統合主導型エンタープライズ自動化プラットフォーム「Workato」を販売開始

NTTデータ先端技術株式会社

From: Digital PR Platform

2022-10-12 15:00


NTTデータ先端技術株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:木谷 強、以下:NTTデータ先端技術)は、Workato Inc(以下:Workato社)と統合主導型エンタープライズ自動化プラットフォーム「Workato(読み:ワーカート)」の販売代理店契約を締結し、2022年10月より提供を開始します。
Workato社の「Workato」は、さまざまなクラウドサービス・オンプレミスシステムとの連携機能やワークフロー・自動化機能を提供します。また、自社内システムとの連携も可能であり、ITの知識がなくても使えるノーコード・ローコード開発にも対応するなど、全社での業務自動化を推進し、ビジネス変革・デジタルトランスフォーメーション(以下:DX)を支援します。
 
【背景】
 昨今、社内のさまざまな仕組みがデジタル化され効率化される一方で、ツールの多様化や散在する社内情報、煩雑な手続きなどによって従業員のストレス・負担が増加することが新たな課題となっています。また、企業は状況に応じた新しい働き方への変革やDXをより一層推進していくと想定されます。

 「Workato」は、豊富かつ多彩な連携機能とワークフロー機能を持つことで生産性が高く、負荷分散や冗長化の自動化等でメンテナンス・運用コストを削減することが可能なプラットフォームです。また、システム間連携が簡単にでき、接続システムの変更も柔軟に行えるため、さまざまなシステムを活用している企業では、「Workato」を活用することでさらなる業務効率の向上が見込めます。

 今回、NTTデータ先端技術はWorkato社と販売代理店契約を締結し、「Workato」のライセンス販売を行うほか、当社が強みとする技術サポート、導入支援、運用サポートを提供し、企業のビジネス改革・DX推進を支援します。また、当社が高い知見を有するアジャイル開発により、小規模な導入からスタートし、ビジネスアジリティの向上に寄与します。

 NTTデータ先端技術では、生産性向上や新しい働き方への最適化を目的に、「ServiceNowHR Service Delivery」を活用した従業員サービスポータルを構築するなど、全社的な業務効率化を推進しています。さらに「Workato」を活用することで、オンプレミスシステムやクラウドサービスとの連携が容易となり、業務の自動化・効率化などDXが加速できると考え、社内システムでの試行を進めております。

【「Workato」の概要】
 「Workato」は、さまざまなクラウドサービス・オンプレミスシステムとの連携機能やワークフロー・自動化機能を提供します。2021年 Gartner(R) エンタプライズiPaaS※1のMagic Quadrant(TM)レポートにおいてリーダーの1社に位置付けられています※2。サーバ調達や運用が不要で、負荷分散や冗長化を自動的に行う機能も備えています。そのため、スモールスタートし、段階的にスケールアップすることが非常に容易です。

■1,000本を超える強力なインテグレーション機能
 さまざまなエンタープライズアプリケーションとのコネクタ(API)を1,000本以上標準装備しており、短期間で効率的に導入可能です。Slack、Microsoft Teams、Workplace from Metaなどのコミュニケーションツールと連携でき、通常業務のなかでシームレスな自動化が可能です。
 また、オンプレミスシステムとセキュアに接続して、既存資産を活用した自動化の構築も可能です。

■コミュニティによる22万本以上の自動化プログラム活用
 ユーザコミュニティには22万本以上の自動化プログラム(レシピ)が公開されており、再利用することが可能です。レシピを活用することで、導入までの期間を短縮することができます。

■ローコード/ノーコードにより容易に利用可能
 シンプルで直感的に操作できるため、専門的なIT知識を持たないユーザーであっても、簡単な業務自動化を推進します。業務効率化のツールを導入する際に発生しがちな、導入までのコストを大きく抑えることができます。

■エンタープライズ利用でも安心なセキュリティ&ガバナンス
 さまざまな権限設定・アクセス制御に加え、利用状況やシステム稼働状況などを可視化することもできるため、エンタープライズレベルのセキュリティとガバナンスを確立します。


【今後について】
 NTTデータ先端技術は、引き続きNTTデータと連携してさまざまな企業のビジネス改革・DX推進のために本サービスを提供します。また、本サービス展開のみならず、今後NTTデータグループ間での連携を強化しながら、お客様にとって最適なDXを支援します。2025年までに、関連するソリューションやサービス含めて累計10億円の売り上げを目指します。

【注釈】
※1 iPaaS:Integration Platform as a Serviceの略。社内システムや・クラウドサービスを連携・統合・管理するサービス
※2 Gartner, Magic Quadrant for Enterprise Integration Platform as a Service, Eric Thoo, Keith Guttridge, Bindi Bhullar, Shameen Pillai, Abhishek Singh, 29 September 2021
*文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

Gartner免責事項
Gartnerは、Gartnerリサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。Gartnerリサーチの発行物は、Gartnerリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。GARTNERおよびMagic Quadrantは、Gartner Inc.または関連会社の米国およびその他の国における登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.

【本件に関するお問い合わせ先】
NTTデータ先端技術株式会社
ソフトウェアソリューション事業本部
営業推進部 営業担当
Tel:03-5843-6828
E-mail:sws-sales@intellilink.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]