Digi WAN Bondingを発表、ギガビットインターネット速度と接続信頼性向上の一体化を実現

アドオンの付加価値サービスは、エンタープライズ、インダストリアル、輸送に不可欠なIoT配備に超高速、高い信頼性と費用対効果の接続を提供

ディジ インターナショナル株式会社

2023-04-19 18:20

IoT(Internet of Things)コネクティビティ製品・サービスプロバイダであるDigi International社 (本社・米国、NASDAQ:DGII)はこのほど、ネットワークパフォーマンスを劇的に高める真のギガビット速度を実現する最新の付加価値サービス「Digi WAN Bonding」のリリースを発表しました。Digiのテクノロジースタックに統合されたこのソリューションは、エンタープライズ、インダストリアル、輸送分野のカスタマにインターネットの信頼性を大幅に向上させ、帯域幅を拡大します。

業界をリードするIoTデバイスおよびネットワーク管理プラットフォームであるDigi Remote Manager(Digi RM)の付加価値サービスとして提供されるDigi WAN Bondingは、Digiの高性能なLinuxベースOS、Digi Accelerated Linux(DAL)OSのエッジインテリジェンスを活用します。Digiデバイス上でDAL OSを実行しているカスタマは、複数のWAN接続の結束することを一元的に構成、配備、管理できます。このWANの集合は、スループット速度の向上、WANスムージング、パケット冗長化、インターネットの常時接続のためのシームレスなフェイルオーバーの洗練された組合せを提供します。

Digi WAN Bondingは、次の4つの主要なメリットをもたらします。
・帯域幅の拡大……複数の接続を組み合わせることで、ビデオストリーミングやファイル共有において、単一接続よりも高い総帯域幅を提供します。
・速度の向上……さらに、複数のWANリンクを組み合わせることで、1台または複数台の機器を最大1Gbpsまで高速化します。
・信頼性の向上……結合された通信チャネルの信頼性を向上させます。1つの接続に障害が発生しても、他の接続が引き続きサービスを提供します。
・コスト削減……WANボンディングを利用することで、複数接続時の月額料金を安く抑えることができるなど、コスト削減も期待できます。

ネットワークパフォーマンスの向上は、データ集約型アプリケーションに優れた速度と復元力を必要とする組織にとって非常に有益です。例えば、複数のメディアディスプレイへのビデオストリーミング、車載カメラ、ビデオ会議などです。このサービスは、ホットフェイルオーバ保護をカスタマに提供することで、一方のWAN接続に障害が発生しても、もう一方の接続が引き継ぐため、ネットワークのダウンタイムを最小限に抑えることができます。また、Digi WAN Bondingは、複数のISPを利用することができるため、価格設定の交渉や特定のニーズに最適なプロバイダの確保により、コスト削減を実現できます。

「世界中の組織が、ネットワーク速度と信頼性を高める方法を常に模索しています。帯域幅結合技術をDigiのDAL OSとDigi Remote Managerに完全に統合することで、クリティカルな運用をネットワーク依存している企業に、彼らが望んでいる超高速で信頼性の高いネットワークパフォーマンスと費用対効果の高い接続を提供できます」と、Digi International のプロダクトマネジメント担当副社長であるキナナ・フセインは述べています。

Digi WAN Bondingは、Bondix Intelligence社と共同で開発され、他のWANボンディングサービスの最大速度が200Mbpsであるのに対し、最大1ギガビット/秒のスループットを可能にするという点が独特です。

「Bondixは、Digiと提携してBondix S.A.NEテクノロジをDigi Remote Managerのアドオンサービスとして展開できることを嬉しく思っています。このコラボレーションにより、WANアグリゲーションが簡素化され、WANボンディングのミッションクリティカルな機能が、それを必要とする人々の手に渡り、必要な時に必要な場所で、より高速で優れた信頼性の高いコネクティビティを提供することが可能になります」と、Bondix Intelligenceのセールスおよびビジネス開発担当ディレクタであるマーティン・サントナーは述べています。

S.A.NEは、Simple Aggregation of Networksの略で、Bondix Intelligence社の独自設計によるソフトウェアであり、モバイルや固定型での音声、映像、データ通信の接続を保証します。

詳細については、 (リンク ») をご参照ください。

このプレスリリースの付帯情報

Digi WAN Bonding

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]