編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

ウィズセキュア、セキュリティリサーチ部門『WithIntel』を新設

~ 脅威リサーチと機械学習の組合せが、新たなサイバー攻撃との戦いには不可欠 ~

ウィズセキュア株式会社

2022-07-14 10:00

世界の地政学的状況が一層複雑化する現在、個人/企業/社会インフラ/政府などを標的とする様々なサイバー攻撃が発生しています。サイバー脅威が増加し高度化するなか、先進的サイバーセキュリティテクノロジーのプロバイダーであるウィズセキュアは、これらの脅威に対抗するための新しいリサーチ部門を設立することを発表しました。WithSecure™ Intelligence (略称: WithIntel) と呼ばれるこの部門は、脅威リサーチと機械学習のアプローチを組み合わせ、ウィズセキュアのソリューションとサービスで使用するインテリジェンスドリブンの保護機能の改善/開発を推進しています。
世界の地政学的状況が一層複雑化する現在、個人/企業/社会インフラ/政府などを標的とする様々なサイバー攻撃が発生しています。サイバー脅威が増加し高度化するなか、先進的サイバーセキュリティテクノロジーのプロバイダーであるWithSecure (旧社名: F-Secure、本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Juhani Hintikka、日本法人: 東京都港区、以下、ウィズセキュア) は、これらの脅威に対抗するための新しいリサーチ部門を設立することを発表しました。WithSecure™ Intelligence (略称: WithIntel) と呼ばれるこの部門は、脅威リサーチと機械学習のアプローチを組み合わせ、ウィズセキュアのソリューションとサービスで使用するインテリジェンスドリブンの保護機能の改善/開発を推進しています。

ウィズセキュアで同部門を担当するバイスプレジデントであるPaolo Palumbo (パオロ・パルンボ) は、機械学習/マルウェア解析/リバースエンジニアリング/脅威インテリジェンス/検知エンジニアリング/データ分析などの専門知識を融合したWithIntel独自の技術が、企業/団体が直面する重要かつ新たな脅威を特定し、それらの脅威に対する保護/検知能力を重点的に高めていくと述べています。
「サイバー攻撃は防御よりも早く進化しており、攻撃に対抗するために必要なインテリジェンスは、潜在的な標的に対して必ずしも十分であるとは言えない状況も発生します。今回発足したWithIntelでは幅広いデータソースを集約して分析することで、最新の脅威の状況を正確に監視し、新たな攻撃を予測し、その知識を活用した当社のテクノロジーとサービスによって、より効果的に防御することができます。この目標に向けた取り組みは、これらの脅威によるリスクと被害を最小限に抑えるためのセキュリティ成果をお客様に提供するウィズセキュアの取り組みの一部なのです。」

WithIntelは、ウィズセキュアの持つ技術の全てを活用し、同社のサービスおよびソリューションの開発/改善を行います。また、ウィズセキュアのAIプロジェクトである『Project Blackfin』によって生み出されるエンドポイントインテリジェンスの技術を活用します。WithIntelの主なリサーチ分野は以下の通りです:
● エンドポイント脅威の検知
● クラウドおよびWebセキュリティ
● 検知と対応
● データドリブンな脅威に関する考察
● APT (持続的に行われる高度な攻撃)の追跡と理解
● 機械学習システムに対する攻撃とその防御方法

Palumboはまた、WithIntelは、パートナー/セキュリティ業界関係者/学術機関/リサーチャー/メディア/各国のCERTなどと密接に協力し、よりよいサイバー防御のための取り組みから学び、そして貢献できるようにしていきたいと語っています。
「サイバーセキュリティのエキスパートの仕事はチームワークです。デジタル世界における安全を確保するために、業界や国を超えた人々との協力関係を強化することを楽しみにしています。また、当社ではこうしたミッションに関わりたいと考えている人材を常に求めています。」

WithSecureプレスページ:
(リンク »)
WithSecure求人情報ページ:
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

Violet_Mountain

用語解説

WithSecureについて

WithSecure™は、ITサービスプロバイダー、MSSP、ユーザー企業、大手金融機関、メーカー、通信テクノロジープロバイダー数千社から、業務を保護し成果を出すサイバーセキュリティパートナーとして大きな信頼を勝ち取っています。私たちはAIを活用した保護機能によりエンドポイントやクラウドコラボレーションを保護し、インテリジェントな検知と対応によりプロアクティブに脅威を探し出し、当社のセキュリティエキスパートが現実世界のサイバー攻撃に立ち向かっています。当社のコンサルタントは、テクノロジーに挑戦する企業とパートナーシップを結び、経験と実績に基づくセキュリティアドバイスを通じてレジリエンスを構築します。当社は30年以上に渡ってビジネス目標を達成するためのテクノロジーを構築してきた経験を活かし、柔軟な商業モデルを通じてパートナーとともに成長するポートフォリオを構築しています。
1988年に設立されたWithSecureは本社をフィンランド・ヘルシンキに、日本法人であるウィズセキュア株式会社を東京都港区に置いています。また、NASDAQ ヘルシンキに上場しています。詳細は www.withsecure.com をご覧ください。また、Twitter @WithSecure_JP でも情報の配信をおこなっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]