Amazon EKSの魅力を探る > 第2回 Amazon EKSの概要

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2023-11-24 16:00

CTC教育サービスはコラム「Amazon EKSの魅力を探る > 第2回 Amazon EKSの概要」を公開しました。
###

今回はEKSの概要を紹介します。その前にKubernetesの利用方法をおさらいします。

Kubernetesの利用方法
第1回で紹介した通り、Kubernetesを使用すると複数のサーバをKubernetesクラスタとして抽象化し、クラスタにコンテナを容易に作成することができます。また、コンテナの自動的な死活監視やスケーリングも行えるため、Kubernetesを使用するとコンテナの中でアプリケーションが動作するシステムの構築・運用管理作業を軽減することができます。

Kubernetesクラスタの作成方法
Kubernetesクラスタの作成は、クラスタの中で動作させる物理サーバまたは仮想サーバを準備し、それらをノードとしてクラスタ内で動作させる設定をすることで行えます。ノードには2つの種類があります。

マスタノード: Kubernetesクラスタを管理するために動作するノード
ワーカーノード: Kubernetesの利用者が作成を指示したコンテナが動作するノード
(なお、マスタノードをグループ化したものを「コントロールプレーン」、ワーカーノードをグループ化したものを「データプレーン」と言い、それぞれのノードを指す際にこれらの用語を使用することも多いです)

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]