ダイヤ改正時のデータ作成から活用までを支援する新サービス『GTFSクラウド by NAVITIME』を提供開始

株式会社ナビタイムジャパン

From: PR TIMES

2023-12-20 17:40

GTFSデータの作成、GTFSデータを活用したバス停掲示用の時刻表出力なども可能

株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2023年12月19日(火)より、『GTFSクラウド by NAVITIME』を提供開始します。



 『GTFSクラウド by NAVITIME』は、公共交通のデータ作成から活用まで、一括管理できる機能をWebサイト形式で提供する新しいクラウドサービスです。GTFSデータ作成、ダイヤ改正時のデータ更新、広報媒体(時刻表、運賃表等)の出力まで行える機能を、ワンパッケージで提供することで、ダイヤ改正業務の自動化、GTFS作成業務をサポートします。自治体、コミュニティバス、独自のダイヤ編成システムを持たない路線バス事業者の方々にご活用いただき、ダイヤ改正業務の自動化やGTFS作成業務をサポートできればと思っています。

 Webブラウザ形式で提供するため、通信環境とパソコン端末があれば、専用ソフトの導入やダウンロードをすることなくすぐに利用開始できるのが特長です。最新版に自動でアップデートされた状態でサービスを利用できます。アカウント発行とGTFSデータの作成は無料でお使いになれます。
[画像1: (リンク ») ]

■背景
 公共交通データのデジタル化が進む一方で、自治体、コミュニティバス担当者の業務は、まだまだ手作業や目視確認でダイヤ改正業務を行っている実態があり、運用業務の煩雑さに課題を抱えています。定期・臨時のダイヤ改正や、最近はGTFS形式でのデータ運用も加わり、また、概ね3年の人事異動により業務知識がリセットされ、引き継ぎのための業務負担も課題となっています。

 ダイヤ改正業務やGTFS作成を支援するシステムは世の中に存在しますが、ダイヤ編成システムは多機能ゆえに高価である、単機能ゆえに活用範囲が狭くなるなど、一連の業務におけるニーズを満たすシステムは多くありませんでした。ナビタイムジャパンでも、過去には、GTFS形式データ作成業務に従事したこともありましたが、より幅広い知識と革新的な手法を身につけ、お客様のビジネスに更なる価値をもたらすデータ作成プロセスを構築したいと考えています。

 このような課題背景と、コミュニティバスの担当者から「使いやすいツールをナビタイムでも作ってほしい」といったお声もいただいていたことから、GTFSデータ作成、ダイヤ改正時のデータ更新、広報媒体(時刻表、運賃表等)の出力まで行える機能を、ワンパッケージで提供することを実現しました。

 今回の対応により、データ更新業務の効率化、情報連携の円滑化、広報活動による利用促進につながることが期待されます。コミュニティバス運行主体(自治体)と運行事業者(NPO、バス事業者など)のスムーズな連携が可能となり、利用者も、最新の情報をリアルタイムに知ることができるため、より安心してコミュニティバスの利用ができるようになります。

 今後も、本サービスの利便性向上に務めるとともに、公共交通を運営される自治体・事業者様のDX化および業務効率化と、GTFS形式による公共交通データ活用の活性化、利用者の快適な移動の支援に貢献できればと考えております。


■『GTFSクラウド by NAVITIME』の概要
路線バス・コミュニティバス等、公共交通のデータ作成から更新、出力、活用まで、一括管理できる機能をWebサイト形式で提供する新しいクラウドサービスです。
[画像2: (リンク ») ]

■『GTFSクラウド by NAVITIME』の特長
1.データ作成・更新から広報媒体(時刻表、運賃表等)の出力までワンパッケージで提供可能
2.ナビタイムジャパンが管理するクラウド上にデータを保管、ダイヤ改正ごとの世代管理も可能
3.GTFS形式のデータ出力により、Googleマップ登録、オープンデータ化等へのデータ活用が可能
[表: (リンク ») ]


 アカウント発行やGTFSデータ作成、データ管理(1世代のファイルバックアップ)は無料でご利用いただけます。
 有料プランでは、地図操作によるデータ作成や、Excelデータ出力、活用全般の支援、複数世代のデータ管理などのオプションメニューの利用が可能です。プランは4種類で、無料のフリープランに加えて、有料のライトプラン、スタンダードプラン、プレミアムプランがあります。

サービス導入について


無料のアカウント発行やサービスの導入に関しては、以下のフォームよりお申し込みいただけます。
(リンク »)


『GTFSクラウド by NAVITIME』プランの詳細は、下記のサービス紹介サイトよりご確認ください。
『GTFSクラウド by NAVITIME』について


コミュニティバスや路線バスなど公共交通のデータ作成から活用まで、一括管理できる機能をWebサイト形式で提供する新しいクラウドサービスです。GTFSデータ作成、ダイヤ改正時のデータ更新、広報媒体(時刻表、運賃表等)の出力まで行える機能を、ワンパッケージで提供することで、ダイヤ改正業務の自動化、GTFS作成業務をサポートします。
サービス紹介サイト: (リンク »)

■お問い合わせ先
株式会社ナビタイムジャパン 公共交通事業
(リンク »)

ナビタイムジャパンの公共交通事業では、バスの位置や運行、渋滞といった情報をリアルタイムで提供が可能です。またバスや鉄道の運行に携わる事業者が抱える要望や課題の解決、業務効率化を支援するためのソリューションサービスを展開しています。
鉄道・バス事業者向けソリューション紹介サイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ナビタイムジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]