編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

【あなたの推し作品を伝えよう!】「次にくるライトノベル大賞」本日 10月1日(土)13時より作品エントリー開始!

株式会社KADOKAWA

From: PR TIMES

2022-10-02 10:16

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:夏野剛)が運営するライトノベル・新文芸のレコメンドサイト「キミラノ」は、「次にくるライトノベル大賞2022」の作品エントリーを、2022年10月1日(土)13時より開始しました。

特設サイト: (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

「次にくるライトノベル大賞」は、次世代にブレイクするであろうライトノベル作品を読者自らがエントリーし、またユーザーの投票で大賞を決める参加型アワードです。
2022年10月1日からスタートとなる「作品エントリー」と、11月16日から行われる「ユーザー投票」という2ステップによって、「次にくるライトノベル」を決定いたします。


作品エントリーとユーザー投票の違い

■作品エントリーとは?
作品エントリーとはご自身が考える「次にブレイクするであろうライトノベル作品」を自由記入式でエントリーいただくことを指します。

■ユーザー投票とは?
「ユーザー投票」とはエントリー作品より選出されたノミネート作品の中から、「次にブレイクするであろうライトノベル作品」にふさわしいと思われるタイトルに投票することを指します。
この投票数を集計し、「次にくるライトノベル大賞」を決定します。

続報は次にくるライトノベル大賞の特設サイト( (リンク ») )や、キミラノのTwitter( (リンク ») )にて発信してまいります。ぜひご注目ください。



対象作品

下記の条件をすべて満たす作品がエントリー対象となります。
・2021年10月1日~2022年9月30日の期間でシリーズの最新刊が書籍化されているライトノベル作品
・刊行開始日が2020年10月1日以降であり、2022年9月30日時点でシリーズ既刊が5冊以内(短編集等含む)
・ジャンルは不問(成人向けを除く)
・文庫/単行本、両方が対象となります
・歴代の大賞受賞作品は殿堂入りとなるため、エントリー対象外です
[画像2: (リンク ») ]




併設企画のお知らせ

キミラノは「次にくるライトノベル大賞」の併設企画として、ユーザー参加型企画「激推しラノベまとめ賞」を開催いたします。
こちらは新作ライトノベルに限らず、自分がオススメしたい本をひとつのテーマでまとめて紹介する企画で、期間中に応募されたラノベまとめをライトノベルにゆかりのある人々が選考、上位入賞したラノベまとめを来年配信予定の『「次にくるライトノベル大賞」受賞作品発表生放送』番組内にて発表します。
上位5作品の作成者には副賞として3000円分の図書カードNEXTをプレゼントいたします。

自分の推しラノベを全国のラノベユーザーにアピールするチャンスですので、ぜひご応募くださいませ。

激推しラノベまとめ賞特設サイト: (リンク »)

■「ラノベまとめ」とは?
ライトノベル・新文芸の紹介サイト「キミラノ」の機能のひとつで、自分がオススメしたい本をひとつのテーマでまとめて、紹介することができます。



スケジュール

■次にくるライトノベル大賞2022
STEP1 作品エントリー
  開始:2022年10月1日(土)13時00分
  終了:2022年10月14日(金)17時59分

STEP2 ユーザー投票
  開始:2022年11月16日(水)13時00分
  終了:2022年12月15日(木)17時59分

発表
  2023年2月26日(日)


■激推しラノベまとめ賞
開始:2022年10月1日(土)
終了:2023年1月31日(火)
発表:2023年2月26日(日)
※『「次にくるライトノベル大賞」受賞作品発表生放送』番組内にて



キミラノとは?

ライトノベル・新文芸と読者をつなぐ「キミラノ」は、パートナーキャラクターから提案される1to1のレコメンドのほか、ライトノベル・新文芸に興味のあるユーザーが「キミラノ」を通じて話題の作品を知る機会をご提供するサイトです。また、書籍の試し読みによる手軽な読書体験も併せてご提供いたします。
※2022年10月1日現在、以下の30レーベルが参加しています

HJノベルス、HJ文庫、MFブックス、MF文庫J、Mノベルス、Mノベルスf、オーバーラップノベルス、オーバーラップノベルスf、オーバーラップ文庫、ガガガ文庫、角川スニーカー文庫、角川ビーンズ文庫、カドカワBOOKS、Kラノベブックス、Kラノベブックスf、講談社ラノベ文庫、GAノベル、GA文庫、ダッシュエックス文庫、TOブックス、電撃の新文芸、電撃文庫、ドラゴンノベルス、DREノベルス、ノベルゼロ、ビーズログ文庫、ビーズログ文庫アリス、ファミ通文庫、ファンタジア文庫、モンスター文庫(五十音順)



関連情報

「次にくるライトノベル大賞」公式サイト: (リンク »)
「キミラノ」公式サイト: (リンク »)
「キミラノ」公式Twitter: (リンク »)
「キミラノ」公式LINE: (リンク »)
「キミラノ」公式TikTok: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社KADOKAWA の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]