編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

NRIセキュア、ID管理・認証基盤ソリューション「Okta Identity Cloud」の導入支援サービスを提供開始

〜 IDやパスワードの管理負担を低減し、安全で快適なアプリ利用環境を実現 〜

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

2021-02-24 11:00

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、米国Okta, Inc.[i]が開発・提供し、Okta Japan株式会社がリセラーを通じて国内で販売・サポートするクラウド型のID管理・認証基盤ソリューション「Okta Identity Cloud(オクタ アイデンティティ クラウド、以下「本製品」)」について、ライセンス販売および導入支援サービスの提供を、本日開始します。
昨今、クラウドサービスやテレワークの普及に伴い、ゼロトラストモデル[ii]の採用を検討する企業が増加しています。ゼロトラストを自社のシステムに適用するうえで重要な3つのポイントは、「エンドポイント(端末)セキュリティ」「SASE」[iii]「IAM(ID/アクセス管理)」[iv]ですが、本製品は「IAM」部分の対策として導入される代表的なソリューションの一つです。

本製品は、クラウドサービスやアプリケーションと連携することを想定して設計・開発されており、現在6,500以上の事前統合済みテンプレートが登録されています。そのため、複数のサービスに対して一つのIDでログインを行う「シングルサインオン」を利用中のサービスに簡単に実装でき、情報システム管理者はID統合基盤の複雑な設定の手間から解放され、導入完了までの時間も短縮することができます。
また、「ライフサイクル管理機能」[v]を利用することで、本製品上で変更されたユーザ情報が、連携先のサービスにも自動的に反映されます。これにより、社員の入退社や異動によってユーザ情報に変更が生じても、情報システム管理者が各サービスに対して個別にユーザの追加や削除を行う必要がありません。本製品に関連して提供するサービスのおもなメニューは、以下の通りです。

EIAM要件検討支援コンサルティングサービス
ゼロトラストやクラウドのセキュリティにおいて重要な、ID管理・認証認可を専門とするスタッフが、導入企業が行うEIAM(企業におけるID/アクセス管理)の構想策定やシステム化計画を支援します。従業員一人ひとりの職責や所属に応じて、適切なアクセス権限の付与やID管理を行うためのコンサルティングサービスです。本製品の導入を検討していない場合でも、EIAMに課題を感じている企業に対しサービスを提供可能です。

Okta導入支援サービス
本製品を自社で有効に使えるかどうかを確認するためのPoC(概念実証)や、その後の本格導入を支援するサービスです。導入する企業のシステム構成や要望に応じて、本製品に関する知見を持つNRIセキュアの専門スタッフがきめ細かく支援します。

本製品・支援サービスの詳細については、以下のWebサイトをご参照ください。
(リンク »)

なお、NRIセキュアが提供している「セキュリティログ監視サービス(NeoSOC)」[vi]で、今後、本製品のリアルタイム監視に対応していく予定です。ID管理・認証基盤を24時間365日体制で監視することで、異変を早期に検知し、より安全なID管理環境を実現します。

NRIセキュアは今後も、企業・組織の情報セキュリティ対策を支援するさまざまな製品・サービスを提供し、グローバルな規模で安全・安心な情報システム環境と社会の実現に貢献していきます。

【ご参考】
Okta Japan株式会社 代表取締役社長 渡邉 崇 氏からのコメント
情報セキュリティの側面からお客様のビジネスを支え続けていらっしゃるNRIセキュアテクノロジーズ様とのパートナーシップのご縁を頂きましたことを大変嬉しく思います。私どもOktaの最新のテクノロジーを擁するアイデンティティプラットフォームがご提供する大変強力な価値を、NRIセキュアテクノロジーズ様の深い知識と幅広いご経験によって日本のお客様にお届けできることはこの上ない喜びです。

ニュースに関するお問い合わせ
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 広報担当
E-mail:info@nri-secure.co.jp

用語解説

[i] Okta, Inc.:
Okta, Inc.は、グローバルで最先端のIDアクセス管理サービスを提供する企業です。サンフランシスコにある本社をはじめ世界各国に14拠点以上のオフィスがあり、従業員は2,600人を超えます。「Okta Identity Cloud」は、グローバルで9,400社以上の企業において、利用実績があります。
[ii] ゼロトラストモデル:
守るべき情報資産にアクセスするものはすべて信用せずに検証することで、情報資産への脅威を防ぐという、セキュリティの新しい考え方です。
[iii] SASE:
Secure Access Service Edgeの略。ネットワーク機能とネットワークセキュリティ機能を、クラウド上で一括提供するソリューションを指します。
[iv] IAM(ID/アクセス管理):
Identity and Access Managementの略。IDとそのアクセスを管理するためのソリューションを指します。
[v] ライフサイクル管理機能:
IDのライフサイクルを適切に管理するために提供される「Okta Identity Cloud」の機能です。
[vi] セキュリティログ監視サービス(NeoSOC):
400種類以上の情報システムのログ監視を行う、NRIセキュアのサービスです。詳細は、次のWebサイトをご覧ください。 (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]