編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

エフセキュア、個人ユーザー向けに強力なパスワードを作成する無料オンラインツールを提供開始

~ アカウントごとのユニークパスワード作成のための時間と心労を軽減 ~

ウィズセキュア株式会社

2022-03-02 09:30

エフセキュアは、「非常に強力な」パスワード作成のための無料のオンラインツールの提供を開始しました。個人ユーザーの情報を保護するこのツールは、ハッカーによるクラッキングの試みに対抗する強力な新しいパスワードをわずか数秒間で作成します。
先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Juhani Hintikka、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は、「非常に強力な」パスワード作成のための無料のオンラインツールの提供を開始しました。個人ユーザーの情報を保護するこのツールは、ハッカーによるクラッキングの試みに対抗する強力な新しいパスワードをわずか数秒間で作成します。

エフセキュアが2021年に実施した調査*1によると、新型コロナウィルスの流行以降、多くの人がオンラインサービスやアカウントへの依存度を高めていることがわかりました。パンデミックが始まって以来、3分の1を超える38%の個人ユーザーが、PCでのオンライン購入が増えたと回答しています。また、調査対象者の32%がモバイルでの購入が増えたと回答し、31%がリモートワークの時間が増えたと回答しています。

人々が利用するオンラインサービスのアカウントは、ハッカーによるアカウント乗っ取りのターゲットとなり、個人情報の盗難や詐欺につながる可能性があります。同一パスワードや類似パスワードを使い回していると、1つのオンラインサービスが侵害を受けた際に他のサービスのアカウントへのアクセスを簡単に許してしまうことになります。サービスごとにユニークで強力なパスワードでアカウントを保護することは、こうした侵害を防ぐ上での効果的な対策となります。

エフセキュアでコンシューマーセキュリティ担当のエグゼクティブバイスプレジデントを務めるTimo Laaksonen (ティモ・ラークソネン) は、アカウント保護のためのパスワードの重要性について、次のように語っています。
「オンライン上の重要なアカウントには、強力でユニークなパスワードが必要だということは、もう誰もが知っていることだと思います。しかし、オンラインサービス自体がハッキングされ、ユーザーのパスワードが流出するたびに、『12345』や『password1』といったパスワードが未だに多く見受けられます。パンデミックの影響で、人々が利用するオンラインサービスが増加しており、そのため、アカウントを保護するパスワードの重要性はこれまでにないほど増してきています。これまで30年以上に渡ってユーザーのセキュリティやデータを保護してきたエフセキュアが提供を開始したこの新しいパスワード作成ツールは、ユーザーが使用するオンラインサービスごとに、わずか数秒で強力でユニークなパスワードを作成し、ユーザーが難しいパスワードを作成する手間暇を軽減するものです。」

パスワード作成ツールはパスワードの文字数、大文字/小文字/数字/記号の有無をユーザーが自分で設定できるようになっています。以下のページよりオンラインでお使いいただけます。
(リンク »)

ユニークで強力なパスワードの重要性については、こちらをご覧ください。 (英語)
(リンク »)

*1: F-Secure Consumer Survey Wave 4
実施時期: 2021年6月
調査対象: 日本、ブラジル、フランス、ドイツ、メキシコ、オランダ、スウェーデン、イギリス、アメリカの9ヶ国で各国800名(合計7,200人)
調査方法: オンラインでのアンケート

エフセキュアプレスページ:
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

Password-generator

用語解説

エフセキュアについて

エフセキュアほど現実世界のサイバー脅威についての知見を持つ企業は市場に存在しません。数百名にのぼる業界で最も優れたセキュリティコンサルタント、何百万台ものデバイスに搭載された数多くの受賞歴を誇るソフトウェア、進化し続ける革新的なセキュリティ対策に関するAIテクノロジー、そして「検知と対応」。これらの橋渡しをするのがエフセキュアです。当社は、大手銀行機関、航空会社、そして世界中の多くのエンタープライズから、「世界で最も強力な脅威に打ち勝つ」という私たちのコミットメントに対する信頼を勝ち取っています。グローバルなトップクラスのチャネルパートナー、200社以上のサービスプロバイダーにより構成されるネットワークと共にエンタープライズクラスのサイバーセキュリティを提供すること、それがエフセキュアの使命です。
エフセキュアは本社をフィンランド・ヘルシンキに、日本法人であるエフセキュア株式会社を東京都港区に置いています。また、NASDAQ ヘルシンキに上場しています。詳細は (リンク ») (英語) および (リンク ») (日本語) をご覧ください。また、Twitter @FSECUREBLOG でも情報の配信をおこなっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]