運用負荷をかけずにゼロデイ攻撃への対策を可能にする 脅威情報連携サービス“脅威インテリジェンスプラットフォーム”の提供を開始~第一弾としてFortiGate向けにリリース~

キヤノンITソリューションズ株式会社

From: PR TIMES

2023-02-21 13:16

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役
社長:金澤 明、以下キヤノンITS)は、複数の企業や団体が提供する脅威情報をお客さまに配信することでゼロデイ攻撃対策が可能なサービス“脅威インテリジェンスプラットフォーム”を2023年2月21日(火)より提供開始します。




情報システムの利便性が増すとともにサイバー攻撃は多様化や高度化が進んでおり、情報漏えいや業務停止の被害を伴う事件が後を絶ちません。中でも製品ベンダーが未対応の脆弱性を狙った攻撃である「ゼロデイ攻撃」は非常に活発になってきており、企業は迅速な対策導入が求められています。

ゼロデイ攻撃に対応するには、使用している製品のベンダーが提供するセキュリティパッチによる対策だけではなく、製品ベンダー以外の企業や団体が公開している“脅威情報”も取り入れた対策が有効です。これらの脅威情報は、配信サービスを利用することで収集できますが、高額なことや高度なセキュリティ知識が必要なことが多く、中堅・中小企業での利用は進んでいませんでした。

このような課題を解決すべく、キヤノンITSは中堅・中小企業でも手軽に脅威情報を利用し、最新の脆弱性攻撃に迅速な対応が可能となるサービス“脅威インテリジェンスプラットフォーム”の提供を開始します。

■“脅威インテリジェンスプラットフォーム”の概要

このサービスは、脅威情報連携サービスのグローバルエキスパートカンパニーであるAnomali合同会社(以下、Anomali社)のサービスを利用し、当社がお客さまに必要となる脅威情報を選別、使用中の製品に適用可能なデータに加工したうえで提供いたします。本サービスを利用することで、お客さまの製品は新たな脅威情報を狙った攻撃にいち早く対応可能になります。
[画像: (リンク ») ]



■“脅威インテリジェンスプラットフォーム”の特長

1)脅威情報の連携
Anomali社のクラウド基盤で収集した最新かつグローバルの脅威情報をお客さまが使用中の製品に連携します。
2)運用負荷の低減
脅威情報連携は定期的かつ自動で実施するため、お客さまの運用負荷を抑えます。

キヤノンITSは、“脅威インテリジェンスプラットフォーム”により、サイバー攻撃に対して不安を感じているお客さまへ、「安心」を提供します。フォーティネットジャパン合同会社のUTM製品である「FortiGate」を対象製品としてスタートし、順次対象製品を増やしてまいります。
5年後までに45,000社への導入をめざし、国内の脅威情報連携市場におけるシェアの拡大をはかります。

※本文中に記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。


[表1: (リンク ») ]


※最低契約期間は1年です。

■“脅威インテリジェンスプラットフォーム”リリース記念ウェビナーについて

本サービスのリリースを記念してウェビナーを開催します。基調講演にAnomali社を迎え、最新のセキュリティ動向を解説するとともに、脅威情報を活用したセキュリティ対策の効果と脅威インテリジェンスプラットフォームを紹介します。
□日時:2023年3月15日(水)11:00~12:00
□申し込み:以下のサイトよりお申し込みください。
(リンク »)

■Anomali社 概要

Anomaliは、セキュリティ運用の近代化と拡張のリーダーであり、画期的なレベルのセキュリティ可視性とインテリジェンス主導型の脅威検知・対応を提供します。Anomali プラットフォームは、SIEM、SOAR、XDRなど既存のセキュリティ管理ツールを統合して可視性を高め、攻撃を阻止するための実用的なコンテキストでそれらを強化することができます。Anomaliは、自動化されたプロセスでセキュリティの有効性を高めると同時にコスト削減も実現し、お客さまやパートナーのSOCプラットフォームの変革を支援します。クラウドネイティブ、マルチクラウド、オンプレミス、ハイブリッドなどあらゆる環境に対応した本ソリューションは、ビッグデータを扱う世界最大規模のグローバルインテリジェンスリポジトリを誇っています。2013年に設立されたAnomaliは、グローバルB2B企業、大規模公共機関、ISAC、ISAO、サービスプロバイダー、グローバル1000等様々な顧客にサービスを提供し、世界の重要インフラ、企業、人々の安全確保を支援しています。またGoogle Ventures、General Catalyst、IVPなどの一流ベンチャー企業がAnomaliを支援しています。詳しくは (リンク ») をご覧ください。

[表2: (リンク ») ]



■Anomali社からのエンドースメント

Anomaliは、ビッグデータ、無制限のテレメトリ、グローバルインテリジェンスを活用した脅威インテリジェンスプラットフォームのリリースを歓迎いたします。このサービスは投資対効果が高く、高リスクで予測不能なサイバー脅威が蔓延している現代において、中小企業の脅威検知能力とインシデント対応能力の大幅な向上に寄与出来ると確信しています。キヤノンITソリューションズ様とのパートナーシップを今後も強化し、中小企業のセキュリティ基盤の強化をさらに支援していきます。
Anomali合同会社
CEO
Ahmed Rubaie(アーマッド・ルービー)

● 一般の方のお問い合わせ先:ITサービス営業本部 ITサービス事業企画部 03-6701-3513(直通)
●脅威インテリジェンスプラットフォームホームページ: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]