AI活用でデータ化作業を大幅に自動化し短納期・低価格を実現  点群データを3Dモデル化する「Scan2BIM/CIM」  建設業を中心に3Dデータの利活用に 2月16日サービス開始

スマートスケープ株式会社

From: DreamNews

2021-02-16 11:30

先進技術を活用したシステムインテグレーション事業を展開するスマートスケープ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:吉田 隆)は、インドに拠点のある3Dエンジニアリングソフトウェア会社nCircle Tech Pvt. Ltd.(本社:インド プネ市、CEO:Varun Bhartiya、以下nCircle) と提携し、3Dスキャナーで取得した点群データを3Dデータに変換するサービス「Scan2BIM/CIM」を日本国内を対象に2021年2月16日(月)より提供開始いたします。



■撮影した点群データを3D化し実用的なデータに
この数年、現実空間と仮想空間を融合し、自在に行き来する「デジタルツイン」が注目されていますが、その実現には3Dモデルが必要になります。しかし、現在多くの既存の建物は3Dモデルが存在しません。
様々な場面で建設業を中心に建物やインフラ(橋、道路など)、プラントなど、現状のデータがないケースもあり、特に3Dデータ化が必要となるケースがあります。最近では3Dスキャナーで実際の建造物の点群データを簡単に撮影することができますが、データ量が膨大になりやすくまた構造化されていません。
今回提供を開始する「Scan2BIM/CIM」は、点群データを3Dモデル化することにより、データを効果的に活用することができます。「デジタルツイン」が注目されている今、いかに正確に、いかに早く3Dモデルを完成させるか、それを実現するために「Scan2BIM/CIM」のサービスを開始いたしました。

■3Dデータ変換サービス「Scan2BIM/CIM」
3Dスキャナー等で取得した点群データの3Dモデル変換作業を、AIの一種である機械学習とBIMソフトウェアのAPIを活用して大幅に作業を自動化することに成功しました。その後オペレータがAutodesk Revit*1を使用してBIMモデルとして完成させます。
*1:Autodesk社が開発しているBIM設計支援ツール

■変換プロセス
機械学習をベースとした変換ソフトウェアが、壁、柱、配管などの要素を検出し、形状、位置座標などの情報を自動取得します。Autodesk Revitでモデリングが完成した後に元の点群データの精度を維持しているかをオペレータが比較検査し、品質を担保します。

スマートスケープでは、AutoCAD(R)で設計された3D設計データを正確に3D PDFへ変換する「Smart Converter for AEC」、点群データを3D PDF, 3D HTMLに変換する「MO3D(Model Optimizer 3D)」など、3Dデータ変換のソリューションを多く提供しています。
本サービス「Scan2BIM/CIM」をスタートに今後もnCircleと提携し、建設業向けのソリューションを拡充してまいります。

■会社概要
社名   :スマートスケープ株式会社
代表取締役:吉田 隆
設立   :2003年2月18日
所在地  :東京都港区港南1-8-40 A-PLACE品川8F
従業員数 :80名
資本金  :3,500万円
事業内容 :情報通信関連技術の研究開発、受託開発、販売ならびに情報通信関連技術を用いた
コンサルタント業務
関連企業 
:スマートエンジニア株式会社
:スマートインプリメント株式会社
:スマートホールディングス株式会社
U R L  : (リンク »)

<商品に関する問合せ先>プロダクト事業部 製品担当者宛 03-6455-4484


【報道関係者お問い合わせ先】
スマートホールディングス 広報事務局
担当:柴山(070-1389-0172)高沢(090-8853-4119)
E-mail:pr@netamoto.co.jp  
TEL:03-5411-0066  
FAX:03-3401-7788


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]