A10ネットワークス、DX推進に必要な ネットワーク最適化・セキュリティ機能をクラウドサービスで提供

~ 既存のネットワーク環境を活かしながら、ゼロトラストアーキテクチャ実現を支援 ~

A10ネットワークス株式会社

2022-09-16 12:00

A10ネットワークスは、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進に必要なネットワーク最適化・セキュリティ機能をクラウドサービスで提供する「A10 Cloud Access Controller」を、10月1日より日本市場で展開することを発表します。
A10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10ネットワークス)は、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進に必要なネットワーク最適化・セキュリティ機能をクラウドサービスで提供する「A10 Cloud Access Controller」を、10月1日より日本市場で展開することを発表します。

■開発経緯

現在、組織や企業がDXを実現していくなかで、クラウドサービスの利用や情報資産・ネットワークへのアクセス方法が多様化しています。それに加え、従来の境界防御から脱却するゼロトラストアーキテクチャの採用も加速していますが、新しいソリューションを導入する際に既存ネットワーク環境の再構成が必要となるなどの課題が発生しています。

A10ネットワークスはこれまで、統合型ADC+ファイアウォール製品「A10 Thunder CFW」において、ネットワーク最適化とセキュリティ機能を、業界や規模を問わない100を超える日本の組織・企業に提供してきました。今回、上記の課題を解決すべく、A10 Thunder CFWで提供していた多様な機能の中から、クラウドサービス利用やリモートアクセスに求められる機能をSaaS型のクラウドサービスとして提供し日本市場で展開します。

■A10 Cloud Access Controllerの特徴

A10 Cloud Access Controller は、ゼロトラストアーキテクチャを前提にした、快適かつ安全なクラウドサービス利用のためのネットワーク最適化・セキュリティ機能を提供するクラウドサービスです。アプリケーションの認証・許可やテナント制御、フォワードプロキシ・リバースプロキシ、セキュアWebゲートウェイなどの機能を、お客様の要望に応じた様々なサービスメニューで提供します。

A10 Cloud Access Controllerは、既存のオンプレのネットワーク環境を変更することなく、段階的もしくは一部機能のみの導入も可能です。クライアントアプリケーションのインストールも不要で、通信量による費用変動がないライセンス形態なため、簡単かつ低コストで、自社のセキュリティやインフラ基盤に合わせて導入いただけます。

■A10 Cloud Access Controllerの主な機能と提供形態

・主な機能

トラフィック制御:
クラウドサービス利用により増大するトラフィックを、宛先ドメイン名で柔軟かつ正確に振り分け、業務効率を向上させます。

リモートアクセス / アプリケーションの認証・許可:
リバースプロキシを用いたセキュアなリモートアクセスを追加ライセンス不要で提供します。既存のID基盤と連携したアプリケーションの認証・許可によりゼロトラストネットワークアクセスを実現します。

アクセス / テナント制御:
セキュアWebゲートウェイとしてのクラウドサービスやインターネットへのアクセス制御、SSL/TLS可視化に加えて、多様なクラウドサービスに適用可能な柔軟なテナント制御を提供します。

セキュリティ機能:
URLフィルタリングに加えて、SSL/TLS復号やIPアドレスレピュテーション、アプリケーションの可視化・制御、アンチマルウェア(マルチスキャン)、コンテンツ無害化、データ損失防止など、需要に合わせて豊富なセキュリティ機能を利用いただけます。

・提供形態

通信量に依存しない、クライアント単位でのサブスクリプションサービスライセンスで提供します。

■提供開始時期

A10 Cloud Access Controllerは、A10ネットワークスの販売代理店を通じて、本日より申し込みを受け付けており、10月1日より提供開始します。

■関連ウェビナー
【新サービス】トラフィック制御とセキュリティをクラウドサービスで提供するA10 Cloud Access Controllerのご紹介
お申込みURL: (リンク »)

●A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について
A10 Networks(NYSE: ATEN)は、サービス事業者やクラウド事業者および企業で利用される5Gネットワークやマルチクラウドアプリケーションのセキュリティを確保します。高度な分析や機械学習、インテリジェントな自動化機能により、ミッションクリティカルなアプリケーションを保護し、信頼性と可用性を担保します。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界117か国のお客様にサービスを提供しています。

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。
詳しくはホームページをご覧ください。
URL: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

※A10 ロゴ、A10 NetworksおよびA10 Thunderは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。
※その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]