編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

SAS Institute Japan、データ活用の教育イベント「なつやすみ 親子でデータサイエンス 2022」 8月20日(土)開催 ~夏休みの自由研究をサポート、小学生向けワークショップ~

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2022-07-13 11:11


アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:シュクリ・ダバギ、以下 SAS)は、小学生を対象に、データ活用の基礎を学び、データサイエンスの楽しさを体験するイベント「なつやすみ 親子でデータサイエンス 2022」を8月20日(土)に開催することを発表しました。

本イベントは、SASがグローバルで推進している教育支援および様々な社会課題を、データとアナリティクスの力で解決していく取り組み(Data for Good)の一環です。子供たちが、小学校の算数で学ぶ「データの活用」をより身近に感じ、実践を通してデータサイエンスへの関心を深めることを目指しています。2016年に第1回「なつやすみ 親子でデータサイエンス」を開催し、今年で7回目の開催となります。

「なつやすみ 親子でデータサイエンス 2022」 開催概要
本イベントは、「分析テーマに基づいて、仮説を立て、データを集める」事前準備と、「データサイエンスを体感する」当日のワークショップの2部構成になっています。

① 分析テーマに基づいて、仮説を立て、データを集める (事前準備)
参加者は、事前のガイドに沿って「分析テーマの設定」 「仮説の立案」 「データの収集」の事前準備を実施します。例えば、自宅前の時間あたりの交通量、天候と植物の成長の関連性、気温と電気の使用量の関連性など、身近な事象や興味があることを分析テーマに設定します。テーマに沿って仮説を立て、その仮説を検証するためのデータを集めます。データは、観察・測定したもの、アンケート調査をしたもの、インターネットや書籍で公開されているものなど、さまざまな集め方があります。

② データサイエンスを体感する (当日)
イベント当日は、事前に立てた仮説が正しいかどうかを検証するために、準備したデータを分類・集計し、図表やグラフなどを使ってデータを視覚化する作業を行います。データサイエンスでは、分析で得られた発見を人に伝えることも重要です。テーマや仮説、分析結果のグラフやわかったことをポスターにまとめ、参加者の前で発表します。ポスターの作成は、子供と保護者が一緒になって取り組むので、普段はできないコミュニケーションの機会となります。作成したポスターは、夏休みの自由研究の宿題としても利用できます。会場では、SASの社員が分析やグラフ作成の基礎を説明し、一連の作業をサポートします。

社会でデータサイエンスを活用する際には、統計、データマイニング、人工知能などの科学的な道具を用いて、さまざまな意思決定の局面において、データに基づいた合理的な判断を行います。この意思決定や判断に不可欠な実証的・客観的・合理的な洞察力はますます重要視され、教育現場でも小学校からデータ活用教育が実施されています。同時に、解決すべき課題そのものを自ら発見する力も必要とされており、今回のイベントは、テーマと仮説の設定、分析とアウトプットの体験を提供することで、データサイエンス教育に貢献します。

=============================================
日時:2022年8月20日(土)  13:00 - 17:30(受付開始12:30)
*2022年7月30日(土)13:00 - 14:00に開会式をオンラインで実施します。こちらの式ではイベント当日までの流れの説明や事前準備の質疑応答を予定しているため、できる限り参加をお願いします。

会場:SAS Institute Japan株式会社 本社
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー11階
(地図: (リンク ») )

参加費:無料

参加条件:
• 小学2年~6年の児童およびその保護者(1組3名まで、うち児童は2名まで)
• データ測定や収集の事前準備が可能な方
(データ事前準備の詳細については、後日ご案内いたします)
• 交通費、宿泊費などが発生する場合は、参加者がご負担ください

定員:10組 (1組3名まで ・ 但し、ポスターは1組1枚まで)
※応募人数が定員超過した場合は抽選とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
※コロナ対策のため、原則各組1名の保護者といたします。

申し込み方法:こちらのサイトからお申し込みできます。
(リンク »)

応募締切:2022年7月21日(木)17時 
=============================================
※応募者多数の場合は抽選の上、7月27日(水)までに代表者のメールアドレスに結果をご連絡いたします。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。
その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]