使用済みプラスチックを原料とした、油化ケミカルリサイクル商業生産設備への投資決定について

出光興産株式会社

From: PR TIMES

2023-04-20 17:16

-環境エネルギー株式会社と合弁会社「ケミカルリサイクル・ジャパン株式会社」を設立-

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木藤 俊一、以下「 当社」)は、当社千葉事業所(所在地:千葉県市原市、所長:秋谷 博志)隣接エリアにおける使用済みプラスチックを原料とした油化ケミカルリサイクル商業生産設備(使用済みプラスチック処理能力:2万t/年)への投資を決定しました。2025年度の商業運転開始を目指します。
併せて、共同で油化装置の技術確立に取り組んできた環境エネルギー株式会社(本社:広島県福山市、代表取締役:野田 修嗣)と、使用済みプラスチックを原料とした生成油の生産を行う合弁会社「ケミカルリサイクル・ジャパン株式会社」を2023年4月に設立します。
当事業を通じて、2050年カーボンニュートラルおよび循環型社会の実現に向けて取り組んでまいります。



[画像1: (リンク ») ]

近年、海洋プラスチックごみ問題、気候変動問題、諸外国の廃棄物輸入規制強化などへの対応が推進されていることに加え、「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が施行されるなど、プラスチックの資源循環を一層促進する重要性や社会的ニーズが高まっています。
国内では、約820万トン/年の使用済みプラスチックのうち、再生品への利用は約2割に留まっています。5割以上の使用済みプラスチックは再生利用が困難であることから、サーマルリサイクルとして焼却され、大量のCO2が排出されているのが実情です。この課題へのソリューションの一つとして、従来にない革新的なケミカルリサイクル技術が求められています。

当事業では、回収した使用済みプラスチックから、新たに設立するケミカルリサイクル・ジャパンが独自技術を用いて生成油を生産し、原油に替わる原料として、当社の既存設備である石油精製装置および石油化学装置にて精製・分解・重合して「リニューアブル化学品」を生産します。最終的にはこのリニューアブル化学品を原料として、新たなプラスチック製品がプラスチック製品製造会社などで生産されます。

従来はゴミとして焼却されていたプラスチックを再び貴重な資源として再利用することで、循環型社会の実現とCO2削減に貢献することが当事業の目的です。当事業は、長年化石燃料を取り扱い、化石資源由来のプラスチック製造に深く関わってきた当社が責任をもって取り組むべき事業であるとともに、石油精製と石油化学の両事業を展開してきた当社ならではの強みを活かせる事業だと考えています。
千葉事業所エリアにおける当事業モデルの確立後は、国内各地の当社グループ製油所・事業所へ油化装置の設置を行い、全国の使用済みプラスチックを対象としたより大規模な事業展開を進めてまいります。

当社は 2050 年カーボンニュートラル社会の実現に向け、2030 年ビジョン「責任ある変革者」、2050 年ビジョン「変革をカタチに」を掲げています。昨年11 月に発表した中期経営計画(対象年度:2023~2025 年度)では、下記の「3つの事業領域」の社会実装を通して「人々の暮らしを支える責任」と 「未来の地球環境を守る責任」を果たしていくことを表明しました。
[画像2: (リンク ») ]

当事業は3つの事業領域のうち「多様な省資源・資源循環ソリューション」の社会実装に向けた重要な取り組みと位置付けています。


■新会社の概要
・社名:ケミカルリサイクル・ジャパン株式会社
・代表者:岡村 仁彦(出光興産株式会社から出向)
・本社:東京都中央区新富一丁目18番8号 RBM築地スクエア6階
・工場:出光興産株式会社 千葉事業所隣接エリア
・使用済みプラスチック処理能力:2万t/年
・生産開始時期:2025年度

■各社の役割
・ケミカルリサイクル・ジャパン株式会社:油化装置の建設、生成油の製造販売
・出光興産株式会社:生成油の引取、リニューアブル化学品・燃料油の製造販売
・テラレムグループ株式会社※、前田産業株式会社:使用済みプラスチックの調達
 ※株式会社市川環境ホールディングスより商号変更。

■ご参考
千葉事業所で国内初の混合プラスチックを含む廃プラスチックリサイクルの実証検討を開始
(リンク »)

使用済みプラスチックリサイクル事業化に向けた基本設計を開始
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]