CircleCI、業界最先端のプライベート CI/CD ソリューションにインサイト機能やインストール強化を追加

CircleCI合同会社

From: PR TIMES

2021-11-09 15:00

業界最先端の CI/CD プロバイダーが企業向けのセキュリティ、コンプライアンス、インサイトをさらに強化する CircleCI Server 3.2 を発表

サンフランシスコ -- 2021 年 10 月 12 日 -- 業界最先端を走る継続的インテグレーション & 継続的デリバリー (CI/CD) プラットフォームの CircleCI は ( (リンク ») ) 、本日 KubeCon NA 2021 にて、セルフホスティング ソリューションの CircleCI Server ( (リンク ») ) についてインサイト機能の追加とインストールの強化機能を発表しました。



[画像: (リンク ») ]


CircleCI Server では、ソフトウェア エンジニアリング チームがワークロードに合わせたスケーリングや複数サービスの同時実行を行うことができます。コードやデータはすべてチーム専用の Kubernetes クラスタとネットワーク内に保持することが可能な一方、エクスペリエンスはクラウド版 CircleCI とまったく変わりません。 このソリューションはプライバシー強化や効率向上、チーム間コラボレーションの促進に効果があり、ガバナンスやコンプライアンスの基準が厳しいヘルスケアや金融などの業界のお客様にも非常に適しています。

Modzy 社エンジニアリング責任者の Nathan Mellis 氏は次のように述べています。「Modzy は、通信業、製造業、防衛産業などの規制が厳しい業界のお客様に、組織全体で AI モデルのデプロイとモニタリングを自動化できるツールとして採用いただいています。 CircleCI のセルフホスティング ソリューションは当社 DevOps プロセスの一部であるだけでなく、学習モデルのデプロイをもっと簡単、高速に行うための MLOps パイプラインにも組み込まれています」

CircleCI Server 3.2 では、HTTP プロキシや SSL ターミネーションなど、インストール環境のセキュリティを強化するインストール オプションが追加されました。また、CircleCI の Insights API や従来より大きなサイズのリソース クラスにアクセスできる機能強化も行われています。

CircleCI の Insights API は、CircleCI プラットフォームが処理している1 日あたり 300 万件を超えるジョブをベースにしており、ユーザー リポジトリのビルド プロセスの正常性と使用状況の概要を詳しく確認できます。 本バージョンのメトリクスでは、成功率やパイプラインの実行時間などの時系列データのほか、エンジニアリングの判断改善に役立つ情報が得られます。

CircleCI Server の導入には他にも次のようなメリットがあります。

エンタープライズレベルのセキュリティ: CircleCI 環境をエンドツーエンドで制御し、セキュリティ、コンプライアンス、法規制の最も厳格な要件にも適合できます
開発者向けの強力なツールと機能: 自社のファイアウォールの内側で運用しながら、クラウド版 CircleCI と同じエクスペリエンスと、CircleCI Orb ( (リンク ») ) 、ワークフローのスケジュール実行、マトリックス ジョブといった CircleCI の最新機能を利用できます。
業界トップクラスのメンテナンス性とモニタリング機能: Datadog、Splunk、ELK Stack などのインフラストラクチャ監視ソリューションとの連携機能を備え、お使いのソフトウェア デリバリー ツールをより完全なものとします。
拡張性とパフォーマンスを強力にサポート: 高負荷の状況下でも大規模な運用が可能であり、プライベート ネットワーク内で一度に複数のコア サービスの使用を自動化できます。 P0 から P1 に切り換えるデプロイ冗長構成が確保されるため、チームの開発を妨げられることがなくなります。
柔軟なホスティング オプション: Google Kubernetes Engine (GKE)、Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS)、またはネイティブに導入した Kubernetes 上にインストールして実行できます。


関連リソース

CircleCI Server の詳細についてはこちらのドキュメント ( (リンク ») ) と説明動画 ( (リンク ») ) をご覧ください。
CircleCI プラットフォームの詳細についてはこちら ( (リンク ») ) をご覧ください。
Twitter ( (リンク ») ) 、LinkedIn ( (リンク ») ) 、YouTube ( (リンク ») ) で CircleCI をフォローしてください。


CircleCI について
CircleCI は、大規模なソフトウェア イノベーションのための継続的インテグレーション ( (リンク ») ) & 継続的デリバリー プラットフォームとして市場をリードしています。 インテリジェントな自動化とデリバリー ツールを備えており、世界中の優れたエンジニアリング チームがアイデアを形にするまでの時間を大幅に短縮するために活用されています。 DEVIES、Forbes の Best Startup Employers of the Year や Deloitte の Technology Fast 500™ などの独立調査会社による業界賞において、クラウドネイティブな継続的インテグレーション分野における革新的リーダーとして評価されています。

2011 年に創業した CircleCI は、サンフランシスコのダウンタウンに本社を置き、世界各地にリモート ワークの従業員を擁するグローバル企業です。ベンチャー キャピタルの Base10、Greenspring Associates、Eleven Prime、IVP、Sapphire Ventures、Top Tier Capital Partners、Baseline Ventures、Threshold Ventures、Scale Venture Partners、Owl Rock Capital、Next Equity Partners、Heavybit、Harrison Metal Capital から出資を受けています。 詳細については、公式 HP ( (リンク ») ) をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]