【310人に調査】2人に1人が異業種からコンサル業界に転職!コンサル業界への転職のコツとは?

ユニークキャリア株式会社

2023-06-06 14:00

ユニークキャリア株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:岸田佳祐、HP:https://1dau.co.jp)は、コンサル業界経験者310人に「コンサル業界転職に関するアンケート調査」を実施しました。 詳細はこちら(URL https://1dau.co.jp/consultant-agent/#reserch)
【調査の概要】
調査対象:コンサル業界経験者310人
調査期間:2023年05月23日 ~ 2023年05月25日
調査機関:自社調査
調査方法:Freeasy( (リンク ») )を使用したインターネット調査

 

コンサル業界で働いたことのある310人に、コンサル業界への転職経験を聞いたところ、約8割の人が転職経験があると回答しました。さらに、2人に1人は異業種からコンサル業界に転職しています。
そのため、必ずしも新卒からコンサル業界に入っておく必要があるわけではなく、異業種を経験しているという経歴もコンサル業界では高く評価される指標であることが分かります。

・コンサル業界を志望した理由は「年収アップのため」が1位に

次に、コンサル業界を志望した理由を聞いたところ、第1位が「年収アップのため」という回答になりました。コンサル業界は年収が高い職種だとして知られていますが、実際に転職する人の多くも年収アップを狙っていることが分かります。
また2位にランクインしたのは「自身の成長、キャリアアップのため」ということで、長い目で見た際に年収を上げるための1つのキャリアステップとしてコンサル業界を選んでいるようです。

3位以下では、業界への興味関心があることや安定していること、福利厚生の良さなど、仕事環境に対する魅力も挙げられました。

・コンサル業界への転職は転職エージェントの利用が1位!

このようにコンサル業界に魅力を感じて転職する人が多い中で、どのようにしてコンサル業界に転職したのか聞いてみました。
すると、ダントツ1位は転職エージェントを使ったという回答になりました。ヘッドハンティングや人脈などがない場合は、転職エージェントを活用することが最も簡単な方法のようです。

また2位にランクインしているのも転職サイトということで、コンサルタントの求人を探して応募するのが王道の転職方法と言えるでしょう。一方で、3位には「友人・知人からの紹介」や4位の「ヘッドハンティング」など、人脈を使った転職もあることが浮き彫りになりました。

・転職活動は「自己分析」に力を入れる人が大多数

このように多種多様な転職方法がある中で、転職活動で力を入れた内容について質問をしました。
すると、「自己分析やキャリアの棚卸し」が1位という回答となりました。また2位は「志望動機の深掘り」ということで、自身のことをよく知ることが重要であることが分かります。

履歴書や面接などで人事側が興味のあるものの1つとして、求職者のバックグラウンドやスキル面であることが多いため、転職の際には自己分析をしておくのが良いでしょう。


※全ての集計結果データは以下から閲覧可能です。
URL: (リンク »)


・運営メディア一覧

ユニークキャリア: (リンク »)
転職タイムス: (リンク »)
キャリアの実: (リンク »)
フリーランスの攻略本: (リンク »)
ライブナウ: (リンク »)

※本アンケート結果を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・出典元が「ユニークキャリア」であることを明記してください。
・本調査元会社へのリンク( (リンク ») )
・本調査の該当記事へのリンク( (リンク ») )
を設置してください。

このプレスリリースの付帯情報

2人に1人が異業種からコンサル業界に転職

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]