Arubaのクラウドファースト企業向け自己駆動型 WAN ソリューションAruba EdgeConnect Enterpriseが、市場で初めてICSA Labs セキュア SD-WAN 認証を取得

日本ヒューレット・パッカード合同会社

From: Digital PR Platform

2022-10-05 13:30




(リンク »)

2022年10月4日発表
Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company (NYSE: HPE、以下Aruba) は本日、ICSA Labsの厳格な審査を経て、Aruba EdgeConnect Enterprise SD-WAN プラットフォームがICSA Labs セキュア SD-WAN 認証 (ICSA Labs Secure SD-WAN Certification) を取得したことを発表しました。Aruba EdgeConnect Enterpriseは、本認証を市場で初めて取得した完全 SD-WAN ソリューションです。 ICSA Labs は、IT 製品とネットワーク接続デバイスのセキュリティと健全性について第三者組織によるテストと認定を提供しています。世界のほとんどのトップ・テクノロジー・ベンダーの製品のコンプライアンス、信頼性、パフォーマンスを測定しています。

ICSA Labs: (リンク »)
Aruba EdgeConnect Enterprise: (リンク »)
ICSA Labs セキュア SD-WAN 認証: (リンク »)

ICSA Labs セキュリティ・プログラム・マネージャー、Jack Walsh 氏は次のように述べています。
「ICSA Labs セキュア SD-WAN認証試験では厳格なセキュリティ関連のテストと堅牢な SD-WAN機能性テスによって評価され、当該SD-WAN製品がセキュアで、WAN固有の機能およびセキュリティ機能に対し一貫したポリシーを適切に適用しているかを検証します。ICSA Labs セキュアSD-WAN認定テストで実行されるセキュリティ・テストは、当社の標準ICSA Labsファイアウォール認定の一つと同等です。ファイアウォール・テストと同様、ICSA Labsは、セキュア SD-WAN コンポーネントがステートフルであること、些細な DoS 攻撃の影響を受けないこと、既知の脅威に対してコンポーネント自体が免疫をもつること、各コンポーネントが構成済みセキュリティ・ポリシーを適切に適用していることをテストします。」

Aruba EdgeConnect Enterprise SD-WAN は、次世代ファイアウォール、IDS/IPS、DDoS の検出と修復など、包括的なセキュリティ・サービスをキャンパス、ブランチ、データセンター、クラウド等の各拠点に提供します。これら新機能により、EdgeConnect は、ブランチ拠点にある管理が困難な旧式の物理ファイアウォールに代わり、ネットワークのどの場所からでも、どのデバイスからでも、アプリケーションがホストされているすべての場所で、すべてのユーザーに一貫したセキュリティを提供します。EdgeConnect は、WAN上の複数の場所においてセキュアかつ予測可能な一貫したエクスペリエンスを確立したい企業に、強化された包括的なセキュリティ機能を提供します。


Aruba EdgeConnect SD-WAN は、ClearPass や Aruba Central NetConductor などのソリューションと組み合わせてアイデンティティベースおよびロールベースのアクセス制御とダイナミックセグメンテーションを提供します。これらはゼロトラストの基盤であり、SASEアーキテクチャを補完します。EdgeConnect SD-WANは、ビジネス・アプリケーションをクラウドに移行し、IoTデバイスの使用を拡大している企業が直面する、複雑なセキュリティ課題に対処します。IoTデバイスは、VPN クライアントやZTNA エージェントを実行できないため、SASEは、ユーザーとデバイスの可視化、認証、承認を組み込んだゼロトラスト・フレームワークで補完する必要があります。
ClearPass: (リンク »)
Aruba Central NetConductor: (リンク »)

Aruba エンジニアリング部門ヴァイス・プレジデント、Damon Ennis は次のように述べています。
「Aruba は、SD-WAN 市場においてICSA Labs セキュア SD-WAN認証を初めて取得した企業となったことを非常に誇りに思います。これにより、WAN 上でエッジからクラウドまでネットワークを接続・保護するAruba のネイティブ EdgeConnect Enterprise 高度SD-WANおよびセキュリティ機能の包括性が、信頼できる第三者組織によって証明されたことになります。こうした新しい機能は、Arubaの包括的なセキュリティ機能を強化し、お客様がネットワークやセキュリティ変革の一環としてSASEを導入し、ブランチやWANを横断するセキュリティ制御を実装する際に、柔軟性と信頼を提供します。

ICSA Labs セキュア SD-WAN 認定の詳細については、 (リンク ») にアクセスしてください。


##

※本プレスリリースは、米Aruba, a Hewlett Packard Enterprise companyが8月16日(現地時間)に発表したリリースを翻訳したものです。原文は、 (リンク ») をご参照ください。

Aruba, a Hewlett Packard Enterprise companyについて
Aruba, a Hewlett Packard Enterprise companyは、全世界のあらゆる規模の企業に次世代ネットワーク・ソリューションを提供する主要プロバイダです。モバイルに精通し、仕事やプライベートのあらゆる場面でクラウドベースのビジネス・アプリを活用する新世代の能力を企業が最大に引き出せるよう支援するITソリューションを提供しています。Arubaについての詳細は、 (リンク ») をご覧ください。また、Airheads Social( (リンク ») )では、モビリティとAruba製品に関する最新の技術的討論を覧いただけます。

© 2022 Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company
Aruba Networks®, Aruba The Mobile Edge Company® (stylized), Aruba Mobility-Defined Networks™, Aruba Mobility Management System®, People Move Networks Must Follow®, Mobile Edge Architecture®, RFProtect®, Green Island®, ETips®, ClientMatch®, Virtual Intranet Access™, ClearPass Access Management Systems™, Aruba Instant™, ArubaOS™, xSec™, ServiceEdge™, Aruba ClearPass Access Management System™, Airmesh™, AirWave™, Aruba Central™, ARUBA@WORK™を含むAruba Networksの商標はすべて登録済です。
その他の商標はすべて、それぞれの所有者の財産権です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]