HCLTech、2023年度にESG分野で大きく前進 世界的な評価を獲得

株式会社エイチシーエル・ジャパン

From: PR TIMES

2023-12-10 23:40

インドの大手グローバルテクノロジー企業、HCLテクノロジーズ(以下、HCLTech)は、2022年に発表された新しいHCLTechのブランド・アイデンティティと共に、「最高のテクノロジーと我々の人財を結集し、進歩を加速(Supercharging Progress)する」という、企業として長期にわたるポジティブな影響力を与える活動を提供していくことを目指しています。このたび、これらの目的、そして持続可能かつ責任のある当社のコミットメントに沿った「2023年度サステナビリティ・レポート」を発行し、各種ESG分野で大きく前進したことを発表しました。



HCLTechは2023年度、「Act, Pact and Impact」というサステナビリティ戦略の行動原則に基づき、環境、社会およびコーポレートガバナンス(ESG)において着実に成果を上げてきました。本レポートでは、HCLTechがあらゆるステークホルダーとの行動(act)および協定(pact)を通じて作り出した、サステナブルで長期的な影響(impact)についてまとめています。また当社は、既に表明しているESG目標の達成に向けて、以下のように大きく前進しています。

環境関連の取り組み
●HCLTechは、2030年までにスコープ1およびスコープ2の温室効果ガス排出量を50%削減すること、また2040年までにネットゼロを実現することを目指しています。既に、基準となる2020年度から、スコープ1およびスコープ2の排出量を22%削減し、3年間で15%という削減目標を大きく上回ることができました。さらに、2023年度はスコープ3の排出量を20%削減しており、こちらも3年間で12.6%という削減目標を大きく上回っています。
●2023年度に当社が還元した水の量は、インド国内で消費された水の量の26倍以上にのぼりました。また、インドに本社を置く企業として初めてWater Resilience Coalition(WRC)に参画し、CEO Water Mandateに署名しました。
●当社が所有する建物の98%が、グリーンビルディング評議会から「プラチナ」の格付けを受けています。また床面積で見ると、当社の建物の1,300平方フィート(120万8,000平方メートル)以上が米国グリーンビルディング評議会(USGBC)やインドグリーンビルディング評議会(IGBC)などの主要な認証機関からグリーンビルディング認証を受けています。

社会関連の取り組み
●HCLTechは、22万3,000人以上の従業員をサステナビリティ・アンバサダーとして育成すべく、2022年11月に独自のサステナビリティ・スクールを立ち上げ、気候変動の影響やサステナビリティのさまざまな側面について教育しています。2023年3月31日時点で、従業員の延べ受講時間数は1万500時間を超えています。
●HCL財団を通じて、インド国内で550万人以上の生活に恩恵をもたらし、1万2,000人以上の障がいのある方々を支援しました。
●Top Employers Instituteから「Global Top Employer(世界トップ雇用企業)」に認定されました。
●当社のジェンダー多様性は2023年度中に29.2%に改善されました。また、3年連続でブルームバーグのジェンダー平等指数に参加しています。

コーポレートガバナンス(ESG)
●当社のESGパフォーマンスが高く評価され、MSCIによる、ソフトウェアおよびサービス業界における「AA」の格付けを得るとともに、ESG部門の「リーダー」に選出されました。
●S&Pの「Global Sustainability Yearbook 2023」において、「業界を牽引する企業(Industry Mover)」に選出されました。
●Sustainalyticsの「2023年ESG評価トップ企業リスト(2023 Top-Rated ESG Companies)」において、ソフトウェアおよびサービス業界部門とアジア太平洋地域部門に選出されました。Sustainalyticsは、世界の企業1万5,000社以上を対象にしたESGリスクの格付け評価において、HCLTechをリスクの低い企業であると認定しています。
●過去3年にわたり、英国規格協会(BSI)から「ISO 37001:2016 贈収賄防止マネジメントシステム認証」を取得しています。

HCLTechのサステナビリティ担当グローバル責任者であるSanthosh Jayaram は、次のように述べています。「このたび、当社がESGの目標達成に向けて大きく前進していることをお伝えすることができ、うれしく思います。しかし、まだ道半ばであることは認めざるを得ません。私たちはすべてのビジネスでESGを制度化することに注力しています。これにより、組織全体でESG原則に沿って日々の業務が遂行できるようになります」

レポートの全文(英文)は、 (リンク ») をご覧ください。

HCLテクノロジーズ(HCLTech)について
インドに本社を置くHCLテクノロジーズ(HCLTech)は、22万人以上の従業員とともに、世界60ヶ国でビジネスを展開する、グローバルテクノロジー企業です。幅広いテクノロジーサービスとプロダクトポートフォリオを備え、デジタル、エンジニアリング、クラウド、AIを中心に、業界トップクラスの高品質なサービスをお届けしています。金融サービス、製造、テクノロジー&サービス、通信&メディア、小売&消費財、ライフサイエンス&ヘルスケア、公共サービスを始めとする、すべての主要業種のお客様のビジネスをサポートすべく、各業界に特化したテクノロジーを提供しています。
詳細は、 (リンク »)  または (リンク »)  をご覧ください。
HCLTech JapanのSNS(LinkedIn  (リンク ») )でも情報を発信しています。

※本資料は、インド・ノイダで2023年10月6日に発表されたプレスリリースの抄訳版です。リリースの原文(英文)は、以下のURLからご確認下さい。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]