『NAVITIME forスゴ得』、運転見合わせ発生時の「到着予測時刻比較」機能を提供開始

株式会社ナビタイムジャパン

From: PR TIMES

2023-12-21 11:40

~運転再開を待つ場合と、迂回ルートで移動する場合、それぞれの到着予測時刻を比較・検討が可能に!~



[画像1: (リンク ») ]

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2023年12月21日(木)より、株式会社NTTドコモ(代表取締役社長:井伊 基之、本社:東京都千代田区)の提供する「スゴ得コンテンツ(R)」にて提供中のAndroid OS向け『NAVITIME forスゴ得』※1アプリにて、「マイページ」に登録しているルートの路線に運転見合わせが発生した時に、運転再開を待った場合の到着予測時刻と、迂回ルートで移動する場合の到着予測時刻が一覧で比較できるようになります。

 これまでも、運転見合わせが発生した旨の通知と迂回ルートの検索、運転再開時刻の予測機能には対応していましたが、運転再開を待った場合の到着予測時刻を確認できるようになり、1つの画面で比較できます。そのまま運転再開を待つべきか、迂回ルートで移動したほうがよいか、を運転見合わせの発生通知から3ステップで、簡単に検討することができるようになります。

 運転再開を待った場合の到着予測時間は、鉄道事業者がリアルタイムに発表する運転再開時間もしくは、鉄道事業者が過去に発信した3年分の同一理由による運転見合わせから運転再開までの所要時間を平均するなどして独自に算出した運転再開予測時間に、出発地から目的地までの通常時の移動時間を足して算出しています。対応路線は一部路線のみとなっております。

 自分で様々なルート検索や情報収集をする手間を省き、どう行動するのがよいかや、何時に着きそうかをすぐに連絡できるようにすることで、通勤・通学で急いでいる時の意思決定や安全・安心な移動のサポートができればと思っております。
 なお、本機能は『乗換NAVITIME』でも、今後対応予定です。
[画像2: (リンク ») ]

※1 『NAVITIME forスゴ得』のご利用には、いちおしパックもしくはスゴ得コンテンツ(R)の契約が必要です。
※2 本機能の対象端末は、AndroidOS7.0以上、docomo Application Managerが搭載されているドコモ端末です。Google Playからダウンロードする『NAVITIME for スゴ得』は現時点では、未対応です。

■関連プレスリリース
・(2022年7月7日)『乗換NAVITIME』、「運転再開予測」を提供開始
  (リンク »)

●「スゴ得コンテンツ」について
天気・ニュース・レシピなどの生活を便利にする定番アプリから、ゲーム・占いなどの楽しめるアプリ、さらに何度でも使えるお得な割引クーポンまで、すべて定額で使い放題のお得なサービスです。
(リンク »)

●『NAVITIME forスゴ得』について
『NAVITIME』と同等の主要機能(乗換案内、お店/施設の検索、地図表示、時刻表、トータルナビ/音声ナビ 、運行情報/迂回ルート、駅構内図/屋内ルート など)をスゴ得コンテンツ契約者向けに提供しています。
(リンク »)
※「スゴ得コンテンツ(R)」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
※「NAVITIME」「トータルナビ」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ナビタイムジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]