FREYR、Siemens Xceleratorでバッテリーセルのギガファクトリーの生産規模拡大へ

シーメンス株式会社

From: PR TIMES

2023-04-25 16:16

・シーメンスとFREYR Battery社(以下、「FREYR」)、大規模かつサステナブルなバッテリー生産で協業。オープンなデジタルビジネスプラットフォームであるSiemens Xceleratorの新たな導入事例に
・FREYRは、ノルウェーと米国で計画されているギガファクトリーの設計と運営に、シーメンスのIndustrial Operations Xソフトウェアおよびハードウェアを搭載したSiemens Xcelerator製品ポートフォリオを使用
・シーメンス、NVIDIA、およびAWSが現実世界とデジタル世界を融合させ、FREYRギガファクトリーの没入型産業用メタバース体験を実現



シーメンスとFREYRは、本日、ハノーバー・メッセで戦略的パートナーシップを発表しました。シーメンスは、オートメーションとデジタル化技術においてFREYRの優先サプライヤーとなり、FREYRの生産規模拡大、ならびに工場とエネルギーの効率最大化を実現します。

[画像: (リンク ») ]

シーメンスの技術でバッテリー生産の規模を拡大
FREYRは、ノルウェーと米国で計画しているギガファクトリーに、シーメンスが有する業界最高水準のIndustrial Operations X製品ポートフォリオを導入する予定です。Industrial Operations Xは、産業オペレーション向けの幅広い製品群とサービスにより、新しい基準を確立するもので、統合された情報技術(IT)によってオペレーショナル・テクノロジー(OT)を強化します。
シーメンスとFREYRは、生産設計、計画、シミュレーション、製品設計、およびシミュレーションから生産工程全体のオートメーションまで、バッテリーの設計と製造の全工程で提携します。シーメンスは、Siemens Xcelerator製品ポートフォリオが有する幅広いソリューションを提供する予定で、製品ライフサイクル管理(PLM)、製造実行システム(MES)、Industrial Edgeコンピューティング、およびIT/OT接続のためのツールがこれに含まれます。

FREYR は、Industrial Operations X を活用することで、設計と製造をより緊密に結びつけ、生産のスケールアップを図れるようになります。これにより、FREYRが計画しているギガファクトリーへの進出が加速し、高性能で低価格なEV用バッテリーソリューションやエネルギー貯蔵システムの供給体制が整備され、それによって自動車産業や電力供給の変革が加速します。

FREYR社のトム・アイナー・ジェンセン共同創業者兼CEOは、「シーメンスは、当社同様、サステナブルで効率的なバッテリーソリューションを大規模かつ迅速に開発するという志を抱いており、このようなグローバル企業と提携できることを光栄に思います。当社はこれから、世界をリードするシーメンスのオートメーションとデジタル化の専門知識と、AWSとNVIDIAの独自な機能とを組み合わせ、当社のバッテリー設計と製造プロセスで活用してまいります。これにより、世界のバッテリー需要の増加に対応できるものと期待しております。AIやデジタル技術を駆使した電気化学セルの設計と製造プロセスは、バッテリー生産における次のフロンティアであり、今回の取り組みはこれに向けた礎となるものです」と述べています。

シーメンスは、急成長するバッテリー市場で技術的リーダーシップを強化
この戦略的合意により、シーメンスはバッテリー製造業界において事業拠点を拡大することになります。シーメンスは最近、大手企業と複数のパートナーシップ契約を締結しておりますが、このことは、ダイナミックで急成長するこの市場において深い分野ノウハウを有していることを実証するものです。

シーメンスAGのセドリック・ナイケ取締役兼デジタルインダストリーズCEOは、「スピード、スケール、そしてサステナビリティ、これが、バッテリーメーカーに求められていることです。そしてこれこそが、シーメンスが他社に抜きん出てお客様に提供できるものです。今回の提携は、プライムパートナーとしての当社の地位を世界中のバッテリーメーカーにアピールするものです」と述べています。

両社間の戦略的パートナーシップ( (リンク ») )の一環として、シーメンスとNVIDIAは、ハノーバー・メッセ向けに展示物を制作し、変革を巻き起こす産業用メタバースの潜在力をハイライトしています。この展示では、AWS IoT TwinMakerを使用して作成された次世代FREYR工場のクラウドベースのデジタル・ツインを、NVIDIA Omniverse ( (リンク ») )プラットフォームで構築されたシーメンスのカスタム・アプリケーションで実演しており、FREYRなどの企業が、製品、生産、サービスのライフサイクルにわたり、現実に限りなく近い没入型の環境で包括的なデジタル・ツインと視覚的に対話し、体験、および活用することによって、技術的な意思決定をより良く、そしてより速く行う様子を紹介しています。このモデルでは、工場の稼働データ、建物、工場、機械、および設備の3D定義、人間工学と安全情報、詳細な生産工程、ロボットや自動搬送車、そして製品や生産のシミュレーションを統合しています。展示では、今後予定しているSiemens XceleratorとNVIDIA Omniverseプラットフォーム間の統合を紹介しています。

NVIDIAでOmniverseおよびシミュレーション技術を統括するレブ・ルバレディアン副社長は、「産業オートメーションとデジタル・ツイン技術におけるシーメンスの技術力とNVIDIAのAIコンピューティングおよびOmniverseの力を組み合わせることで、FREYRなどの企業が、産業用メタバースが持つ利点を最大限に活用することができます。今回、Siemens XceleratorとNVIDIAの Omniverseプラットフォームが新たにつながることにより、全世界のメーカーがデジタル化とAI対応オートメーションの新たな段階に到達し、効率、俊敏性、およびイノベーションをさらに加速することになるでしょう」と述べています。

AWSでエンジニアリング部門を統括するビル・ヴァス副社長は、「シーメンスとAWSが協力することで、産業部門のお客様は、Siemens Xceleratorと、AWS IoT TwinMakerを始めとする業界最先端のAWSのクラウドサービスを利用して、製造関連の新たな知見を見出し、オートメーション、およびネットワーク接続型のサービスを実現しやすくなります。クラウドと仮想化技術の新しい活用法を見出して、電気自動車のバッテリー生産のような現実世界の問題を解決するようなときには、シーメンスのようなリーダーと連携することで、あらゆる規模の企業は、産業部門の複雑さを競争優位性へと変えるためのサポートが得られるでしょう」と述べています。

シーメンスとFREYRが共同で、資金調達の選択肢とバリューチェーン拡大を探る
FREYRは現在、Giga Arcticプロジェクトのための資金調達とGiga Americaの資本増強を実施中です。FREYRとシーメンスの合意事項の中には、従来の顧客とサプライヤーの関係にとどまらず、シーメンス・フィナンシャル・サービスを通じた資金調達や、バッテリーセルの長期供給契約の可能性に関する協議も盛り込まれる予定です。

今年初め、シーメンスとFREYRは、キャタピラー、グレンコア、および日本電産と共同で戦略的提携関係を構築し、欧州、北米、さらにはその他の地域において、サステナブルなバッテリー・ソリューションの拡大を図る意向であることを発表しています。本日発表した戦略的パートナーシップにより、シーメンスとFREYRは、バッテリー製造のバリューチェーン全体の最適化に向けて、さらなる前進を遂げることになります。

【参考資料】
本資料はシーメンスAG(ドイツ・ミュンヘン)が2023年4月17日(現地時間)に発表したプレスリリースを日本語に抄訳したものです。本資料の正式言語はドイツ語・英語であり、その内容および解釈については両言語が優先します。原文プレスリリースおよび関連資料は以下の URL よりご覧いただけます(英文)。 (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]