アドビ、「AEP AI Assistant」の英語版を提供開始--製品関連の質問に素早く回答

大場みのり (編集部)

2024-06-10 12:22

 米Adobeは現地時間6月6日、2024年3月開催の「Adobe Summit」でプレビューとして公開された「Adobe Experience Platform(AEP) AI Assistant」英語版の一般提供(GA)を開始したと発表した。

 AEPは、顧客体験(CX)の向上を支援する基盤。必要なデータを収集・標準化し、顧客のプロファイルに変換することで、パーソナライズされた体験の提供を支援する。AEP AI Assistantにより企業は、組織全体に価値を提供できるという。

AEP AI Assistantの利用イメージ
AEP AI Assistantの利用イメージ

 AEP AI Assistantは、同社のデジタルマーケティング基盤「Adobe Experience Cloud」の複数アプリケーションに組み込まれ、技術的な質問への回答を提供し、タスクの自動化、結果のシミュレーション、新しいオーディエンスやカスタマージャーニーの生成を行う。

 これらの機能は「Generative Experience Models」で実現される。同モデルは、企業独自のデータ、キャンペーン、オーディエンス、ビジネスゴールに基づき、Adobe製品に関する知識とインサイト(洞察)を取得する。AEP AI Assistantの機能は以下の通り。

  • ソリューションの専門知識:AEP AI Assistantは、幅広い運用タスクを実行し、ユーザーが置かれた状況や製品利用経験を問わず、問題の探索と解決に費やす時間を短縮するインサイトを提供する。
  •  例えば、同アシスタントにより実務担当者は「オーディエンスセグメントを構築するには、どうすればよいか」「アイデンティティーマップとは何か」などの製品に関連した質問をすると、AEP AI Assistantからすぐに回答を得られる。不慣れなシナリオの素早いトラブルシューティングも可能で、サポートチケットを利用せずに済む。ユーザーは、「私が作成したセグメントはどれぐらいの頻度で使用されているか」といった質問をするだけで、クエリーを実行することなく、データセット、オーディエンス、カスタマージャーニーに関する運用インサイトも得られる。

  • コンテンツ生成と自動化:顧客企業は、AEP AI Assistantを用いた新しいCXの提供に加え、パーソナライズキャンペーンの対象者やデータ分析の可視化まで、あらゆるものを生成できるようになる。画像生成AIツール「Adobe Firefly」を使用したコピー、デザイン、画像付きの電子メールやウェブページといったマーケティングアセット自体の生成も含み、ユーザーは試行錯誤が可能である。
  •  AEP AI Assistantは、PDF、スライド資料、「Word」文書などの既存アセットからコンテンツ制作を加速させるクリエーティブブリーフ(クリエーティブ要件を定義する資料)の自動生成も可能。同アシスタントは、データセグメントをフォルダに整理したり、AIが生成したコンテンツがブランド基準を満たしていることを確認したりする面倒な作業の削減を支援する。

  • 予測インサイトとレコメンデーション:AEP AI Assistantに今後搭載される機能により、担当者はマーケティング施策結果を事前にシミュレーション・最適化できるようになり、短納期で的確なマーケティング活動が可能になるという。
  •  ユーザーは「このセグメントからどの程度のコンバージョンが期待されるか」「セグメントフィルターを追加した場合、コンバージョンはどのように変化するか」といった複雑な質問に数秒で回答する予測インサイトを利用できる。加えてAEP AI Assistantは、特定の顧客層を対象としたプロモーションオファーなど適切なアクションをレコメンドし、コンバージョン率の向上に寄与するという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]