編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

工学院大学、スパム対策の性能とコストのバランスを評価してActive! hunterを採用

株式会社クオリティア

2021-10-20 10:00

報道各位
2021年10月19日
プレスリリース
=================================================

     工学院大学、スパム対策の性能とコストのバランスを評価して     
               Active! hunterを採用              

=================================================
 株式会社クオリティア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下「クオリ
ティア」)は、工学院大学(所在地:東京都新宿区/八王子市、学長:伊藤 慎一郎、以
下「工学院大学」)のアンチスパム・アンチウイルス「Active! hunter」の導入事例を
発表いたします。

工学院大学は「21世紀型ものづくり」を支える豊かな科学的素養を持った人材(リー
ダー)の排出などをビジョンに掲げ、4つの学部と大学院、そして附属中学校と高等学校
で21世紀型教育を実践しています。同大学の情報システム部では、10年以上前からWeb
メールの「Active! mail」を採用し運用してきました。そして、以前から利用していた
アンチスパムとアンチウイルス対策製品を継続して使用することが困難になったため、
「Active! mail」と親和性が高く国内での実績もある「Active! hunter」を採用しまし
た。工学院大学では、「Active! hunter」の以下の点を主に評価しています。

・外資系ベンダーのアンチスパム/アンチウイルスから、2007年から利用している
「Active! mail」との親和性が高く国内での実績もある「Active! hunter」に切り替え

・2社のアンチスパム/アンチウイルス製品と比較し、約3週間の検証の結果、性能とコ
ストのバランスが良い「Active! hunter」を採用

・パターンファイルの更新なども自動なため、運用負荷が削減

・前製品からの切り替えもスムーズに行われ、安定した稼働を評価

▼スパム対策の性能とコストのバランスを評価してActive! hunterを採用
  (リンク »)  


■「Active! hunter」について
「Active! hunter」は、コラボレーション型の「CLOUDMARK」で既知のスパムを検知し、
学習型フィルターエンジン「SVM」では未知のスパムをブロックするデュアルエンジンを
搭載。それに加え、なりすましメールへの防御策として圧倒的な効果を発揮する送信ド
メイン認証のSPFやDKIMはもちろんのこと、国産製品としてはどこよりも早くDMARCフィ
ルターを実装しました。これらを含む独自の17階層によるフィルター群にはダイナミッ
クIPブロッキング/ホワイトリスト(IP)/ブラックリスト(IP)/RBLの「IPフィル
ター系」やユーザーフィルターも搭載されており、ドメインごとに用途別権限の設定を
することで小規模から数万ユーザー規模にも対応可能な柔軟なフィルター設定が可能。
あらゆるスパムメールの脅威からそれぞれのユーザーを保護しま
す。さらに、純国産のメリットとして日本語のスパムメールに強いのも特長で、日本語
環境での使用において優れた検知精度と使いやすいインターフェースが海外製品に比べ
大きなアドバンテージに。機能面、導入面、運用面、そして使い勝手に対し、国産な
らではのきめ細かい配慮が多くのお客様に選ばれています。
 参考リンク: (リンク »)

■クオリティアについて
株式会社クオリティアは、国内で開発・販売を行っているメッセージングソリューショ
ンカンパニーです。メールやメールセキュリティを中心とした事業展開を行なっており、
主力製品であるWebメール「Active! mail」や大規模メールシステム「DEEPMail」
などを通じて、企業、官公庁、国内主要大学でのコミュニケーション効率化やIT人材の
育成に貢献しています。また、Microsoft 365やGoogle Workspace、LINE WORKSと
連携するクラウド型メール誤送信防止サービス「Active! gate SS」、クラウド型メール
アーカイブサービス「Active! vault SS」などを通し、セキュリティ環境に優れたメール
システムの構築を支援しています。近年では、標的型メール攻撃対策ソリューション
「Active! zone」が400を超える地方自治体に採用され、現在ではサンドボックスを備え
るなどより機能強化しエンタープライズにも導入が進んでいます。さらに2020年秋には、
セキュリティを担保しながら業務の利便性を向上させる新しいビジネスツールとして、
メール・Web会議・チャットをシームレスにつなぐ新しいコミュニケーションプラット
フォーム「QUALITIA CLOUD」をリリースし、変化する働き方に対応したサービスを提供
しています。
 参考リンク: (リンク »)
 
■本リリースのお問い合わせ先
株式会社クオリティア 
営業本部マーケティング部 稲垣
email: press_pr@qualitia.co.jp 
phone: 03-5623-2532
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クオリティアの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]