アドビ、Adobe Photoshopに新たに追加した強力なコラボレーション機能とAI機能を発表

アドビ株式会社

From: PR TIMES

2022-10-18 22:24

・「レビュー用に共有」機能で手軽に誰とでもコラボレーションが可能に
・新しいAI機能によって詳細なオブジェクトの選択やプロのビジュアルエフェクトの追加といった複雑なタスクをワンクリックで簡素化
・Adobe Photoshop web版に新機能が追加され、ブラウザ上でパワフルな画像編集が可能に
・Adobe PhotoshopとAdobe LightroomのAI画像編集機能は、過去1年間で13億回以上の利用を記録




米国カリフォルニア州ロサンゼルス発:アドビ(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、世界最大のクリエイティブの祭典「Adobe MAX」において、Adobe Photoshopの新機能群を発表しました。これにより、世界で最も先進的な画像編集アプリケーションがさらに使いやすくスマートになり、コラボレーション機能が向上します。「レビュー用に共有」機能(ベータ版)により、ユーザーはAdobe Photoshopから離れることなく共同作業を便利に行うことができ、この新機能によりブラウザでの画像編集がより強力になりました。さらに、新機能群にはAdobe Photoshopの主要なデスクトップアプリケーションで、選択範囲の精度と品質を高める選択ツールの強化 や、ワン クリック アクションで画像内のオブジェクトを削除または塗りつぶしができる機能など、Adobe SenseiのAI機能が搭載された画期的な新機能が追加されています。

アドビのCreative Cloud担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CPO(最高製品責任者)のスコット ベルスキー(Scott Belsky)は次のように述べています。「誰もがクリエイターになれる世界において、アドビは、すべてのクリエイターが使用するプラットフォームやデバイスを問わず、Adobe Photoshop を活用できるよう、製品の進化に取り組んでいます。今年、私たちは、Adobe Photoshopをよりスマートに、より協力的にすることで、簡単にフィードバックを得て、より速く素晴らしい画像を作成できるようしました。」

コラボレーションを最優先事項に
デジタルエコノミー化が進む現在、シームレスなコラボレーションはクリエイティブ制作のワークフローに不可欠となりました。このたびAdobe Photoshopの新バージョンに「レビュー用に共有」機能が追加され、すべてのフィードバックの管理、反映を Adobe Photoshopアプリ内で完結でき、複数のユーザーによるコラボレーションが簡単に実現できるようになりました。

この新しい機能により、クリエイターはリンクを共有するだけで作品をシェアすることができます。コラボレーションに参加するユーザーは Adobe Creative Cloudをサブスクリプション契約することなく、ブラウザー上で直接プロジェクトをレビューし、コメントすることができます。クリエイターが関係者レビュー用に作品を共有する場合や、社内スタッフ間でコラボレーションする場合でも、「レビュー用に共有」機能は複数のデバイス間でコメントを同期させることで、オフィス、自宅、移動中などの場所を問わず、あらゆる場面で最適なコラボレーションを実現します。

マルチサーフェスエクスペリエンスの向上
Adobe Photoshopはインスピレーションが湧けばいつでも簡単に作品作りができる機能を進化させ、クリエイターがアプローチしやすい直感的なエクスペリエンスをデスクトップ、iPad、ブラウザすべてで場所や時間を問わず作業できる環境を提供します。iPadユーザーは、Adobe Photoshopのパワフルな「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能および背景の除去機能にワンタップでアクセスできるようになりました。AIを使って写真内の不要な要素を正確に置き換えることができるため、クリエイターや編集者は作業をスピードアップできます。

AIのイノベーションによってクリエイティブ制作がよりスピーディーかつ簡単でパワフルに
本日発表するAdobe Photoshopの新たなAI機能は、以下のとおりです。

・選択機能の向上:ワンクリックで複雑なオブジェクトのホバーリング、検出、詳細選択や、空、前景、被写体、髪などの要素を、詳細なエッジを維持しながら、より高品質で正確な選択が可能に
・ワンクリックで削除と塗りつぶし:Adobe Photoshop web版では画像からオブジェクトを選択して削除ができ、「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能で削除された領域を埋める作業も一度に完結
・ニューラルフィルター「写真を復元」(ベータ版)は、機械学習を利用して古い写真の傷やその他の小さな欠陥を検知して除去し、Adobe Photoshop web版のユーザーが古い写真や破損した写真を復元することを支援
・ワンクリックで背景を除去できる「背景の削除」をAdobe Photoshop web版で提供開始(ベータ版)
・マスキングとブラシもAdobe Photoshop web版(ベータ版)で利用できるようになり、webブラウザから精密な調整をより迅速かつ簡単に行えるように

Adobe PhotoshopとAdobe LightroomのAI画像編集機能の利用回数はこの1年で13億回を超えました。この画期的なツールは詳細なオブジェクトの選択、人物の表情の調整、ポートレートからシミの削除といった Adobe Photoshopでの日常的な作業を強化します。ニューラルフィルターやその他のAIベースの各機能が複雑な作業を簡略化し、時間のかかるプロセスを迅速に処理するため、 Adobe Photoshopユーザーは、大好きなクリエイティブ作業により多くの時間を費やせるようになります。

マルチサーフェスエクスペリエンスの向上
Adobe Photoshopはインスピレーションが湧けばいつでも簡単に作品作りができる機能を進化させ、クリエイターがアプローチしやすい直感的なエクスペリエンスをデスクトップ、iPad、ブラウザすべてで場所や時間を問わず作業できる環境を提供します。iPadユーザーは、Adobe Photoshopのパワフルな「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能および背景の除去機能にワンタップでアクセスできるようになりました。AIを使って写真内の不要な要素を正確に置き換えることができるため、クリエイターや編集者は作業をスピードアップできます。

※当資料は、2022年10月18日(米国太平洋時間)に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。


■「アドビ」について
アドビは、「世界を動かすデジタル体験を」をミッションとして、3つのクラウドソリューションで、優れた顧客体験を提供できるよう企業・個人のお客様を支援しています。Creative Cloud( (リンク ») )は、写真、デザイン、ビデオ、web、UXなどのための20以上の デスクトップアプリやモバイルアプリ、サービスを提供しています。Document Cloud( (リンク ») )では、デジタル文書の作成、編集、共有、スキャン、署名が簡単にでき、デバイスに関わらず文書のやり取りと共同作業が安全に行えます。Experience Cloud( (リンク ») )は、コンテンツ管理、パーソナライゼーション、データ分析、コマースに対し、顧客ロイヤルティおよび企業の長期的な成功を推進する優れた顧客体験の提供を支援しています。これら製品、サービスの多くで、アドビの人工知能(AI)と機械学習のプラットフォームであるAdobe Sensei( (リンク ») )を活用しています。

アドビ株式会社は米Adobe Inc.の日本法人です。日本市場においては、人々の創造性を解放するデジタルトランスフォーメーションを推進するため、「心、おどる、デジタル」というビジョンのもと、心にひびく、社会がつながる、幸せなデジタル社会の実現を目指します。

アドビに関する詳細な情報は、webサイト( (リンク ») )をご覧ください。

(C) 2022 Adobe. All rights reserved. Adobe, the Adobe logo, and Adobe Photoshop are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アドビ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]