OWASP Top 10 APIセキュリティリスク:壊れたオブジェクトレベル認可

バラクーダネットワークスジャパンは、コラム「 OWASP Top 10 APIセキュリティリスク:壊れたオブジェクトレベル認可」を公開しました。

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2023-04-28 20:00

###
2023年4月12日、Paul Dughi

2023年のリストはまだ確定していませんが、Open Worldwide Application Security Project® (OWASP) のGithubサイトでは、API セキュリティリスク TOP 10 をすべて確認し、コメントすることができます。リストのNo.1リスクは、壊れたオブジェクトレベル認可(BOLA、broken object level authorization)です。

BOLA は、脅威アクターが本来ならば制限されるべきデータオブジェクトのリクエストに成功した場合に発生します。

攻撃ベクトル
攻撃者は、リクエストに含まれるオブジェクトのIDを操作してAPI エンドポイントを悪用し、API を騙して機密データや保護データを返させます。BOLA は、サーバーコンポーネントがクライアントの状態を完全に把握しておらず、どのオブジェクトにアクセスすべきかをオブジェクト ID に依存しているようなアプリケーションで発生する可能性があります。



この続きは、以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]