ウルシステムズ、セントラル短資FXの顧客取引システムを刷新

~インメモリーデータグリッドを活用して処理速度を10倍以上高速化~

ウルシステムズ株式会社

2023-12-12 12:00

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:横山芳成、以下、ウルシステムズ)は、セントラル短資FX株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:宮下俊郎、以下、セントラル短資FX)の顧客取引システムの全面刷新を支援しました。

セントラル短資FXは、外国為替証拠金取引サービスを提供する金融業者で、創業110年以上の歴史を誇るセントラル短資のグループ会社として2002年に設立されました。グループがこれまでに培った信頼と技術力を活かしてサービスを提供しています。

同社では、リレーショナルデータベースのサポート終了に伴いインフラの移行が必要となったことを契機として、システムの刷新を決断しました。注文・約定時の処理速度の向上と安定性の維持を実現するため、金融分野のシステム高速化に関して豊富な実績を持つウルシステムズに技術支援を要請しました。

ウルシステムズは、導入効果検証を実施して既存システムのボトルネックを特定し、新システムのアーキテクチャを設計しました。新システムでは、従来のリレーショナルデータベースに代えて分散型インメモリーデータグリッドである「Apache Geode」を採用。処理を全面的にインメモリー化したほか、データアクセスの簡素化や更新時のリアルタイムイベント処理の導入などを実施。基幹システムとしての信頼性を確保しつつ処理速度を旧システムの10倍以上に高めることに成功しました。

セントラル短資FXで開発部長を務める植田啓男氏は次のようにコメントしています。

「データ処理技術の進歩や市場の競争激化を背景に、当社のカバー取引先金融機関の配信レートを更新する頻度が高まり、顧客の注文の受注からカバー取引までの速度の向上を含めたITインフラの強化が求められていました。そうした中で、当社システムの刷新には、ウルシステムズ様の技術面でのサポート、とくに「Apache Geode」の導入が必要不可欠でした。ウルシステムズ様には、その高い技術力で基幹システムの設計を成功に導いていただいたほか、付随するプロジェクトを強力に推進していただきました。今後も、ウルシステムズ様の技術力とコンサルティング力に期待しています。」

新システムは2023年9月にリリースされて安定的に稼働しています。ウルシステムズは今後もセントラル短資FXの挑戦を支えてまいります。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]