編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

SAS、2020年度 Partner Award受賞企業を発表

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2021-05-14 11:00


アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:Andy Zook、以下 SAS)は、2020年度 Partner Awardの受賞企業を発表しました。

SAS Partner Awardは、SASのビジネスに大きな功績を残したパートナーに授与される賞です。本アワードでは、SASソリューションビジネスの実績、優れた導入プロジェクト、SASのAI技術などを活用したイノベーティブな分析案件の提供などさまざまな観点からSASビジネスに大きな功績を残したパートナーに感謝の意を込めて表彰する制度です。

昨年度は新型コロナウイルス感染拡大により大きな影響を受け、対面での業務や様々な活動が制限される状況の中で、SASの優れたソリューションを通じてお客様の課題解決に尽力いただきました。
各アワードの選定基準および受賞パートナーについては以下のとおりです。

<SAS Institute Japan発表 Partner Award>
Best Channel Award 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 様
ライセンス再販において最も貢献したパートナー企業を表彰。

Best Solution Award 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 様
独自のIPやソリューションと組み合わせて、付加価値販売したパートナーやMASP等の新サービスを立ち上げ、販売したパートナー企業を表彰。

Best Innovator Award アビームコンサルティング株式会社 様
新規のオファリング開発や、本邦初のソリューション展開に貢献したパートナー企業を表彰。

Best Pioneer Award 株式会社クニエ 様
SASにとって新規顧客および新規エリア、業種の開拓に貢献したパートナー企業を表彰。

Best System Integrator Award 日本情報通信株式会社 様
大規模や高難度のプロジェクトに貢献したパートナー企業表彰。

Best Data Scientist Award コムチュア株式会社 様
データサイエンティストの育成や、イノベーティブな分析プロジェクトに貢献したパートナー企業を表彰。

SASは特定業種に対して強みを持っているグローバルおよびローカルパートナー企業との協業を積極的に推進しています。SASアライアンスでは、パートナー企業の特定業種についての業務知識および豊富な実装経験と、SASが持つ「ビジネス・アナリティクス」の機能および技術的な専門知識・スキルを相互補完的に組み合わせることにより、あらゆるお客様の抱える経営課題を迅速かつ効果的に解決することを目指しています。


SAS Institute Japanのパートナー企業に関する詳細は以下のwebサイトをご参照下さい。
(リンク »)


SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。
その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]