アドビ、Figma買収を断念--欧州当局の承認を得られないと判断

ZDNET Japan Staff

2023-12-19 12:06

 AdobeとFigmaは米国時間12月18日、2022年9月に発表したAdobeによるFigmaの買収契約を解消することで合意した。この買収計画では、AdobeがFigmaを現金と株式を組み合わせて200億ドル(約2兆9000億円)で買収する予定だったが、両社は欧州委員会と英競争・市場庁から買収成立に必要な承認を得る道筋がないとの見解で合意し、取引を終了するという。

Adobeのロゴ
提供:Budrul Chukrut/Getty Images

 Adobeの最高経営責任者(CEO)Shantanu Narayen氏は、買収断念を発表したプレスリリースで、規制当局の調査結果には反対するものの、両社がそれぞれ独立して前に進むことが互いの最善の利益になるとコメントした。

 欧州委員会は、現地時間11月17日にAdobeのFigmaの買収に反対する予備的な見解を発表している。声明では、反対理由として、Figmaはコラボレーションデザインツールの明確な市場リーダーであり、Adobeがその最大の競合相手であることから、買収によって同市場の支配的企業が誕生してしまう可能性があることや、AdobeがFigmaと競合する自社製品を廃止することで「逆キラー買収」になる可能性があること、FigmaはAdobeが得意とする画像編集ツール市場の潜在的な競合相手であり、Adobeのこの市場における支配力が強化されてしまう恐れがあることなどを挙げていた。

 両社は未解決事項を解決する解除契約に署名した。AdobeはFigmaに対して、事前に合意していた解約手数料を支払う。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]