マクニカ、ヘッドウォータースとの協業により、NVIDIA® Jetson™を利用したエッジAIの企画から運用まで包括的サポートを提供

~NVIDIA Jetsonのエコシステムを強化し、エッジAI導入プロジェクトを支援~

株式会社マクニカ

2023-06-01 10:00

半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス・ソリューションプロバイダーの株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、以下マクニカ)クラビス カンパニーは、AIソリューション事業を手掛ける株式会社ヘッドウォータース(本社:東京都新宿区、代表取締役:篠田 庸介、以下ヘッドウォータース)との協業により、NVIDIA® Jetson™を利用したエッジAIの企画から運用まで包括的サポートを提供することを本日発表いたします。
■エッジAI普及の課題
 Society 5.0の実現に向けて、AI/IoTの社会実装に向けた取り組みが加速しています。そのような中、IoT端末で取得したデータをクラウドのAIで処理する方式は、遅延や情報セキュリティの観点において懸念があることから、GPUを用いたエッジAIの活用が不可欠になっています。一方、リテールやスマートシティにおいて実証実験が盛んに行われていますが、大規模導入に伴う実運用フェーズでは多数のエッジAI端末の運用管理に大きな負荷を伴うことから、社会実装が広がらない現状があります。また、このような課題を持つ企業に対して、GPUと運用管理ソフトウェアを包括的にサポートできる企業が限られていることも、エッジAIの普及を阻む一つの要因とも考えられています。

■マクニカとヘッドウォータースの協業によるエッジAI導入・運用の包括的サポート
 マクニカは、NVIDIAの正規代理店として様々なお客様のGPU導入を支援しており、GPU/ハードウェアに関する高い技術力とGPU活用のエコシステムを持っています。これら独自の強みを活かしたサポートを提供することにより、お客様のエッジAI導入プロジェクトにおいて、おもにJetsonを搭載したハードウェアの導入を支援しています。また、AIソリューション事業を展開するヘッドウォータースは、ソフトウェアのエンジニアリングに強みをもち、Jetsonに標準対応したエッジAIデバイス管理ソリューション「SyncLect Edge AI DMS*」を提供しています。
そこで、この度の協業により、顧客のプロジェクトごとに最適な推進体制を構築しエッジAIに関わるプロジェクトの企画から運用までプロセス全体で切れ目のない包括的なサポートを提供することで、PoCから先のフェーズへ移行する際に起こる大規模運用の課題を解決し、エッジAIの実運用を検討するお客様がプロジェクトを最短で成功できるよう支援します。


*:「SyncLect Edge AI DMS」の特長
広域に大量設置したデバイスを遠隔モニタリングで一元管理することによって、スマートストアやスマートビルディング、スマートファクトリーを展開する企業のデバイス管理業務に対する負荷軽減と効率化を実現する、高性能かつセキュアなソリューションです。
・最新のNVIDIA® Jetson Orin™を含む、すべてのJetsonシリーズに対応
・FOTA(Firmware Over-the-Air)による、複数のエッジデバイスの自動ソフトウェアアップデート
・エッジデバイスのモニタリング機能
・エッジAIカメラキャリブレーション機能
・高い拡張性(VPN接続、Microsoft365アカウント連携、PowerBI連携)
・日本語表示のWeb管理画面による高いユーザビリティ


 マクニカとヘッドウォータースはこの協業を通して、目前に迫る2030年のSociety 5.0が具体化された社会の実現に向けてAIの社会実装を支援いたします。

 ヘッドウォータース 代表取締役 篠田 庸介様は次のように述べています。
 「今後、小売店舗や工場のスマート化を実現するためには、NVIDIA社が提供する様々な高性能のGPU活用が必須となります。また、各業界におけるスマート化プロジェクトを円滑に進めるには、センサーやデバイスの一括管理、安定した供給など、様々なノウハウや高度な技術力が必要です。GPU/ハードウェアに関する高い技術力や運用基盤を有しており、グローバルでも実績があるマクニカ社と協業することで、当社のエッジAIデバイス管理ソリューションを更に強化し、社会のスマート化を加速的に推進いたします。」

 株式会社マクニカ クラビス カンパニー プレジデント 伊藤 啓介は次のように述べています。
 「当社は、NVIDIA社の正規代理店としてお客様のAIに関する様々な課題解決に取り組んでまいりました。この度のヘッドウォータース社との協業により、お客様のエッジAI実運用に向けた取り組みをさらに後押しできることを確信しています。」

本ソリューションの詳細はこちらをご覧ください
(リンク »)

【本件に関するお問合せ先はこちら】
株式会社マクニカ クラビス カンパニー NVIDIA製品担当
Tel:045-470-9821
e-Mail:clvinfo@macnica.co.jp

※本文中に記載の社名及び製品名は、株式会社マクニカおよび各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご承知ください。


株式会社ヘッドウォータースについて
会社名:株式会社ヘッドウォータース
所在地:〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4階
代表者:代表取締役 篠田 庸介
設立 :2005年11月
URL: (リンク »)

株式会社マクニカについて
マクニカは、1972 年の設立以来、最先端の半導体、電子デバイス、ネットワーク、サイバーセキュリティ商品に技術的付加価値を加えて提供してきました。従来からの強みであるグローバルにおける最先端テクノロジーのソーシング力と技術企画力をベースに、AI/IoT、自動運転、ロボットなどの分野で新たなビジネスを展開しています。「Co.Tomorrowing」をスローガンに、最先端のテクノロジーとマクニカが持つインテリジェンスをつなぎ、ユニークなサービス・ソリューションを提供する存在として、社会的価値を生み出し未来社会の発展へ貢献していきます。当社は、横浜に本社を構え、世界23か国/地域81拠点をベースにグローバルなビジネスを展開しています。詳細はWebサイト( (リンク ») )をご覧ください。

<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
株式会社マクニカ   (リンク »)
広報室 宮原 e-Mail:macpr@macnica.co.jp
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル

このプレスリリースの付帯情報

NVIDIA「SyncLect Edge AI DMS」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]