編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

Barracuda WAFおよびWAF-as-a-Serviceは、Apache Log4jの重大な脆弱性を防御します

バラクーダネットワークスジャパンは、コラム「Barracuda WAFおよびWAF-as-a-Serviceは、Apache Log4jの重大な脆弱性を防御します」を公開しました。

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2021-12-20 11:45

###

2021年12月13日、Tushar Richabadas

Barracuda Web Application Firewallのハードウェアおよび仮想アプライアンス、Barracuda CloudGen WAF on AWS、Azure、およびGCP、Barracuda WAF-as-a-Service、Barracuda LoadBalancer ADCは、Log4jを使用していないため、この脆弱性の影響を受けません。

脆弱性の詳細
Log4jは、ApacheのJavaベースのログ監査フレームワークです。構成、ログメッセージ、パラメータに使用されているApache Log4j 2.14.1もしくはそれ以前のバージョンのJNDI機能では、攻撃者に制御されたLDAPや他のJNDI関連のエンドポイントからは保護されません。ログメッセージやログメッセージパラメータを制御できる攻撃者は、メッセージルックアップ置換が有効な場合、LDAPサーバからロードされた任意のコードを実行できます。この脆弱性は、Apache Struts2、Apache Solr、Apache Druid、Apache Flinkなど、Apple、Amazon、Cloudflare、Twitter、Steamなど、数多くの企業で利用されている Apacheフレームワークのデフォルト設定に影響を与えます。



この続きは以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]