編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

オラクル、「Oracle Support Rewards」プログラムを発表、ソフトウェア・ライセンスのサポート費を削減しながらお客様のクラウド移行を加速

日本オラクル株式会社

From: PR TIMES

2021-06-23 17:16

Oracle Cloud Infrastructureの利用1米ドルにつき、オラクルのテクノロジー製品ライセンスのサポート費が最大33セント削減

オラクルは本日、お客様がソフトウェア・ライセンスのサポート費を削減しながらクラウドへの移行を迅速に行えるよう支援する、新しい「Oracle Support Rewards」プログラムを発表しました。これにより、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」サービスの購入を新たに契約いただいたお客様は、オラクルのオンプレミス・テクノロジー製品ライセンスのサポートの請求額を軽減または100%削減できるリワードを獲得することができます。

News Release Summary
(本資料は米国2021年6月22日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)

オラクル、「Oracle Support Rewards」プログラムを発表、ソフトウェア・ライセンスのサポート費を削減しながらお客様のクラウド移行を加速

Oracle Cloud Infrastructureの利用1米ドルにつき、オラクルのテクノロジー製品ライセンスのサポート費が
最大33セント削減

多くのお客様は、少数のワークロードを追加で移行するだけで、オラクルのサポート費を100%削減可能に

新規プログラムは、Experian、Cognizant、Allegis GroupによるOracle Cloud Infrastructureへの
追加ワークロードの移行を支援

2021年6月23日

オラクルは本日、お客様がソフトウェア・ライセンスのサポート費を削減しながらクラウドへの移行を迅速に行えるよう支援する、新しい「Oracle Support Rewards」プログラムを発表しました。これにより、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」サービスの購入を新たに契約いただいたお客様は、オラクルのオンプレミス・テクノロジー製品ライセンスのサポートの請求額を軽減または100%削減できるリワードを獲得することができます。

このプログラムにより、オラクルのテクノロジー製品ライセンス・サポートを利用するすべてのお客様は、「OCI Universal Credits」を購入して使用するごとに、1米ドルあたり少なくとも25セントのサポート・リワードを得ることができます。「Oracle Unlimited License Agreements(ULA)」のお客様であれば、33%のレートでリワードを得ることができます。つまり、オラクル・テクノロジー製品ライセンスのサポート費が50万米ドルのULAのお客様は、150万米ドル分のワークロードをOCIに移行することでサポート費を100%削減することができます。

オラクルの会長兼最高技術責任者(CTO)であるラリー・エリソン(Larry Ellison)は次のように述べています。「『OCI』は現在、オラクルの中で最も成長率の高い事業となっています。その理由は、最も要求の厳しいミッションクリティカルなワークロードを私たちのオンプレミス環境より速く、より確実に、より安全に実行できる独自の第2世代のクラウド・インフラストラクチャ・プラットフォームをオラクルが構築したことにあります。私たちは、第2世代 の『OCI』をより多くのお客様に活用していただきたいと考えています。『Oracle Support Rewards』プログラムにより、お客様はソフトウェアのサポート費の削減とクラウド導入の迅速化を同時に実現できます。」

CIOとIT組織は、新たな予算なしでイノベーションを推進することを迫られています。「Oracle Support Rewards」プログラムは、オラクルのテクノロジー製品を利用している既存のお客様にさらなる価値をもたらし、「Oracle Cloud Infrastructure」の導入をよりコスト効率の高いものにします。航空会社のマイレージ・プログラムのように、お客様のサポート・リワードは毎月自動的に「OCI」のコンソールに追加され、いつでも利用できます。

「Oracle Support Rewards」は、「Oracle Universal Credits」、「Oracle Bring Your Own License(BYOL)」、「Oracle Customer to Cloud」、および「Oracle Cloud Lift」プログラムに加わり、これらのプログラムはお客様のデジタル・トランスフォーメーションの迅速化と一層のカスタマー・エクスペリエンスの提供を目的としています。「Oracle Cloud Lift」に「Oracle Support Rewards」と「OCI」の競争力の高い価格設定を組み合わせることで、お客様がシンプルかつ高いコスト効率でより多くのワークロードをクラウドに移行できるよう支援します。

