ブラジルの保険会社HDI Seguros、SASソリューションにより不正対策を強化

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2023-11-28 11:40


不正の特定件数が対前年比で43%増加


AIとアナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Inc.(以下、SAS)は、ブラジルの保険会社であるHDI SegrosがSASの不正対策ソリューションを採用し、不正対策強化を行っていると発表しました。

HDI Segrosは2016年より改革を進め、不正行為者を的確に特定し、カスタマー・エクスペリエンス(顧客経験)に影響を与える誤検出を減らすことで、不正対策を最適化しています。同社は、SASの不正対策ソリューションを採用し、継続的な進化に向けた投資を行いました。その投資の成果の1つとして、2021年から2022年にかけて、不正行為の特定件数が43%増加しました。

HDI Segrosの運用・請求担当ディレクターであるレアンドロ・ボルドン(Leandro Bordon)氏は、次のように述べています。「正確な評価を通じて不正行為を特定する方法を知らなければ、社内のボトルネックや無駄を減らすことはできません」

さらにボルドン氏は、プロセスをより高速で、効率的、かつ柔軟なものに変え、絶えず進化する不正行為者に立ち向かうための人材とテクノロジーを確保するうえで、最近の変化がきわめて重要であったとも述べています。

スタートした当初、このプロジェクトは多くの課題に直面しました。SASの協力のもと、HDI Segrosは内部規定に従い、分析意思決定エンジンを定義しました。まずは自動車分野から取り掛かり、予測モデルとビジネス戦略を結びつけ、自社のデータベース全体をスキャンして異常を修正しました。

ボルドン氏は、次のように述べています。「SASは、社内外のデータを正確に分析するためのテクノロジーを提供してくれました。不正行為者とお客様との関係は、所在地や連絡先、信用スコア、請求時に申告される損害など、さまざまな要素が複雑に関連し合っていますが、より高度なインテリジェンスを用いて、そのネットワークを調査できるようになりました。」

ボルドン氏によると、リスク傾向や、最も懸念される不正の種類、リアルタイムの意思決定の有効化など、予防プロセスにおける重要な要素について理解するうえでも、SASの不正対策ソリューションが大いに役立ったということです。

誤検出を減らすことも、カスタマー・エクスペリエンス(顧客経験)を向上させるうえで重要でした。誤検出の件数が減っただけでなく、調査のSLA作成と評価に要する時間も短縮され、これらすべてが、保険加入者のエクスペリエンスの最適化に貢献しています。

2019年、自動車分野で好結果が得られたことを受け、同社は不正対策プロジェクトの範囲を不動産分野にまで拡大し、新しいアジャイルな不正特定プロセスを統合しました。

ボルドン氏は、また、次のように述べています。「悪意ある行為を働く者たちは、日々自己改革を行なっています。そのため、さまざまな種類の不正行為をすばやく特定し、阻止する態勢を整えておく必要があります。その意味で、絶えず最高のオペレーショナル・インテリジェンスを実現するために、当社はこの進化の旅を続けていく構えです」

国際的な場での言及
このプロジェクトの成功は、海外市場に向けた模範例となりました。世界中から専門家が集まり、AIとアナリティクスの産業利用のトレンドと成功事例を発表する国際的なカンファレンスSAS Innovateがオーランドで開催され、そこでレアンドロ・ボルドン氏がHDI Segurosのプロジェクトについて発表しました。

SASの南北アメリカ地域の不正・金融犯罪対策部門のリーダーであるリカルド・サポナーラ(Ricardo Saponara)は、HDI SegrosがSASテクノロジーの利用に成功している要因の1つとして、テクノロジーの理解とビジネス戦略との連携、結果重視の投資、および有機的な成長を可能にするトレーニングにより、所有コストと保守コストの総額が削減されたことをあげています。

サポナーラは、次のように述べています。「テクノロジー・ソリューションの可能性を最大限に引き出せるよう、チーム全員が訓練を受けました。その結果、HDIでは不正対策戦略を独自に策定、監視、調整し、プログラムの精度を常に最大化することができています。不正対策は保険会社の戦略に深く関連するものであり、保険金請求率や、金額、カスタマー・エクスペリエンスに影響を与えるため、常に最新の状態にしておく必要があります。これが、同社を成功に導いたもう1つの側面であるのは間違いありません」

*2023年11月9日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
(リンク »)
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]