NTTデータ先端技術、運用管理ソフト「Hinemos ver.7.1」を提供開始

ZDNET Japan Staff

2024-04-02 15:46

 NTTデータ先端技術は4月2日、統合運用管理ソフトウェアの最新版「Hinemos ver.7.1」を同月12日から提供すると発表した。新版では、クラウド管理機能の対応サービスに「Oracle Cloud Infrastructure」と「Google Cloud」を追加し、他製品からの移行支援ツール「Hinemos Migration Assistant」の提供も開始する。2025年度末までに1500本の販売を目指す。

 「Hinemos」は、オープンソースのシステム運用管理ソフトウェアである。システムの運用管理に必要な「収集・蓄積」「見える化・分析」「自動化」の機能をワンパッケージで提供する。運用管理業務の遂行に必要な機能間のシームレスな連携や製品の導入・維持管理を容易にし、運用のトータルコストの削減を実現する。Hinemos ver.7.1では、AIドリブン運用によるハイブリッドクラウド環境の運用自動化を推進する。

Hinemos ver.7.1の概要図 Hinemos ver.7.1の概要図
※クリックすると拡大画像が見られます

 新バージョンでは、「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」に加え、Oracle Cloud InfrastructureとGoogle Cloudに対応したクラウド管理機能をリリース。また、Hinemos自身の冗長化によりミッションクリティカルシステムの無停止運用をサポートするHinemosミッションクリティカル機能も提供する。

 Hinemos Migration Assistantは、システムの更改などで他の運用管理ソフトウェアからHinemosへ移行する際に設定を引き継ぎ、移行を容易にする。

 Hinemosメッセージフィルタ機能も強化された。これは、管理対象システムから発生する大量のメッセージに対し、不要なメッセージの抑制と関連メッセージの集約を行うことで、本質的なイベントへのフィルタリングを可能とするAIOpsの機能になる。今回は、指定するルールから直接Syslog、メール、HTTPリクエストの送信が可能になり、またHinemosのカレンダーを活用したルール指定などユーザビリティーを改善した。

 この他にも、動作OSとして「Oracle Linux 9」「Amazon Linux 2023」の追加や通信のTLS1.3対応などの改善が図られている。また、「Azure OpenAI Service」の生成AIサービスとの連携を強化し、生成AIをシステム運用に活用するAIドリブン運用により、運用自動化を推進するとしている。

Hinemos ver.7.1が提供する機能全体 Hinemos ver.7.1が提供する機能全体
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]