OWASP Top 10 API セキュリティリスク:2023年版

バラクーダネットワークスジャパンは、コラム「OWASP Top 10 API セキュリティリスク:2023年版」を公開しました。

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2023-03-31 10:00

# # #
2023年3月17日、Paul Dughi

OWASP API セキュリティプロジェクトは、2023年の API セキュリティリスクトップ 10 を更新しています。2019年以来の更新で、新しいリストではこれまでと同じリスクもあれば、新しく追加されたものも、削除されたものもあります。たとえば、ロギングとモニタリング、インジェクションは、依然として重要な要因ではあるものの、トップ 10 には入っていません。新たに加わったもののなかには、SSRF(サーバーサイドリクエストフォージェリー)や API の安全でない利用があります。

現時点で、リストはまだ確定していませんが、OWASP のGithubサイトで公開されており、レビューやコメントが可能です。今のところ、2023 年版リストの項目は以下の通りです。

この続きは以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]