CircleCI、ソフトウェアデリバリーに対するプレッシャーの高まりに応え、Apple 開発者向けにスピード、柔軟性、テスト機能を強化する M1 リソースの提供開始を発表

CircleCI合同会社

From: PR TIMES

2023-03-03 20:16

最先端の macOS サポート体制を備える CircleCI が、クラウド用 M1 のサポートでも CI 業界をリード

サンフランシスコ、2023 年 3 月 2 日 - 業界最先端を走る継続的インテグレーション & 継続的デリバリー (CI/CD) プラットフォームの CircleCI は、本日、かつてないビルドスピードで新次元のソフトウェアデリバリーを実現する M1 リソースの提供開始を発表しました。



[画像: (リンク ») ]

今回のリソース拡充は、手頃でクラウドに対応した Apple シリコンのサポートを求める市場ニーズの高まりに応え、Apple の急激なハードウェアイノベーションに開発チームが取り残されないようにするためのものです。3,000 万名を超える Apple アプリケーション開発者のみなさま向けに、最適なストレージとスピードを両立するクラウドベースの大規模な M1 リソースを (8 CPU/12 GB RAM) を公開しました。

CircleCI のラインナップの包括性は CI/CD 業界トップクラスであり、クロスプラットフォームのサポート体制も充実しています。質の高いコードをビルド、テスト、リリースするうえで不可欠な柔軟性と快適性を Apple 開発者のみなさまに提供します。

CircleCI シニアプロダクトマネージャーの Alexa Loper は次のように述べています。「CircleCI の M1 リソースは、macOS プロジェクトのビルド速度が従来の 2 倍です。このリソースがあれば、Apple 開発者のみなさまは、他製品に比べコストを著しく抑えながら、驚くほど短い時間で新製品や機能強化、バグの修正をリリースできます」

このリソースの主なメリットは以下のとおりです。

ビルドを高速化してプロダクトエクスペリエンスを向上: M1 リソースはベンチマークテストにおいて、macOS ジョブのスピードを 2 倍に高めるという新次元のビルド速度を発揮しました。このスピードがあれば App Store の審査プロセスを速め、アプリの承認、公開を迅速化できるので、M1 は特に iOS 開発で有用です。
エンドツーエンドテスト (GPU テスト含む) を実行しやすくなる: CircleCI の M1 リソースはハードウェア アクセラレーション機能を搭載しており、CPU 上のソフトウェアで処理されることが多いタスクを GPU 上に移すことで処理時間を短縮します。これにより、パイプライン内で素早く、効率的かつスムーズに GPU テストを行い、アプリケーションのビジュアルエフェクトに関するフィードバックをすぐに得たり、破壊的変更を最小限に抑えながらアップデートをリリースしたりできるようになります。


CircleCI の iOS サポートは、Axios 社をはじめとしたさまざまな企業で規模の拡大に活用されており、ビルド速度の 25% アップを実現しています。( Axios社事例 - (リンク ») )これにより、Axios 社の開発チームでは、パッチやアップグレードに費やしていた時間を、インフラストラクチャのメンテナンスや会社の成長に投じられるようになりました。

RedMonk 社プリンシパルアナリストの Stephen O'Grady 氏は次のように語っています。「Apple シリコンは性能と効率の優秀さからますます普及が進んでおり、それにともなって開発界隈での人気も重要性も爆発的に高まっています。CircleCI が提供する M1 サポートは、開発現場で最適な高性能ハードウェアに CI ワークロードを実装可能にすることで、こうしたニーズにぴったりと応えるものです」

IDC シニアリサーチアナリストの Katie Norton 氏は次のように述べています。「Apple M1 への早期対応は、CircleCI が掲げる "開発者のための CI/CD ソリューションの提供" というミッションに合致するものです。CircleCI ユーザーは、M1 サポートを活用し最新テクノロジーでビルドを行うことで、絶えず変化し続けるソフトウェアデリバリーの課題に先手を打ち、最善の道を進み続けられるでしょう」

詳細については、こちら ( (リンク ») ) のブログ記事をお読みください。プランをご利用のお客様向けのApple SiliconサポートとAWS専有ホストのリソースクラスは、今年後半に提供される予定です。


CircleCI について
CircleCI は、大規模なソフトウェア イノベーションのための継続的インテグレーション ( (リンク ») ) & 継続的デリバリー プラットフォームとして市場をリードしています。 インテリジェントな自動化とデリバリー ツールを備えており、世界中の優れたエンジニアリング チームがアイデアを形にするまでの時間を大幅に短縮するために活用されています。 DEVIES、Forbes の Best Startup Employers of the Year や Deloitte の Technology Fast 500™ などの独立調査会社による業界賞において、クラウドネイティブな継続的インテグレーション分野における革新的リーダーとして評価されています。

2011 年に創業した CircleCI は、サンフランシスコのダウンタウンに本社を置き、世界各地にリモート ワークの従業員を擁するグローバル企業です。ベンチャー キャピタルの Base10、Greenspring Associates、Eleven Prime、IVP、Sapphire Ventures、Top Tier Capital Partners、Baseline Ventures、Threshold Ventures、Scale Venture Partners、Owl Rock Capital、Next Equity Partners、Heavybit、Harrison Metal Capital から出資を受けています。 詳細については、公式 HP ( (リンク ») ) をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]