第一生命保険が、第一生命情報システム、アビームコンサルティングと共に 本社会計業務のスマート化に向けた基盤変革を実現

アビームコンサルティング株式会社

From: PR TIMES

2023-08-07 12:46

~「SAP S/4HANA(R)」をベースとしたクラウドプラットフォームで会計DXを加速~

第一生命保険株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:隅野 俊亮、以下 第一生命)は、第一生命情報システム株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤 智、以下 第一生命情報システム)および、アビームコンサルティング株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:山田 貴博、以下 アビームコンサルティング)の支援の下、2021年4月にプロジェクト「会計業務のデジタル化によるスマートな働き方への変革」(以下 本プロジェクト)を立ち上げ、本社会計業務のあるべき将来像の策定とそれに基づくシステム基盤刷新および業務運営体制の集約を通じて、業務効率化・高度化を実現しました。

会計業務プラットフォームには、SAPジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下 SAPジャパン)が提供する経営基盤システム「SAP S/4HANA(R)」を採用しました。



背景


第一生命の会計システムは、約30年の長期に渡ってメインフレームに構築している自社システムに加え、2006年2月に導入したオンプレミス型の会計システム「SAP(R) ERP」を併設していたため、本社会計業務において、メインフレームで実施する事務と、「SAP(R) ERP」で実施する事務に分断され、複雑かつ非効率なシステム構成となっていました。また業務プロセスにおいても、紙ベースでの業務が中心だったことから、従業員の出社や印鑑による決裁証跡の必要性が生じるなど、多様な働き方に柔軟に対応できないことに課題を抱えていました。

概要


本プロジェクトでは、第一生命における会計業務の将来像として「スマートな働き方」「スマートな会計組織」「スマートな会計インフラ」を策定し、2021年4月から変革に着手しました。策定した方針の下、会計システムをリアルタイム性と証憑類の保存に優れている「SAP S/4HANA(R)」をベースとしたクラウドシステムに統合し、会計プロセスの簡素化・集約化を実施しました。これにより、ペーパーレス化を通じた業務効率化やテレワーク推進など、会計業務におけるDXの加速を実現しました。
なお、「SAP(R) ERP」から「SAP S/4HANA(R)」のシステム移行は、国内保険業界で初の取り組みとなり、本システムは第一生命の本社会計業務において、2023年5月に稼働を開始しています。

第一生命情報システムは、第一生命の会計システムの保守運用を通じて培った知見を活用し、メインフレームシステムと「SAP S/4HANA(R)」との連携機能の開発や、サーバの移行について、基本構想計画から導入までを支援し、稼働後の保守・運用を受け持ちました。 

アビームコンサルティングは、多数の会計業務改革を通じて培った知見を活用し、第一生命が目指す会計業務デジタル化の実現に向けた業務・システムの将来像を描くところから支援しました。変革の実現に際しても、現行システムの調査および変革ポイントを明確にした上でプロジェクト全体計画を策定し、会計業務プロセスおよびシステムの要件定義、設計・導入まで総合的に支援しました。

今後の展望


今回のあるべき将来像の策定と基盤変革にて構築した新たな会計業務システムをベースに、今後は最新デジタルテクノロジーを活用した会計業務のさらなる効率化や、会計データ活用による経営の意思決定の高度化などを推進します。また、本社会計のみならず、全国に展開している支社92拠点、営業オフィス1,153拠点(2023年4月1日現在)の支社会計業務のDX化への展開も見据えています。


第一生命保険株式会社について
『安心の先にある幸せへ。』をビジョンとし、1902年に創業以来、「お客さま第一」を経営の基本理念に据え、生命保険の提供を中心に、人々の安心で豊かな暮らしと地域社会への貢献を目指しております。保険会社として提供してきた万が一の「保障」を磨き続けるだけではなく、「健康・医療」、「資産形成・承継」、人と人、人と地域や社会との新しい「つながり」で、お客さまの日々の暮らしや人生を豊かにし、お客さまの「クオリティ オブ ライフ(QOL)」向上に貢献していきます。
ホームページ: (リンク »)

第一生命情報システム株式会社について
第一生命情報システムは、ミッションとして、「一生涯のパートナー『ITとビジネスをつなぐ』」を掲げています。このミッションのもと、第一生命グループ内外のお客さま、さらにその先のお客さまや社会を考え、多様なパートナーとお客さまの価値を共創し、社会の発展に貢献します。
ホームページ: (リンク »)

アビームコンサルティング株式会社について
[画像: (リンク ») ]

アビームコンサルティングは、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームです。戦略、 BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約 7,500 名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティング・サービスを提供しています。
ホームページ: (リンク »)
アビーム、ABeam及びそのロゴは、アビームコンサルティング株式会社の日本その他の国における登録商標です。

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えており、世界中の商取引売上の87%は、SAPのお客様によって生み出されています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、すべての企業のビジネスをインテリジェントエンタープライズに変革することを支援しています。さらにSAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。
ホームページ: www.sap.com/japan
Copyright (C) 2023 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]