パソナ・パナソニック ビジネスサービス 今後のオフィスのあり方について紹介 ウェビナー『ハイブリッドワークに対応するために企業がすべきこと』 8月29日開催

株式会社パソナグループ

From: PR TIMES

2023-07-28 18:40

パソナグループのパソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 佐野 克也、以下PBS)は、株式会社レスターコミュニケーションズと共に、ウェビナー『ハイブリッドワークに対応するために企業がすべきこと~デジタルとバイオフィリックデザイン~』を、8月29日(火)に開催いたします。



[画像1: (リンク ») ]

コロナ禍において在宅勤務等の導入が拡大したことをきっかけに、働く人々にとって時間や場所にとらわれない働き方が普及しました。多くの企業では多様化する働き方に対応するため、従業員が安心して働くことができる環境づくりや生産性の維持・向上等への取り組みに関心が高まっています。
そこでこの度PBSは、映像・音響ソリューションを提供する株式会社レスターコミュニケーションズと共にウェビナーを開催。ハイブリッドワークに対応するためのワークプレイスの在り方や環境整備、コミュニケーション活性化の仕掛けづくりについて、具体的な事例を交えて紹介いたします。

■ ウェビナー概要
タイトル: 
ハイブリッドワークに対応するために企業がすべきこと
~デジタルとバイオフィリックデザイン~
日時:
2023年8月29日(火)14:00~15:00(受付開始13:45)
場所: 
オンライン(ZOOM)
対象: 
・効果的なハイブリッドワークを推進したい総務、バックオフィス部門の方
・働き方改革を推進したい企業の経営者、役員、経営企画担当の方 等
参加費用: 
無料
内容: 
1.コミュニケーションが生まれるオフィスづくり~バイオフィリックデザイン~
パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社 和田 えりこ
2.オフィスとリモートをつなぐ会議室の作り方~活気あふれる交流の場へ~
株式会社レスターコミュニケーションズ 小森 玲奈氏、山田 祥功氏
お申込み: 
(リンク »)
お問合せ: 
パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社
COMORE BIZ推進部 セミナー担当
E-mail  comorebiz-info.hg@pasona-pbs.co.jp

■ PBSが提供する「COMORE BIZ(コモレビズ)」について
PBSが展開する「コモレビズ」は、ワークプレース(職場環境)をライトプレース(人間に最適な自然環境)に近づける「バイオフィリア」理論で健康経営を促進し、持続可能な日本の未来に貢献します。バイオフィリアを具現化するバイオフィリックデザインとは、人工的な環境下において、人と自然のつながりを創造し、人の健康と幸福の向上を図る空間デザインです。
「コモレビズ」では、ストレス軽減につながる最適な「緑視率」が10~15%という実証実験結果と独自の植物データベースに基づき、顧客のニーズに応じた空間をデザインし、導入後の効果測定をストレスの数値化して人の健康と幸福の向上を目指す空間デザインを支援しています。
◇ホームページ  (リンク »)
◇導入事例    (リンク »)
[画像2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社パソナグループの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]