編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

データグリーン、文字起こし(テープ起こし)サービスの紹介動画を公開

株式会社アラジン

2022-08-19 18:00

音声・動画データの文字起こし、 テープ起こしを提供しているデータグリーン( https://www.data-green.jp/ )は、文字起こしサービスの紹介動画を公開いたしました。
音声・動画データの文字起こし、 テープ起こしを提供している「データグリーン/DATA GREEN」を運営する株式会社アラジン(本社:福岡県福岡市、 代表取締役:長濱慶直)は、文字起こしサービスの紹介動画を公開いたしました。

■30秒でわかるデータグリーンの文字起こし
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

■文字起こし・テープ起こし【公式】データグリーン
(リンク »)
文字起こしは、ただ音声を文字にするだけでなく、不要な言葉を削除したり、話し言葉を書き言葉に変更するなど、一度文字起こしを行った後の確認や修正にかなりの時間と労力がかかります。
データグリーンでは、AIによる音声データの解析技術と熟練ライターのノウハウを組み合わせ、インタビュー、講演、会話(電話・ボイスレコーダー)、会議、裁判(民事訴訟)用等の音声・動画データを低価格で文書ファイルに書き起こします。また、年中無休で当日や翌日に納品可能なエクスプレスサービスもご用意しております。プライバシーマーク・ISO27001(ISMS)認証も取得済みですので、機密情報が含まれた音声・動画データも安心しておまかせください。

<キャンペーンのご紹介>
(リンク »)
現在データグリーンでは、【新規のお客様 初回限定】 文字起こし料金10%OFFキャンペーンを実施中です。文字起こしが必要な時は、この機会に是非、データグリーンの文字起こしをご利用ください。
キャンペーン概要:文字起こし、テープ起こし料金10%OFF
キャンペーン対象:新規のお客様 初回申し込み限定

<音声データの品質と文字起こしの精度|文字起こし、テープ起こしの料金を抑える方法>
(リンク »)
文字起こしの精度は、音声データの品質に比例すると言っても過言ではありません。文字起こしの料金、費用も変動します。
音声の録音には様々なコツがありますので、「音声データの品質を上げるためのテクニック」をご案内いたします。

<音声データの品質を上げるためのチェックリスト>
(リンク »)
チェックリストを参考に音声データを録音していただければ、文字起こしデータの精度向上だけでなく、文字起こし・テープ起こしにかかるコストの抑制にもつながります。
インタビュー、対談、講演、面談、会議などの打ち合わせ、話し合い等において、音声データを録音する際にご活用ください。

<特殊フォーマットへの対応>
(リンク »)
文字起こしには「ケバ取り」「素起こし」「整文」と複数の起こし方がありますが、もっとこういう起こし方をして欲しいなど、お客様のご要望に合わせて、通常の起こし方以外に細かな部分まで用途に合わせて文字起こしを行う特殊フォーマットへの対応も行っております。

<文字起こしデータ校正サービス>
(リンク »)
文字起こし、テープ起こしは、音声や控えたメモを見聞きしながら一つ一つ入力する作業が一般的で多くの時間と労力を必要とします。
文字起こしデータ校正サービスは、「とりあえず文字起こしはできたけど、たくさんの修正が必要」という場合に、お客様のご要望に合わせて修正を行うサービスです。

<文字起こし、テープ起こしにおすすめのボイスレコーダー/ICレコーダー>
(リンク »)
文字起こし・テープ起こしにおすすめのボイスレコーダー/ICレコーダーをご紹介いたします。
文字起こしは音声データの品質によって作業難易度、費用が変動しますので、ご予算と用途にあわせてボイスレコーダー/ICレコーダーの機種を選定されることをおすすめします。

<文字起こし、テープ起こしに役立つアプリのご紹介>
(リンク »)
文字起こし、テープ起こしに役立つアプリのご紹介いたします。
動画データから音声データを抽出したり、音声データを編集・加工、再生するアプリ等。

<Web会議・オンライン会議の録音・録画>
(リンク »)
在宅勤務、リモートワークが増えたことに伴い、会議もオンライン上で行われる機会が増えてきました。データグリーンでは、Zoom、Skype、WebEx、Google Meet、Microsoft Teamsなどのソフトで録音、録画されたWeb会議、オンライン会議のデータから議事録を作成する文字起こしにも対応しております。

<メディアの種類からみる文字の特性>
(リンク »)
音声と動画は情報量が多くなりますが、その代わりに情報の受け取り側によって、一定性がないことが共通のデメリットとなります。一方、文字は文字情報のみに絞ることによって、揺れがなく正確な情報が取得できることが可能になります。具体的な文字の活用法としては、裁判における証拠のテキストや会議の議事録、インタビューや講演会の記録などになります。文字化することで正確な情報を自分もしくは第三者に示すことが可能になります。

<文末表現(敬体と常体)について>
(リンク »)
文章の印象を大きく変えるものが、断定の助動詞の使い分けです。これは「敬体」と「常体」で大きく2つに分けられます。いわゆる「です・ます調」と「だ・である調」のことです。データグリーンの文字起こしサービスは、整文における文末変更も対応可能です。

<AIによる文字起こしについて>
(リンク »)
最近では、高性能なAIが内蔵され、学習機能が可能なツールも多く、高い精度での文字起こしが可能なケースもありますが、録音状態が良くない場合や発言が重なって聞き取りが難しい言葉の聞き分け、話者の識別、専門用語や略語、句読点の修正、訛りへの対応など、AIによる文字起こしはまだ完全でないのが現状です。データグリーンなら音質が悪い録音データや長時間の文字起こしにも低価格、年中無休で対応しております。

<文字起こしとは>
(リンク »)
文字起こしの原点〜速記の発展〜録音機の登場〜テープ起こしと反訳〜新しい文字起こしの需要等、文字起こしの歴史や豆知識をご紹介いたします。

<文字起こし用語集>
(リンク »)
文字起こし、テープ起こしでよく利用される言葉、単語をまとめた用語集です。

■会社概要
会社名:株式会社アラジン
文字起こし事業:データグリーン/DATA GREEN
データ復旧事業:データレスキューセンター/DataRescueCenter
登録商標:データグリーン、データレスキュー、データレスキューセンター等
保有特許:特許第4090494号、特許第4236689号、特許第5512470号
本社:福岡県福岡市中央区薬院1-5-6 ハイヒルズビル3階
電話:092-720-6633(代表)
資本金:9,000万円
設立:2002年5月31日
代表者:代表取締役 長濱慶直
認定:プライバシーマーク、ISO27001(ISMS)
加盟団体:
一般社団法人日本データ復旧協会(常任理事)
(リンク »)
一般社団法人文字起こし活用推進協議会(正会員)
(リンク »)
福岡県弁護士協同組合(特約店)
(リンク »)

★★データ復旧ならデータレスキューセンターへ★★
(リンク »)
起動しないPC、故障した外付けHDD、認識しないUSBメモリやSDカード等からのデータ復旧、復元サービスを提供しています。

《本リリースに関するお問い合わせ先》
平川 竜士
TEL:092-235-5024、0570-550-729

このプレスリリースの付帯情報

文字起こし紹介画像

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アラジンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]