質問「最重要KPIの達成率100%に満たないケース」が全体の79%であったことと比較し、サブスク事業は他の新規事業より失敗する割合が高いという結果となっています。

そこでクニエは、サブスク事業の成功確率を向上させることを目的に、これまでのコンサルティングで得た知見を基に独自開発した「サブスク問診ツール」を活用したコンサルティングサービスを提供することとしました。

【「サブスク診断サービス」概要】
本サービスは、自社の事業にサブスクがフィットするかどうか見極めたいという企業に対し、クニエのコンサルタントが「サブスク問診ツール」を用いて診断を行うコンサルティングサービスです。

「サブスク問診ツール」は、クニエが実施したサブスク事業経験者への調査から得た失敗要因の分析と、サブスク事業のコンサルティング経験を踏まえ、3つの評価項目・10の評価観点から独自に開発したツールで、計100問の問診・診断を行います。

企業は本サービスを利用することで、サブスク事業に必要な事項を網羅的にチェックすることができ、サブスク事業の導入判断や、サブスク事業化に向けた具体的な検討に役立てることができます。

■サービス内容
3つの評価項目・10の観点で、網羅的・体系的に問診。サブスクにすべきケースとそうでないケースの判断。「サブスク問診ツール」をもとに診断を行い、サブスクに対するフィット&ギャップ分析し、導入ポテンシャルや今後の具体的アクションを整理。
【評価項目1.】ポテンシャル評価
【評価項目2.】実現難易度・導入評価
【評価項目3.】検討レベル・進捗評価

■利用メリット
・自社の事業、取り扱うモノやサービスにサブスクがフィットするかどうかの判断が可能となる
・サブスクに参入する際に踏まえておくべき項目を把握できる
・サブスク事業で何を検討すべきか、網羅的・体系的に把握できる
・サブスク事業に参入した場合の市場規模や成長性のポテンシャルについて見極めることができる

■サブスク検討時によくある質問を盛り込んだ問診内容(例)
・音楽配信や映像配信など、世の中で成功しているサブスクの多くは経年劣化しない「低額なサービス」であり、「高額な耐久財」などはサブスクにフィットするのかどうか?
・メーカーがサブスクを採用する場合、既存の販売店などのチャネルとどうすみ分ければいいのか?
・そもそも、レンタルやリース、割賦と何が違うのか?サブスクに必要なものは何か?
・成功しているサブスク事業のKSF(重要成功要因)や、失敗したサブスク事業の要因は何か?
・アフターコロナにおける脱利用・所有欲へどう対応すべきか?

【今後について】
クニエは、今後も「サブスク問診ツール」やこれまでのコンサルティングで得た知見・ノウハウを活かし、各社のサブスク事業の取り組みを支援していきます。
なお、サブスク事業の経験者828名に対し実施した、サブスク実態調査の結果をまとめたレポートについては、3月上旬に発表予定です。

また、サブスクのコンサルティング実績、および実態調査で得たノウハウとサブスク事業の失敗要因を解説するWebセミナーを2021年3月25日に開催します。セミナー第二部では、無償で簡易版の「サブスク問診ツール」を用いた問診を実施します。

■2021年3月25日 オンライン開催(枠数制限有り)
Executive Subscription online Forum 2021
製品志向から顧客志向へ!サブスクリプションの最前線
~最新事例から学ぶ、書籍や教科書では語られないサブスク事業成功の秘訣~
(リンク »)

■株式会社クニエについて
株式会社クニエはNTTデータグループのビジネスコンサルティング会社です。さまざまな変革に挑戦されるお客様のパートナーとして、高度な専門性と経験を有するプロフェッショナルが幅広いソリューションを提供し、お客様の変革の実現をグローバルベースで推進します。同社に関する詳しい情報は、< (リンク ») をご覧ください。

*文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]