IDCのクラウドおよびエッジ・インフラストラクチャ・サービス担当バイスプレジデントであるデーブ・マッカーシー(Dave McCarthy)氏は次のように述べています。「オラクルは、顧客固有のニーズに集中することで、クラウド・インフラストラクチャ・サービスの差別化を図っています。『Oracle Support Rewards』と柔軟で透明性の高い価格設定の組み合わせは、新たな企業を魅了し、OCIの採用を加速させる上で不可欠です。」

Allegis Group、Cognizant、Experianなどのお客様およびパートナー企業は、この新しいプログラムの価値をすでに認めています。オラクルのパートナー企業は、お客様のクラウド移行による追加のインセンティブからメリットを得ることができます。特にクラウド・サービス・プロバイダーは、「Oracle Support Rewards」プログラムによる削減分を「OCI」のお客様に還元できます。

Allegis Groupの最高情報責任者であるブライアン・リンドナー(Brian Lindner)氏は次のように述べています。「Allegis Groupは、人材ソリューションのグローバル・リーダーです。オラクルは、PeopleSoftなどのコア・アプリケーションのモダナイゼーションへのいち早い取り組みやSaaSの導入により、当社のユーザーのメリットと当社のビジネスのメリットを両立させる強固なクラウド導入戦略の設計を支援してくれました。『Oracle Support Rewards』プログラムにより、既存のテクノロジー投資の利用を継続しながらコストを大幅に削減し、将来への投資を行うことができます。」

Cognizantの戦略およびテクノロジー担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるアニール・チェリヤン(Anil Cheriyan)氏は次のように述べています。「Cognizantは、20年以上にわたってパートナーおよび顧客としてオラクルと協力し、お客様のビジネスおよびテクノロジー・プラットフォームのモダナイゼーションを支援してきました。新しい『Oracle Support Rewards』プログラムは、当社と当社のクライアントが、ワークロードを『Oracle Cloud Infrastructure』に移行する上で、強力な追加インセンティブとなります。」

Experianのグローバル・チーフ・エンタープライズ・アーキテクトであるマービン・ラリー(Mervyn Lally)氏は次のように述べています。「データとアナリティクスのリーダーとして、最高のカスタマー・エクスペリエンスを提供することは、当社にとって極めて重要です。コールセンター・データ分析から財務レポートに至るまで、オンプレミスの多くのコア・システムで当社はオラクルと連携しています。クラウドベースのソリューションの導入し続ける当社では、『Oracle Support Rewards』プログラムを利用することで、将来これらのシステムに『Oracle Cloud』を選択することが容易になります。オラクルと連携することで、クラウド上のデータ処理やアナリティクスの機能をさらに強化し、当社が革新的なソリューションを提供している数百万人の消費者や企業を支援できると確信しています。」

Oracle Cloud Infrastructureについて
クラウド・コンピューティングに対するオラクルのアプローチは、クラウドに対応できるようにアプリケーションを再設計するのではなく、すべてのアプリケーションをサポートできるようにクラウドを設計するべきという考えに基づいています。オラクルのクラウド・インフラストラクチャは、重要なエンタープライズ・アプリケーションの容易な「OCI」への移行を支援し、オンプレミスよりも優れた運用を実現します。また、開発者がクラウドネイティブ・アプリケーションを開発、運用するために必要なあらゆるサービスを提供します。「OCI」は、世界で唯一の「Oracle Autonomous Database」のような自律型サービスやビルトインかつ常時オンのセキュリティにより、管理とセキュリティを簡素化します。また、「OCI」は、VMware環境、お客様の自社データセンターやエッジへのクラウドの導入を含め、ハイブリッド・クラウド戦略に関する包括的なサポートを提供します。「OCI」サービスは、オラクルのパブリック・クラウド、自社データセンター、またはその中間でも利用可能なため、クラウドのメリットをより多くの企業に提供できます。また、マルチクラウドを展開する組織での統合やデータ移動を簡素化するテクノロジーも提供しています。さらに、OCIは、最高のパフォーマンスを極めて低コストで提供しています。

参考リンク:
Oracle Support Rewards(英語)  (リンク »)
本社発表リリース  (リンク »)

オラクルについて
オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

* Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]