【東芝デバイス&ストレージ】事務所移転について

株式会社東芝

From: Digital PR Platform

2023-12-25 17:32


2023-12-25
東芝デバイス&ストレージ株式会社


事務所移転について


 当社の半導体事業部および研究開発部門は、(株)東芝小向事業所内に竣工した新棟に移転します。新棟には(株)東芝研究開発センターとともに入居し、東芝グループとしての研究開発基盤を強化します。
 また、社外の方を招いて開催する展示会などに活用できるスペースや、お客様等と共創するコラボレーションスペースを設置しお客様等に気軽にお越しいただける開かれた空間とするとともに、働く場所の制約を超えたあたらしい働き方を目指します。

 さらに、新棟で使用する全ての電力を実質再生可能エネルギーで賄う計画で、電力エネルギーに由来するCO2の排出量をゼロとすることによりカーボンニュートラルな社会の実現に貢献します。

対象部門    半導体事業部、
        デバイス&ストレージ研究開発センター
新住所     〒212-8583 神奈川県川崎市幸区小向東芝町1番地
電話番号    044-548-2000(代表。変更ありません)
移転予定日   2024年1月22日

 なお、ストレージプロダクツ事業部の執務場所、および登記上の本店所在地につきましては、変更ありません。
ストレージプロダクツ事業部   〒235-8522 神奈川県横浜市磯子区新杉田町8番地
登記上の本店所在地       東京都港区芝浦一丁目1番1号

* 社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
* 本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]