編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

【AI OCR導入の実態調査】導入後、約8割が課題あり。うち6割は「確認作業の手間がなくならない」と回答

AI OCR導入ユーザーの80.7%がOCR結果を「目視」で確認・修正の実態

株式会社ハンモック

2022-07-28 18:29

法人向けソフトウェアを提供する株式会社ハンモック(本社:東京都新宿区、代表取締役:若山 大典、以下 ハンモック)は、AI OCRを導入している企業の運用担当者109名を対象に、AI OCR導入の実態調査を実施いたしました。
▼▼本内容は調査結果を一部抜粋しております。調査全文はこちらから無料ダウンロードいただけます。
(リンク »)
※本調査を引用・転載いただく際は、出所として「株式会社ハンモック」を明記してください。

Q1.1日どのくらいの帳票をAI OCRで処理していますか。

Q2.あなたの企業がAI OCRの導入前に期待していたことを教えてください。(複数回答)

Q3.AI OCRの導入後、課題はありますか。

続きは (リンク »)

OCRの限界を突破!申込書・勤怠表・アンケートのデータ入力作業を「ゼロ」にするデータエントリー作業代行サービス「WOZE(ウォーゼ)」、最新事例集を公開
こちら→ (リンク ») から事例を入手できます。

▼データ入力業務支援マガジン『ペーレス』 (リンク »)
・データ入力業務に関する課題を抱える方向けのメディアサイト
・課題解決に役立つお役立ちホワイトペーパーが無料ダウンロード可能
・テーマごとに経営層から、データ入力の現場に必要な具体的対策まで情報を紹介

ピックアップテーマ
DX推進、FAX業務、OCR、データ化、ペーパーレス化、帳票、業務改善

■株式会社ハンモックについて
ハンモックは、法人向けソフトウェア メーカーです。組織を強くするIT環境をすべての人へご提供するべく、法人に必要な3領域『セキュリティ、営業支援、業務効率化』でお客様課題の解決を実行しています。
・AssetView(アセットビュー):クライアントPCの運用管理とセキュリティ対策を支援
・ホットプロファイル:セールスDXを実現するクラウド型名刺管理・営業支援ツール(名刺管理×SFA×MAを統合)
・WOZE(ウォーゼ) / AnyForm OCR:さまざまな帳票の入力業務効率化を支援

代表者 : 代表取締役社長 若山 大典
設 立 : 1994年4月1日
資本金 : 3,648万円
売上高 : 36億円(2022年3月期)
従業員数(役員除く/パート含む) :223名
本社所在地 : 東京都新宿区大久保1-3-21 ルーシッドスクエア新宿イースト3F
URL : (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ハンモックの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]