編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

マクニカとSynspective、データの活用による持続可能な社会の実現に向けて協業

株式会社マクニカ ネットワークス カンパニー

2021-12-17 10:00

半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス&ソリューション・プロバイダーの株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、以下マクニカ)と、株式会社Synspective(本社:東京都江東区、代表取締役CEO:新井 元行、以下Synspective)は、データの活用による持続可能な社会の実現に向けてMOUを締結し、協業することを発表いたします。

昨今、社会インフラの維持管理や防災対策、産業などにおいて、データの活用が重要とされています。それは、計測した情報の経時的な変化から兆候を予知してリスクを未然に防ぐことや、情報をリアルタイムに可視化してオペレーションの最適化を図るなど、データを活用することで、少子高齢化に伴う労働力不足により停滞するメンテナンスや生産活動における業務改善を加速することに期待できるためです。

このような中、マクニカでは様々な環境下において高精度・高精細にデータを取得する最先端のステレオカメラ、LiDARなどの3Dセンサーや取得したデータに用いるアルゴリズムを開発・提供することで、主に局地的な地上データの活用を支援してきました。
Synspectiveでは、合成開口レーダー(SAR=Synthetic Aperture Rader)を搭載した小型人工衛星(以下、小型SAR衛星)の製造・開発を行うとともに、衛星群の構築を目指しており、取得する地形・構造物のSARデータと、その他外部の多様なデータから、機械学習を用いて必要な情報を抽出、目的に合わせて整理し、俯瞰的な衛星データを活用した顧客の課題に対するソリューションを提供してきました。

そこでこの度の協業にて、マクニカの得意とする地上データとSynspectiveの得意とする衛星データを融合することで、広範囲を多角的に高精度・高精細かつリアルタイムに捉えることのできる有効なデータとして、これまで以上にデータ活用の可能性が広がり、応用範囲が拡張すると考えています。
 例えば、道路や橋などの社会インフラのメンテナンスにおいて、衛星データにて広域の状況を可視化・分析し、問題がある箇所を絞り込んだ上で、その地点を局地的にLiDARなどにより詳細データとして取得することで、より効率的に精度の高い社会インフラの維持管理ができるようになります。このように、俯瞰的な衛星データと局地的な地上データを組み合わせ、包括的なデータの活用を支援し、社会インフラのメンテナンスだけでなく、建設現場における作業進捗の把握や自然災害時の被災状況の可視化など、様々なユースケースにおいて、お客様の課題解決に貢献していきたいと考えています。

マクニカは、モビリティ、ヘルスケア、スマートファクトリー、スマートシティ等様々な分野にてビジネスを展開しております。今後発展が期待されるSynspectiveの小型SAR衛星と衛星データソリューションとマクニカの事業を組み合わせることにより、ソリューションの幅、フレキシビリティを高め新たな価値を提供していきたいと考えております。

また、マクニカでは2022年1月5日よりラスベガスにて開催される「CES 2022」にブース出展いたします。「Accelerate your Digital Transformation by Exponential Technology」をテーマに、お客様のDX推進及び課題解決に有効なソリューションについて展示いたします。Synspectiveの衛星データソリューションをはじめとして、モビリティの車両走行データやセンサーデータなどをリアルタイムに収集・蓄積し、AI分析するデータ基盤「Macnica Mobility Data Platform」をモビリティデータソリューションとしてご紹介します。また、CBM(Condition Based Maintenance)ソリューションとして、高精度なアナログセンサーデータの収集からユーザーカスタムアルゴリズムの実装まで、必要な機能を1BOXに集約し、CBMの運用に最適化したハードウェア「SENSPIDER」を展示いたします。さらに、人間の脳波から意識、判断を読み取り、AIに学習させていく「Sense I(センスアイ)」や集中力、興味、疲労などの感情がどのように変化しているかを時系列で可視化する「Sense Plus(センスプラス)」をブレイン AIソリューションとしてご紹介します。

■マクニカCES 2022出展概要
名称:CES 2022
日時:2022年1月5日(水)~1月8日(土)9:00~18:00 ※初日10:00~、最終日16:00まで
会場:ラスベガス・コンベンションセンター(LVCC)North Hall #10025

なお、Synspeciveの衛星データリューションでは、小型SAR衛星群で取得する地表観測データと日々進化するデータ解析技術により実現する地盤変動モニタリングサービス(LDM:Land Displacement Monitoring)や浸水被害モニタリングサービス(FDA:Flood Damage Asseeement)などについて、デモンストレーション動画を中心にご紹介します。この機会にぜひマクニカブースまでご来場ください。

※本文中に記載の社名及び製品名は、株式会社マクニカおよび各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに掲載されている情報(仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご承知ください。

【株式会社Synspective】
Synspective(シンスペクティブ)は、データに基づき、着実に進歩する世界の実現を目指し、衛星による観測データを活用したワンストップソリューション事業を行う会社です。内閣府「ImPACT」プログラムの成果を応用した独自の小型SAR衛星により高頻度な観測を可能にする衛星群を構築し、その衛星から得られるデータの販売、および、それらを利用した政府・企業向けのソリューションを提供します。

設立 :2018年2月22日
所在地 :東京都江東区三好3-10-3
代表者 :代表取締役CEO 新井 元行
URL : (リンク »)

【株式会社マクニカ】
マクニカは、1972 年の設立以来、最先端の半導体、電子デバイス、ネットワーク、サイバーセキュリティ商品に技術的付加価値を加えて提供してきました。従来からの強みであるグローバルにおける最先端テクノロジーのソーシング力と技術企画力をベースに、AI/IoT、自動運転、ロボットなどの分野で新たなビジネスを展開しています。「Co.Tomorrowing」をスローガンに、最先端のテクノロジーとマクニカが持つインテリジェンスをつなぎ、ユニークなサービス&ソリューションを提供する存在として、社会的価値を生み出し未来社会の発展へ貢献していきます。当社は、横浜に本社を構え、世界23ヶ国85拠点をベースにグローバルなビジネスを展開しています。

設立 :1972年10月30日
所在地 :横浜市港北区新横浜1-6-3
代表者 :代表取締役社長 原 一将
URL : (リンク »)


<本件に関するお問い合せ先>

株式会社マクニカ
コーポレートマーケティング統括部 広報室 宮原
macpr@macnica.co.jp

株式会社Synspective 
PR担当:熊崎・藤川
press@synspective.com

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]