運用管理ソフト「Hinemos」で「ChatGPT」を用した運用自動化--NTTデータ先端技術が実証実験

ZDNET Japan Staff

2023-10-24 12:03

 NTTデータ先端技術は、オープンソースの統合運用管理ソフトウェア「Hinemos」で生成AIを用いた運用自動化・効率化を推進する実証実験を行う。実証期間は2023年12月31日まで。

 従来のシステム運用の現場では、大きく「品質面」「コスト面」「納期面」の3つの課題が顕在化していた。システムの運用現場では多くの作業を人力で対応していたため、参考となる過去の設計ナレッジやインシデント情報、ITシステムの稼働情報といった蓄積データがあるにもかかわらず、有効活用できていなかった。

 そこで同社は、生成AIを運用に使用し、蓄積データを最大限に活用するAI駆動型のシステム運用を行うことで、迅速性・生産性の向上を見込んでいる。

HinemosのAIドリブン運用の推進
HinemosのAIドリブン運用の推進

ChatGPTを活用してAIドリブン運用を実現

 第1弾として、運用自動化のインターフェースを生成AIベースで実現する実証実験を進める。

 Hinemosでは既に、システムから発生するイベントのうち対応不要なイベントをAIで判別し、その80%を削減した検証結果を得ている。しかし、この自動化アクションの判断ルールの定義には、運用者がロジックを実装する必要があったという。

 今回の実証では、「Azure OpenAI Service」上の「ChatGPT」を活用し、自動化アクションのイメージを自然言語でテキスト入力するだけで、生成AIが実行判断ルールを自動生成する運用自動化のインターフェースを開発する。

 これにより、効率的に自動化サイクルを回すなどの運用メンテナンスの負荷を低減できるかを検証する。イベントからの自動化アクションの実行判断をスムーズに行うことで運用自動化につながるとしている。

 11月に開催の「Hinemos World2023」で検証結果を発表予定。2024年4月をめどにChatGPTを活用した運用自動化インターフェースの製品化を目指し、2025年度末までに500本の販売目標を掲げる。

実証実験の概要
実証実験の概要

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]