編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

省電力技術、モバイルデバイス管理機能を搭載したLPWA向けのドコモ通信モジュール「UM05-SS」を開発 -バッテリー駆動を可能にすることで様々なロケーションのIoT化を実現-

セイコーソリューションズ株式会社

2021-06-08 16:30

セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、このたび、株式会社NTTドコモ(以下 ドコモ)の法人向けLTE通信モジュールの新製品「UM05-SS」を開発しました。低消費電力を必要とするスマートメーターやインフラ監視などのIoTソリューションにおいて、バッテリーでの駆動を可能にする本モジュールは、ドコモより2021年6月10日に発売予定です。

本モジュールはCat.1※1のLTE通信規格を採用し、eDRX※2、PSM※3という省電力技術を搭載したことでバッテリー駆動での利用が可能となり、電源を確保できない場所でもIoT機器を設置することができます。

また、本モジュールは遠隔からの監視や保守を行うことができる「docomo IoTデバイス管理」に対応しているため、大量のIoT機器の状態確認や本モジュールのメンテナンスを現地におもむくことなく遠隔から実施することが可能です。

なお、本モジュールは現在ドコモが販売する「FOMAユビキタスモジュール®」や、「LTEユビキタスモジュール®」と同様の形状のため、従来製品からのスムーズな移行が可能です。

セイコーソリューションズは、今回のドコモとの協業をはじめ、20年以上にわたり培ってきた豊富なモジュール開発実績を活かした無線IoTソリューションサービスにより、今後もIoT市場に対し多彩なデバイスの提供から最適なシステム提案まで幅広いお客さまのニーズにワンストップで応えていきます。


※1 Cat.1とは、LTE標準化(3GPP Rel-8)からの通信技術。通信速度は下り最大10M/上り最大5Mbps。
※2 eDRX(Extended Discontinuous Reception)とは、待ち受け中の間欠受信周期を延ばし、スリープ状態を長くすることで消費電力を削減する技術。
※3 PSM(Power Saving Mode)とは、待ち受け中の受信周期を数日単位まで拡大することで、eDRXに比べ、さらなる省電力効果を実現できる技術。

【ドコモ通信モジュール「UM05-SS」の概要】
 
1. 主な機能(別途画像参照)

2.販売開始日
 2021年6月10日

3.商品の外観(別途画像参照)

【販売元】
企業名 :株式会社NTTドコモ
所在地 :東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー
事業内容 :移動通信サービス事業など
URL : (リンク »)
※ドコモ通信モジュール「UM05-SS」に関するお問い合わせは販売元へお願いいたします。

■セイコーソリューションズの無線IoTソリューションサービス
20年以上にわたり培ってきた豊富なモジュール開発実績を活かし、開発・カスタマイズからエッジ処理、インフラ・サーバー構築、AI分析まで、お客さまに最適な無線IoTソリューションをご提案しています。
(リンク »)

*「FOMAユビキタスモジュール」「LTEユビキタスモジュール」「エリアメール」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

報道関係の方からのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社
 マーケティングコミュニケーション部
 担当:片山   tel:043-273-3147  e-mail:pr-center@seiko-sol.co.jp

お客さまからのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社
 モバイルソリューション本部 モバイルソリューション営業統括部 MS営業3部
 担当:福島   tel:043-211-1297  e-mail:support@seiko-sol.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

セイコーソリューションズ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]