貞子の呪いを体感せよ。10分で楽しむホラーカードゲーム、『カードゲーム貞子 呪いのカウントダウン』登場!!

株式会社KADOKAWA

From: PR TIMES

2023-09-12 15:00

2023年12月21日(木)発売

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長 CEO:夏野剛、以下 KADOKAWA)は、アナログゲームブランド「カドアナ」から、ホラーヒロイン『貞子』を題材にしたオリジナルカードゲーム、『カードゲーム貞子 呪いのカウントダウン』を2023年12月21日(木)に発売いたします。



[画像1: (リンク ») ]

国内最恐のホラーヒロイン『貞子』の魅力をギュッと濃縮、10分で遊べるカードゲーム化!


『カードゲーム貞子 呪いのカウントダウン』は国内最恐のホラーヒロイン『貞子』を題材にしたオリジナルカードゲームです。
プレイヤーは『貞子』に呪われてしまった一般人となり、数日後に死んでしまう呪いから生き延びる方法を探します。
ゲームデザインは『無限まちがいさがし』(幻冬舎)、『ようこそクレーンへ』(大創出版)などを手掛ける高井 九氏が担当。
大人から子供まで楽しめるカジュアルなゲームに仕上がっております。
[画像2: (リンク ») ]

「噂」と「手がかり」を組み合わせて、呪いの解き方を見つけ出せ!


ゲームの目標は、ババ抜きの要領で手札を交換して“あがり”を目指すこと。
各プレイヤーは「噂」と「手がかり」の2種類のカードを時計回りに交換していきます。
「噂」と「手がかり」のペアを揃えてカードを捨てていき、手札を空にできれば“あがり”。
あなたは様々な情報から本物の解呪方法を見つけ、『貞子』の呪いから生還することができるでしょうか?
[画像3: (リンク ») ]

心霊現象を引き起こす「呪い」カードに気を付けよう!


「呪い」カードはババ抜きの“ババ”に当たるカード。
持っていると“あがり”にならないのに加えて、手札の「噂」カードを他のプレイヤーから見えるように全て裏返さなければいけません。
その代わり、他のプレイヤーから「噂」カードを引かれるときには、その相手に「呪い」カードを強制的に押し付けることができます。
カードを引くプレイヤーは、相手の「呪い」カードと共に自分の欲しい「噂」カードを引くか、裏返しのカードから「手がかり」カードを引く事に賭けるか(もちろん「呪い」カードそのものを引く可能性もあります)の判断を迫られます。
プレイヤーはこのゲームを通じて、『貞子』の呪いが連鎖していく様を体感することでしょう。
[画像4: (リンク ») ]

カードから飛び出してくる『貞子』に恐怖せよ!


「呪い」カード2枚が1人の手札に揃うと「呪いのカウントダウン」が始まります。
「呪いのカウントダウン」が進むたびに中央に重ねられた『貞子』カードがめくられていき、最後の1枚がめくれるまでに“あがり”にならなかったプレイヤーは全員敗北してしまいます。
カードの中から近づいてくる『貞子』を前に、果たしてあなたは無事でいられるでしょうか?
[画像5: (リンク ») ]

ご予約はこちらから


各種ECサイトにて予約を開始しております。
カドカワストア: (リンク »)
Amazon: (リンク »)

【製品情報】
タイトル:カードゲーム貞子 呪いのカウントダウン
ジャンル:対戦型カードゲーム
価格:2,200円(本体2,000円+税)
発売日:2023年12月21日(木)
対象年齢:9歳以上
プレイ人数:3~6人
プレイ時間:約10分
企画:株式会社KADOKAWA
ゲームデザイン:高井 九
(C)KADOKAWA
(C)KADOKAWA CORPORATION 2023

▼カードゲーム貞子 呪いのカウントダウン 公式サイト
(リンク »)

※画像はイメージです。
※予告なく仕様・デザイン等を変更する場合がございますので予めご了承ください。
貞子とは


[画像6: (リンク ») ]

「見た者が必ず一定期間ののち死に至る」という"呪いのビデオ"の恐怖を描いた鈴木光司の小説「リング」(91)から生まれた怨霊。実写映画化された『リング』(98)のクライマックスシーンにおいて、TV画面から這い出て呪われた人物を死に至らしめる姿が世紀末の日本に大きな衝撃を与え、一躍誰もが知る存在となった。"呪いのビデオ"を媒介にビデオを見た者を呪い殺すリング・ウイルスを拡散する。白いワンピース姿に顔を覆い隠す長い黒髪が最大の特徴で、井戸やTV画面から出てくる姿で知られている。『リング』シリーズはハリウッドリメイクも果たし、いまや国内外で幅広い世代に高い認知度を誇る世界的ホラーアイコンとなった。
カドアナについて


カドアナはKADOKAWAが販売・運営する新しいアナログゲームゲームブランドです。
カードゲーム、ボードゲーム、マーダーミステリーなど様々なアナログゲームのジャンルを問わず多数取り揃え、KADOKAWAの持つ多数のIPを使用したゲームやオリジナルIPの創出など新しい体験や懐かしい体験ができるコンテンツを順次追加していきます。
またNintendo Switch上でアナログゲームとデジタルゲームを融合したゲームの販売なども予定しております。
公式HP: (リンク »)
公式X(旧Twitter): (リンク »)
[画像7: (リンク ») ]

株式会社KADOKAWAについて


出版、映像、ゲーム、Webサービス、教育、ところざわサクラタウンを中心としたIP体験施設の運営など、幅広い事業を展開する総合エンターテインメント企業です。
優れたIP(Intellectual Property)を安定的に創出し、さまざまな形で世界に届ける「グローバル・メディアミックス」戦略を、テクノロジーの活用により実践しております。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社KADOKAWA の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]